学会発表

2010】 2011】 【2012】 【2013】 【2014 【2015


2010

  1. Fusheng Li, Wenyan Li, Shinya Kobayashi, Toshitaka Kuzuguchi (2010): Some New Indices and Measurements for Better River Water Quality Management, The 2nd Forum on Studies of the Environmental and Public Health Issues in the Asian Mega-cities, December 2010, Seoul, Korea.

  2. Guo, X. and Li, F.S. (2010): Effect of Preloaded-NOM on the Adsorption of 17β-estradiol, in Abstract Book of The 6th International Conference on Interfaces Against Pollution, May 2010, Beijing, China.

  3. Helard, D., Tanaka, H. and Li, F.S. (2010): Degradability of Natural Estrogens by Biofilm of Slow Sand Filter, in Abstract Book of The 6th International Conference on Interfaces Against Pollution, May 2010, Beijing, China.

  4. Kiyono, Y., Furuya, N., Ito, E., Awaya, Y. and Takahashi, T. (2010) Outline of the forest monitoring methods using remote sensing and ground-based measurement: A challenge of PALSAR. Proc. FMM using ALOS PALSAR, Bogor, Indonesia.

  5. Li, W.Y., Li J.F., Guo, X. and Li, F.S. (2010): Charge Density and Adsorbability of Dissolved Organic Matter in River Waters, in Abstract Book of The 6th International Conference on Interfaces Against Pollution, May 2010, Beijing, China.

  6. M Buce, S., I Nengah S.J., Lilik B.P., Edwine, S.P., H Kasum B.W.U., Ono, S.,Tanaka, Y., Awaya, Y. and Saito, H. (2010): Visual Interpretation of PALSAR and its Accuracy. Proc. FMM using ALOS PALSAR, Bogor, Indonesia.

  7. Muraoka H. (2010) Ecological process and satellite ecology study on terrestrial carbon cyling in East Asia - interdisciplinary efforts to link Earth, ecosystem and biodiversity observations.2nd Hydrology delivers Earth System Science to Society Joint meeting for GSWP/GLASS, AsiaFlux/FLUXNET, LandFlux-EVAL, CEOP, June 2010, Tokyo, Japan.

  8. Muraoka H., Saigusa N., Ohtsuka T., Nasahara K.N., Noda H., Nagai S. and Koizumi H. (2010) Long-term ecological studies on carbon budget in a forest ecosystem at Takayama super-site. The 4th EAFES symposium, September 2010, Sangju, Korea.

  9. Murata, N., Motoyama, N., Yonekawa, H. and Li, F.S. (2010): Effect of pre-coagulation condition on ceramic membrane filtration, 19th Japan-Korea Symposium on Water Environment, October 2010, Hiroshima, Japan.

  10. Ogawa, Y., Hirose, D., Osono, T. and Tokumasu, S. (2010): Geographical distribution patterns of Umbelopsis ramanniana strains with genetic variation. International Mycological Congress, August 2010, Edinburgh, UK

  11. 池田 敦・岩花 剛・末吉哲雄(2010)富士山の凍土環境―永久凍土は融けたのか?あるいはなかったのか?―.富士学会2010年秋季学術大会,静岡大学(静岡県静岡市),2010年10月.

  12. 池田 敦・西井稜子・松岡憲知(2010)赤石山脈における晩氷期の永久凍土環境を示す証拠.日本地球惑星科学連合大会2012年、2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  13. 大園享司・広瀬大(2010):利尻島においてミズナラ落葉の漂白に関わる子嚢菌類.第121回森林学会,2010年4月,筑波大学(茨城県つくば市).

  14. 小川吉夫・広瀬大・徳増征二(2010):Umbelopsis ramannianaの空間分布スケール.第54回日本菌学会,2010年5月,玉川大学(東京都町田市).

  15. 江田慧子・須賀丈・西尾規孝・中村寛志 (2010):安曇野の歴史とオオルリシジミ.日本鱗翅学会第57回大会,2010年10月,東京大学(東京都文京区).

  16. 江田慧子・中村寛志・西尾規孝 (2010):長野県安曇野市と東御市におけるオオルリシジミの卵寄生の比較.日本昆虫学会第70回大会,2010年9月,山形大学(山形県山形市).

  17. 佐藤香枝,上野健一,南光一樹(2010):菅平高原における冬季降雨現象の発生要因について.日本気象学会,京都,2010年10月,449pp.

  18. 佐藤香枝・上野健一・南光一樹(2010):菅平高原における冬季降雨現象の発生要因について、2010年度日本気象学会秋季大会,京都テルサ(京都府京都市),2010年10月.

