信州大学農学部AFC昆虫生態学研究室セミナー開催のお知らせ(2011.11.30)

信州大学農学部AFC昆虫生態学研究室セミナー
環境変動の指標となる昆虫たち

地球環境は,温暖化や開発によって大きく変化しつつあります.今年のAFC昆虫生態学研究室の公開セミナーでは,このような環境変動を昆虫たちによってモニタリングしていく手法について学びます.興味のある方はぜひご参加下さい.

日時: 2011年11月30日(水)14:40~17:00
場所: 信州大学農学部 食と緑の科学資料館「ゆりの木」

プログラム
14:40 開会 中村寛志

基調講演(14:40~15:25)
石谷正宇(大阪産業大学)
地表性甲虫類を指標とした環境影響評価の現状

事例報告
15:25 田中健太(筑波大学菅平高原実験センター)
①森林限界における温暖化実験 ②標高万能植物ミヤマハタザオの適応機構と被食防衛多型
15:45 江田慧子(信州大学農学部AFC昆虫生態学研究室)
安曇野におけるオオルリシジミと里山環境の変遷
16:00 山根 仁(信州大学農学部AFC昆虫生態学研究室)
チョウ類を指標とした山岳環境のモニタリング
16:15 小粥隆弘(筑波大学生命環境科学研究科)
    冷温帯における植生・環境要因・標高の違いが地表性甲虫群集へ与える影響

16:30 討論
17:00 閉会

終了後いもんたで懇親会をします.(会費1000円)こちらも出席大歓迎です.

お問い合わせ先:信州大学農学部AFC昆虫生態学研究室 中村寛志
〒399-4598長野県上伊那郡南箕輪村8304TEL0265‐77‐1400
insect2 [at] shinshu-u.ac.jp