アジアオセアニア地球科学会2014年大会にてJALPSセッションが開催されました(2014.7.31-8.1)

アジアオセアニア地球科学会(AOGS)2014年大会において,JALPS企画セッションとして"Mountain Response to Climate Change"が7/31-8/1に開催されました.

8/1に口頭発表12件,7/31にポスター発表が8件,計20件の発表,国外からの発表がアメリカ,中国,韓国からありました.口頭セッションでは30名弱の聴衆が集まりました.国際学会としては小規模ですが,平行開催のセッションが16件もあり,その他の会場と較べて遜色ないものとして,JALPSの成果発信として役割を果たせました.併せて,英文広報パンフを国外の参加者のみなさんに手にとって頂き,私たちの活動に関心を払って貰うことが出来ました.発表者は,会場外でそれぞれにJALPS外の聴衆との意見交換があり,発表に見合う果実を得られたようです.

AOGS.jpg

 

こうした中でとりわけ,韓国,Kyung Hee大学のKong教授(生物地理学・地生態学)は,各国の山岳研究の動向を広く追っておられ,その中でわが国の活動も驚くほど良くご存じで,私たちの活動にも強い関心を抱いて頂きました.中部山岳の特徴をより明らかにするうえでも,周辺地域との比較研究,研究連携は次への大事なステップとなります.