  19. 白水貴・広瀬大・徳増征二(2010):アカキクラゲ綱の樹種選択性.第54回日本菌学会,2010年5月,玉川大学(東京都八王子市)

  20. 末吉哲雄・池田 敦・岩花 剛(2010)50cm地温による永久凍土検出手法の数値モデルによる検証―富士山での永久凍土観測への適用のために―.富士学会2010年秋季学術大会,静岡大学(静岡県静岡市),2010年10月.

  21. 末吉哲雄・池田 敦・岩花 剛(2010)数値実験による,50cm地温による永久凍土検出手法の検証.日本地球惑星科学連合大会2012年、2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  22. 田中大貴・谷岡敬太・廣岡佳弥子・山田俊郎・李富生(2010):緩速ろ過池砂層内における微生物と指標ウイルスの分布と構造に関する研究.土木学会中部支部平成22年度研究発表会,2011年3月,中部大学(愛知県春日井市).

  23. 谷岡敬太・田中大貴・花田良浩・稲毛秀敏・廣岡佳弥子・李富生・笠原伸介 (2010):活性炭を付加した高度浄水処理システムにおける指標ウイルスと微生物の除去-Real time PCR に基づく定量評価―.土木学会中部支部平成22年度研究発表会,2011年3月,中部大学(愛知県春日井市).

  24. 中村寛志・江田慧子・山根仁・金原伸大 (2010):長野県三峰川上流域におけるシカの食害によるチョウ類群集への影響について.第22回日本環境動物昆虫学会年次大会,2010年11月,滋賀県立大学(滋賀県彦根市).

  25. 中村寛志・江田慧子・須賀丈・西尾規孝 (2010):長野県安曇野におけるオオルリシジミの卵寄生蜂と野焼きについて.2010年3月,第54回日本応用動物昆虫学会大会.千葉大学(千葉県千葉市)

  26. 中村寛志・山根仁・江田慧子 (2010):上高地の歴史とチョウ類群集の変遷.日本鱗翅学会第57回大会 2010年10月,東京大学(東京都文京区).

  27. 中村寛志・山根仁・江田慧子 (2010):長野県上高地の歴史とチョウ類群集の構造.日本昆虫学会第70回大会,2010年9月,山形大学(山形県山形市).

  28. 西井稜子・松岡憲知・大丸裕武・安田正次(2010)2004年南アルプス・アレ沢崩壊地で発生した岩盤崩壊の発生要因.日本地球惑星科学連合2010年大会,2010年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  29. 西井稜子・池田敦(2010):電気探査を用いた線状凹地の内部構造推定の試み―赤石山脈アレ沢崩壊地頂部の事例―.第59回森林学会中部支部研究発表会,2010年10月,三重大学(三重県津市).

  30. 広瀬大・小川吉夫・徳増征二 (2010):本邦におけるUmbelopsis isabellinaの遺伝的変異と分布パターン.第22回日本菌学会関東支部会大会,2010年4月,日本大学(千葉県船橋市).

  31. 古川桂子・佐藤利幸(2010):カラマツソウ属における花粉異形性の有無.日本生態学会中部地区.2010年11月,静岡大学(静岡県静岡市).

  32. 松倉君予・広瀬大・鏡味麻衣子・大園享司(2010):ヤブツバキ落葉上リティズマ科菌類の定着密度にみられる地理的変異.第54回日本菌学会 2010年5月,玉川大学(東京都八王子市).

  33. 松田悟・今泉文寿・宮本邦明(2010):レーザー距離計を用いた山岳地での凍結融解による土砂生産量の計測手法,平成22年度砂防学会研究発表会,2010年5月,長野市若里市民文化ホール(長野県長野市).

  34. 本岡毅・内田雅己・岸本(莫)文紅・林健太郎・村岡裕由・野田響・中坪孝之・奈佐原顕郎(2010):衛星リモートセンシングを用いた北極域スバールバル諸島の消雪時期と積雪開始時期の観測: Satellite remote sensing of snow cover dynamics in Svalbard, Norwegian Arctic.日本地球惑星科学連合2010年大会「北極域の科学」.2010年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  35. 吉竹晋平・内田雅己・村岡裕由・小泉博・中坪孝之(2010)高緯度北極スヴァールバル諸島ニーオルスンの氷河後退域における一次遷移に伴う植生タイプ別純一次生産量の変化 Changes in net primary production along primary succession on a High Arctic glacier foreland in Ny-Alesund, Svalbard.日本地球惑星科学連合2010年大会「北極域の科学」.2010年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  36. 関根一希・加藤慎也・東城幸治 (2010): 千曲川水系・天竜川水系におけるヒゲナガカワトビケラの個体群構造と遺伝的構造. 第13回河川生態学術研究会研究発表会, 2010年11月, 発明会館ホール (東京都港区).

  37. 扇谷正樹・関根一希・東城幸治 (2010): 千曲川水系のヒラタカゲロウ類における個体群構造と遺伝的構造. 第75回日本陸水学会, 2010年9月, 弘前大学 (青森県弘前市).

  38. 関根一希・末吉正尚・片野泉・土居秀幸・東城幸治 (2010): 河川棲昆虫の遺伝的多様性の比較・検討 –河川形態と人工構造物の影響–. 第75回日本陸水学会, 2010年9月, 弘前大学 (青森県弘前市).

  39. 菅家恵未・鈴木浩平・鈴木智也・関根一希・東城幸治 (2010): ナカハグロトンボとコナカハグロトンボの個体群構造と遺伝的構造. 第12回日本進化学会, 2010年8月, 東京工業大学 (東京都目黒区).

  40. 鈴木智也・東城幸治 (2010): 半翅目昆虫の多様化の鍵を握る特徴的な口器の相同性について –コオイムシの胚発生–. 第12回日本進化学会, 2010年8月, 東京工業大学 (東京都目黒区).

  41. 関根一希・林文男・東城幸治 (2010): 両性生殖集団と単為生殖集団をもつ昆虫・オオシロカゲロウの繁殖システムと単為生殖集団の起源 (ワークショップでの講演) . 第12回日本進化学会, 2010年8月, 東京工業大学 (東京都目黒区).

  42. 関根一希・東城幸治 (2010): 地理的単為生殖昆虫・オオシロカゲロウにおける雌性個体群の分布・拡大. 第12回日本進化学会, 2010年8月, 東京工業大学 (東京都目黒区).

  43. 関根一希・東城幸治 (2010): 地理的単為生殖種オオシロカゲロウEphoron shigae に近縁な両性生殖種アカツキシロカゲロウ Ephoron eophilum の高い単為生殖能力. 日本節足動物発生学会, 2010年6月, 独協医科大学 (福島県西郷村).

  44. 関根一希・東城幸治 (2010): オオシロカゲロウ地理的単為生殖個体群の起源および分布拡大について. 第7回昆虫DNA研究会, 2010年5月, 名古屋大学 (愛知県名古屋市).

  45. 江田慧子・須賀丈・西尾規孝(2010)安曇野の歴史とオオルリシジミ.第21回信州昆虫学会年次大会(信州大学)New Entomologist59:67.

  46. 山根仁・江田慧子・中村寛志(2010)中部山岳域の高山帯・亜高山帯におけるチョウ類群集の定量的調査.第21回信州昆虫学会年次大会(信州大学)New Entomologist59:67.

  47. 江田慧子(2010)ミヤマシジミの発育に及ぼす温度の影響について.第22回日本環境動物昆虫学会年次大会(滋賀県立大学).講演要旨:7.

  48. 江田慧子(2010)ミヤマシジミの温度発育関係の分析と保全活動.日本鱗翅学会東海支部第145回例会(名城大学).講演要旨:5.

 

2011

  1. Abdullah, H.M., Akiyama, T., Shibayama, M. and Awaya, Y. (2011): NPP estimation of cropland and abandoned cropland using biomass sample felid spectra and field metrological data. システム農学会2011年度秋季一般研究発表会,2011年10月,広島大学(広島県東広島市).

  2. D. Helard, J.A. Fajri1, T. Yamada, F.S. Li, K. Hirooka, A. Horio, M. Huang, T. Watanabe (2011) Density of microbial community in open channels that receive effluent of small-scale onsite treatment facilities for domestic wastewater. The 4th IWA?ASPIRE Conference & Exhibition, October 2011, Tokyo, Japan..

  3. Denny Helard・Shinta Indah・田中大貴・李富生(2011)Fate of 17beta estradiol during biological sand filtration. 第62回全国水道研究発表会,2011年5月,大阪国際交流センター(大阪府大阪市).

  4. Guo, X., Li, F.S. and Tozaki, Y. (2011) Residual adsorbability of GAC and BAC columns for removal of 17β-estradiol and natural organic matter. 第62回全国水道研究発表会,2011年5月,大阪国際交流センター(大阪府大阪市).

  5. Harata, N., Goto, T., Li, F.S., Yamada, T. and Hirooka, K. (2011): Riverbed sediment microbial community as an indicator for integrated assessment of river water quality and river ecosystems ? Investigation of its responses to heavy metals. The 4th IWA?ASPIRE Conference & Exhibition, October 2011, Tokyo, Japan.

  6. Hosoya, T., Degawa, Y. and Hosaka, K. 2011. Revaluation of Roesleria subterranea in Japan. Asian Mycological Congress -AMC 2011, August 2011, Incheon, Korea.

  7. Huang, K., Fu, X. Y. and Li, F.S. (2011): Feasibility of a Novel Vermitechnology Using Vermicast as Substrate for Activated Sludge Disposal by Two Epigeic Earthworm Species. The 4th IWA? ASPIRE Conference & Exhibition, October 2011, Tokyo, Japan.

  8. Iiumra Y, Ohtsuka T (2011) : Potential of soil carbon sequestration at Takayama Flux Site. 3rd ASIAHORCs Joint Symposium, Global change in Asia: a perspective of Land Use Change. Beijing , China.

  9. Indah, S., Tanaka, H., Li, F.S., Hirooka, K. (2011) Behavior of somatic and F- specific coliphage in slow sand filter. The 4th IWA ? ASPIRE Conference & Exhibition, p. October 2011, Tokyo, Japan.

  10. Joni Aldilla Fajri・Denny Helard・渡辺友也・山田俊郎・李富生・廣岡佳弥子・堀尾明宏・黄岷(2011)General bacteria and heterotrophic bacteria concentrations in receiving channels of Johkasou effluents. 第62回全国水道研究発表会,2011年5月,大阪国際交流センター(大阪府大阪市).

  11. Li, W., Numata, T., Kobayashi, S., Yamada, T., Li, F.S., Otsuka, T., Hirooka, K. and Iimura, Y. (2011): Investigation of the composition and origin of particulate organic matter in a forested river. The 4th IWA?ASPIRE Conference & Exhibition, October 2011, Tokyo, Japan.

  12. Li, W., Numata, T., Kobayashi, S., Yamada, T., Otsuka, T., Li, F.S., Hirooka, K., Kimura, T., and Katsuno, T. (2011): Investigation of the composition and origin of particulate organic matter in a forested river. The 4th IWA?ASPIRE Conference & Exhibition, October 2011, Tokyo, Japan.

  13. Muraoka H. (2011) "Satellite Ecology": An initiative to achieve integrated understanding of Asian ecosystem structure, functions, biodiversity and services. TERRECO 2011 Science Conference, October 2011, Garmisch-Partenkirchen, Germany,

  14. Muraoka H., Noda H., Nagai S., Saitoh T.M., Motooka T., Nasahara K.N. and Saigusa N. (2011) Ecophysiological, micrometeorological and spectral observations of canopy photosynthesis in a cool-temperate deciduous forest Takayama site. International Long-Term Research Network (ILTER) Annual Meeting 2011, September September, Hokkaido University, Sapporo, Japan,

  15. Nagai, S., T. M. Saitoh, R. Suzuki, and H. Muraoka (2011): The necessity and availability of noise-free daily satellite-observed normalized difference vegetation index (NDVI) data during leaf-expansion and -fall periods in various ecosystems of East Asia. International Symposium on Remote Sensing 2011, November 2011, Yeosu, Korea (Invited; Oral).

  16. Ohtsuka, T., Saigusa, N., Mo, W. and Koizumi, H. (2011): Where and how the forest storing Carbon at Takayama Forest. 3rd ASIAHORCs Joint Symposium, Global change in Asia: a perspective of Land Use Change. October 2011, Beijing, China.

  17. Osono, T. and Hirose, D. (2011): Phylogenetic diversity and host specificity of Coccomyces in Asian forests. The 5th International Symposium of the Biodiversity & Evolution g COE, July 2011, Kyoto University, Kyoto, Japan

  18. Saitoh T.M., Yoshino J., Muraoka H., Saigusa N., and Tamagawa I. (2011) Comparison study in carbon budget over two different cool-temperate forests in Takayama, Japan, using an ecosystem model. International Long-Term Research Network (ILTER) Annual Meeting 2011, September 2011, Hokkaido University, Sapporo, Japan.

  19. Seifert, K., T. Graefenhan, K. Hodge, B. Summerell, Y. Degawa and W. McFadden-Smith (2011) The International Tree Slime Project:DNA barcoding of fungal volcanoes. 4th International Barcode of Life Conference, December 2011, Aderaide, Australia.

  20. Shinta Indah・李富生・田中大貴・谷岡敬太・廣岡佳弥子・山田俊郎(2011)Adsorption of bacteriophage onto activated carbons in the presence of natural organic matter. 第62回全国水道研究発表会,2011年5月,大阪国際交流センター(大阪府大阪市).

  21. Sueyoshi, T., Ikeda, A. and Iwahana, G. (2011) Verification of ground-temperature lapse rate method for permafrost detection by idealized numerical experiments, 2011年7月,International Union for Quaternary Research (INQUA) ,(Bern, Switzerland).

  22. Suzuki, K. and Takahashi H. (2011):Snow chemical study in the Japanese Alps -Sequential snow-pit analysis -. IUGG2011, Melbourne, July, 2011.

  23. White M. M., E. D. Tretter, Y. Wang, E. M. Johnson, G. L. Valle, D. Strongman , Y. Kurihara and Y. Degawa (2011) Phylogeny and systematics of Trichomycetes and early-diverging fungi. International Union of Microbiological Societies (IUMS) Congress, September 2011, Sapporo Convention Center, Sapporo, Japan.

  24. Yashiro Y, Shizu Y, Adachi T, Sode N, Ohtsuka T, Lee N-Y, Iimura Y, Koizumi H (2011) : A meta-analysis of soil CO2 efflux variation at Landscape scale around central Japan. 3rd ASIAHORCs Joint Symposium, Global change in Asia: a perspective of Land Use Change. October 2011, Beijing, China.

  25. Tojo, K. (2011): The importance of molecular phylogeographic studies of mountainous headwater specific aquatic insects. Annual Conference of Society for Molecular Biology and Evolution. July 2011, Kyoto, Japan.

  26. Suzuki, T., Suzuki, N. and Tojo, K. (2011): The complex evolutionary history of acquisition of morphological polymorphism in the scorpionfly Panorpodes paradoxus (Insecta; Mecoptera, Panorpodidae). Annual Conference of Society for Molecular Biology and Evolution. July 2011, Kyoto, Japan.

  27. IDA, H., and T. TSUCHIMOTO, 2012 The relationship between the tree species composition of traditional farmhouse structural timbers and the surrounding rural forest (Satoyama) in the central Japanese snowbelt, pp.  in 55th Symposium of the International Association for Vegetation Science, Mokpo, Korea.

  28. オウスチンビリゴ・天谷孝夫・粟屋善雄・包玉海 (2011):ランドサットTMデータの判読による内モンゴル・エジナ河流域における土地利用動態変化分析.システム農学会2011年度春季一般研究発表会,2011年5月,京都大学(京都府京都市).

  29. 粟屋善雄・永谷泉・河合洋人・張鵬飛 (2011) MODISデータを利用した森林の葉開日の推定アルゴリズムの開発.第1回中部森林学会大会,2011年10月,石川県地場産業振興センター(石川県金沢市).

  30. 井坂友一・佐藤利幸(2011):シダハバチ亜科近縁2種(トガリシダハバチ、ナガシダハバチ)の属間関係と食性.第58回日本生態学会大会,2011年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  31. 河合洋人・粟屋善雄 (2011):岐阜県における竹類テングス病の発症状況.第1回中部森林学会大会,2011年10月,石川県地場産業振興センター(石川県金沢市).

  32. 花田良浩・勝野貴文・谷岡敬太・李富生・廣岡佳弥子・山田俊郎(2011)QβとMS2に基づく木曽川水系での腸管系ウイルスの流入源に関する検討.第46回日本水環境学会年会,2012年3月,東洋大学(東京都文京区).

  33. 岩花 剛・池田 敦・福井幸太郎・斉藤和之・末吉哲雄・原田鉱一郎・澤田結基(2011)富士山頂における3m深地温測定(2008-2010 年)―永久凍土の存在確認と長期変化把握に向けて―.日本地球惑星科学連合2011年大会,2011年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  34. 古川桂子(2011):キンポウゲ科における花粉異形性の有無.第58回日本生態学会大会,2011年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  35. 広瀬大(2011):本邦におけるツツジ科根内生息菌類の多様性とそのパターン.第10回日本植物分類学会大会 2011年3月,筑波大学(茨城県つくば市).

  36. 広瀬大・大園享司(2011年):落葉漂白上のCoccomyces属の系統的多様性と宿主特異性.第23回日本菌学会関東支部会大会,2011年5月,東京農業大学(東京都町田市).

  37. 今泉文寿(2011):急傾斜人工林内における土砂移動とその抑止法,第122回日本森林学会大会,2011年3月,静岡大学(静岡県静岡市).

  38. 今泉文寿・宮本邦明(2011)多層構造を有する斜面での降雨に伴う間隙水圧の分布と斜面安定性の変化,平成23年度砂防学会研究発表会,2011年5月,神奈川県民ホール(神奈川県横浜市).

  39. 今泉文寿・西井稜子・村上亘・小川泰浩・大丸裕武(2011) レーザープロファイラーを用いた大規模崩壊地における土砂生産プロセスの観測,日本地球惑星科学連合2011年大会,2011年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  40. 佐々木明彦・鈴木啓助(2011):北アルプス涸沢圏谷における積雪深の観測.東北地理学会、2011年10月,仙台市戦災復興記念館(宮城県仙台市),

  41. 斎藤琢・玉川一郎・村岡裕由(2011)渦相関法を用いた炭素収支評価におけるCO2貯留変化量の影響.第58回日本生態学会大会,2011年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  42. 山根 仁・中村寛志 (2011):TWIN-SPANを用いた上高地・蝶ヶ岳一帯のチョウ類群集構造の解析第23回日本環境動物昆虫学会年次大会 2011年11月,ホテルリメージュ(宮崎県宮崎市).

  43. 山根 仁・中村寛志 (2011):上高地・島々谷・蝶ヶ岳一帯のチョウ類群集構造の解析日本鱗翅学会東海支部第148回例会, 2011年12月,名城大学(愛知県長野市).

  44. 山根 仁・中村寛志 (2011):上高地と蝶ヶ岳周辺のチョウ類群集について第22回信州昆虫学会年次大会、2011年10月、信州大学(長野県松本市).

  45. 若月泰孝(2011):中部山岳地域の地域気候変化予測に関する研究.筑波大学中部山岳連携研究発表会,筑波大学陸域環境研究センター,2011年11月17日.

  46. 出川洋介 (2011):ヘリコイド分生子を形成する地衣化したデマチウム科?完全菌類の一種について.平成23年度日本菌学会関東支部会年次大会一般講演,2011 年5 月,東京農業大学(東京都世田谷区).

  47. 出川洋介(2011):日本産ヘリコケファルム科.平成23年度日本菌学会年次大会一般講演,2011年9 月,北海道大学(北海道札幌市).

  48. 松岡憲知(2011)南アルプスにおけるフロストクリープの動態観測.日本地形学連合2011年秋季大会,2011年9月,金沢大学(石川県金沢市).

  49. 松田悟・宮本邦明・今泉文寿(2011):レーザー距離計を用いた山岳地での凍結融解による土砂生産量の簡易計測手法,平成23年度砂防学会研究発表会.平成23年度砂防学会研究発表会,2011年5月,神奈川県民ホール(神奈川県横浜市).

  50. 沼田高明・山田俊郎・李富生・李文燕・中鋪美香・鈴木聖代(2011)山地渓流河川の河床付着生物膜の特性.第46回日本水環境学会年会,2012年3月,東洋大学(東京都文京区).

  51. 上野健一(2011):大気陸面相互作用の長期観測に向けた挑戦.日本地球惑星科学連合2011年大会,幕張,2011年5月23日,予稿集.

  52. 上野健一・佐藤香枝(2011):中部山岳域における低気圧通過時の冬季降雨の発生.雪氷研究大会,2011年9月,バイブ長岡(新潟県長岡市).

  53. 星野保・矢島由佳出川洋介久米篤 (2011):ガマノホタケ科菌の増殖温度域から推定される新たな生活史の過程. 平成23年度日本菌学会年次大会一般講演,2011年9 月,北海道大学(北海道札幌市).

  54. 西井稜子・松岡憲知(2011):ずれていく二重山稜―南アルプス・アレ沢崩壊地の観測例―.日本地理学会2011年春季学術大会,2011年4月,明治大学(東京都千代田区).

  55. 西井稜子・松岡憲知(2011):深層崩壊発生前の斜面変形速度に影響を及ぼす気象要素:積雪期間の重要性.平成23年度砂防学会研究発表会,2011年5月,神奈川県民ホール(神奈川県横浜市).

  56. 村岡裕由・野田響・永井信・本岡毅・奈佐原顕郎・三枝信子(2011):落葉広葉樹林キャノピーの光合成生産力とその季節性.第58回日本生態学会大会,2011年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  57. 谷岡敬太・田中大貴・李富生・廣岡佳弥子・笠原伸介・山田俊郎(2011):活性炭を付加した高度浄水処理プロセスにおける指標ウイルスと微生物の除去性評価.第62回全国水道研究発表会,2011年5月,大阪国際交流センター(大阪府大阪市).

  58. 池田 敦・岩花 剛・末吉哲雄・西井稜子・原田鉱一郎・新井秀典(2011)富士山の永久凍土調査―2年間の成果―.シンポジウム寒冷地形研究最前線,2011年5月,専修大学(神奈川県川崎市).

  59. 池田 敦・岩花 剛・末吉哲雄・西井稜子・原田鉱一郎・新井秀典(2011)富士山の永久凍土調査―2年間の成果―.日本地理学会2011年春季学術大会,2011年4月,明治大学,(東京都千代田区).

  60. 中村寛志・藤野裕・別府桂・富沢章 (2011) 高地生態系の環境評価-昆虫群集による高山帯の環境変動モニタリングの試み-日本昆虫学会第71回大会公開シンポジウム「山岳昆虫の多様性と保全」.2011年9月,信州大学(長野県松本市)

  61. 中島淳志・出川洋介 (2011):日本産マツカサキノコ属菌3 種の分類学的研究.平成23年度日本菌学会年次大会一般講演,2011年9 月,北海道大学(北海道札幌市).

  62. 田中大貴・花田良浩・谷岡敬太・李富生・廣岡佳弥子・山田俊郎(2011)急速ろ過と緩速ろ過浄水処理システムにおけるウイルスの除去性に関する検討.第62回全国水道研究発表会,2011年5月,大阪国際交流センター(大阪府大阪市).

  63. 尾﨑絵里・江田慧子・中村寛志 (2011) ミヤマシジミ幼虫の餌選択と母蝶の産卵選考性について.日本鱗翅学会東海支部第148回例会,2011年12月,名城大学(愛知県名古屋市).

  64. 尾﨑絵里・江田慧子・中村寛志 (2011) ミヤマシジミ幼虫はコマツナギ以外の植物を摂食するか?第22回信州昆虫学会年次大会,2011年10月 信州大学(長野県松本市).

  65. 福田夏子・粟屋善雄・児島利治 (2011): LiDARとQuickbirdのデータを用いた植生タイプ分類 -高山市大八賀川流域の事例-.システム農学会2011年度秋季一般研究発表会,2011年10月,広島大学(広島県東広島市).

  66. 牧野裕紀・脇山義史・丸山浩輔・山中勤・鈴木啓助(2011)中部山岳地域における降水安定同位体マッピングとその検証.2011年度日本水文科学学術大会,2011年10月,北海道大学(北海道札幌市).

  67. 末吉哲雄・池田 敦・岩花 剛(2011)地温逓減率を用いた山岳永久凍土検出手法について(2011)雪氷研究大会2011,2011年9月,ハイブ長岡(新潟県長岡市).

  68. 末吉哲雄・池田 敦・岩花 剛(2011)地温逓減率を用いた山岳永久凍土検出手法について.日本地球惑星科学連合2011年大会,2011年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  69. 野田響・本岡毅・村上和隆・奈佐原顕郎・村岡裕由(2011):積分球を用いた様々なfunctional typeの植物種における個葉の分光特性の測定法.第58回日本生態学会大会,2011年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  70. 矢久保允也・佐藤利幸・田中健太(2011):木曽駒が岳の標高に応じた樹幹着生地衣類の種組成と被度.第58回日本生態学会大会,2011年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  71. 李文燕・沼田高明・小林慎也・木村竜弥・大塚俊之・山田俊郎・李富生・廣岡佳弥子(2011)Flux and composition of particulate organic matter in a forested river.第62回全国水道研究発表会,2011年5月,大阪国際交流センター(大阪府大阪市).

  72. 鈴木啓助(2011):山岳地域における雪氷化学的手法による水文研究.日本水文科学会、2011年10月,北海道大学(北海道札幌市).

  73. 鈴木啓助・高橋広樹(2011):乗鞍高原における積雪の連続観測による雪氷化学研究.2011年度日本地球化学会、2011年9月,北海道大学(北海道札幌市).

  74. 鈴木啓助・高橋広樹(2011):中部山岳地域における積雪の雪氷化学研究.2011年度日本雪氷学会、2011年9月,バイブ長岡(新潟県長岡市).

  75. 鈴木啓助・高橋広樹(2011):中部山岳地域における積雪の雪氷化学研究-乗鞍高原での積雪連続調査-.日本地球惑星科学連合大会、2011年5月、幕張メッセ(千葉県千葉市).

  76. 脇山義史・牧野裕紀・丸山浩輔・山中勤・鈴木啓助・正木大祐(2011)中部山岳地域における降水安定同位体組成の時空間分布.2011年度日本水文科学学術大会,2011年10月,北海道大学(北海道札幌市).

  77. 藪田泰基・佐藤利幸(2011):日本産ダイコンソウ属3種の系統的位置づけと形態分化 日本生態学会.第58回日本生態学会大会,2011年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  78. 藪田泰基・佐藤利幸(2011):日本産ダイコンソウ属3種の系統的位置づけと形態分化 日本生態学会.第58回日本生態学会大会,2011年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  79. 鈴木智也・鈴木信夫・東城幸治 (2011): スカシシリアゲモドキ(昆虫綱:シリアゲムシ目,シリアゲモドキ科)の形態的多型獲得における複雑な進化史.第13回日本進化学会, 2011年7月, 京都大学 (京都府京都市).

  80. 加藤雄登・坂野亜矢菜・宮入健・東城幸治 (2011): 山岳源流域にのみ棲息する原始的昆虫類を対象とした分子系統地理学的研究.第13回日本進化学会, 2011年7月, 京都大学 (京都府京都市).

  81. 鈴木智也・谷澤崇・東城幸治 (2011): コオイムシ科昆虫における父育 paternal care 行動、および仔(胚)が高める父親の繁殖適応度 (自由集会「社会性の分子メカニズム –その進化プロセスの理解に向けて-」) 第58回日本生態学会, 2011年3月, 札幌コンベンションセンター (北海道札幌市).

  82. 東城幸治 (2011): 博物館に永らく保管されてきた古標本から展開された新昆虫目カカトアルキの発見 (シンポジウム「博物館標本と動物学研究」). 第82回日本動物学会,  2011年9月, 大雪クリスタルホール (北海道旭川市).

  83. 久米あずさ・東城幸治 (2011): オニクマムシ(緩歩動物門;真クマムシ綱)の移動分散に関する分子系統学的アプローチ. 第82回日本動物学会,  2011年9月, 大雪クリスタルホール (北海道旭川市).

  84. 加藤雄登・坂野亜矢菜・宮入健・東城幸治治 (2011): 源流棲水生昆虫オビカゲロウにおける分子系統地理学的研究 (昆虫綱, カゲロウ目). 第82回日本動物学会,  2011年9月, 大雪クリスタルホール (北海道旭川市).

  85. 斎藤梨絵・東城幸治 (2011): 千曲川中流域での自然再生事業における底生動物の個体群構造と殿的構造の変遷. 第76回日本陸水学会, 2011年9月, 島根大学 (島根県松江市).

  86. 東城幸治 (2011): 標高傾度と系統進化 –山岳渓流にすむ水生昆虫- (公開シンポジウム). 第71回日本昆虫学会, 2011年9月, 信州大学 (長野県松本市).

  87. 町田龍一郎・東城幸治 (世話人, 2011): 形態学とは何か ケーススタディ: その「主張」と「実際」 (公開シンポジウム). 第71回日本昆虫学会, 2011年9月, 信州大学 (長野県松本市).

  88. 加藤慎也・倉西良一・東城幸治 (2011): 東アジア産ヒゲナガカワトビケラ属の分類学的諸問題 (1) 遺伝子から見た東アジアのヒゲナガカワトビケラ. 第71回日本昆虫学会, 2011年9月, 信州大学 (長野県松本市).

  89. 倉西良一・加藤慎也・東城幸治 (2011): 東アジア産ヒゲナガカワトビケラ属の分類学的諸問題 (2) 日本産2新種について. 第71回日本昆虫学会, 2011年9月, 信州大学 (長野県松本市).

  90. 関根一希・東城幸治 (2011): 地理的単為生殖昆虫における雌性個体群の起源と分布拡大. 第47回日本節足動物発生学会,2011年6月, 琵琶湖リゾートクラブ (滋賀県守山市).

  91. 鈴木智也・東城幸治 (2011): コオイムシ Appasus japonicus の胚発生: 口器形成 (昆虫綱:半翅目, コオイムシ科) .第47回日本節足動物発生学会,2011年6月, 琵琶湖リゾートクラブ (滋賀県守山市).

  92. 久米あずさ・東城幸治 (2011): 分子系統解析から探るオニクマムシ (緩歩動物門, 真クマムシ綱) の移動分散能力 –オニクマムシは空を飛ぶのか?–. 第8回昆虫DNA研究会, 2011年5月, JT生命誌研究館 (大阪府高槻市).

  93. 鈴木智也・谷澤崇・東城幸治 (2011): 日本産コオイムシ亜科昆虫における系統・分類. 第8回昆虫DNA研究会, 2011年5月, JT生命誌研究館 (大阪府高槻市).

  94. 加藤雄登・坂野亜矢菜・東城幸治 (2011): 源流棲水生昆虫類 (カゲロウ類・カワゲラ類) の個体群構造と遺伝的構造. 第8回昆虫DNA研究会, 2011年5月, JT生命誌研究館 (大阪府高槻市).

  95. 山根仁・江田慧子・中村寛志 (2011) 上高地から蝶ヶ岳一帯のチョウ類群集構造について. 2010年度山岳科学研究報告会. 報告書:56p.

  96. 江田慧子(2011)オオルリシジミとミヤマシジミの再導入による個体群回復について.第22回信州昆虫学会年次大会(信州大学).講演要旨:84.

  97. 江田慧子・中村寛志 (2011) ジョウザンシジミにおける温度と発育速度の関係 日本昆虫学会第71回大会(信州大学).講演要旨:78p.

  98. 江田慧子(2011)里山に生息する絶滅危惧種のシジミチョウの復活報告.日本昆虫学会第71回大会(信州大学)小集会里山談話会.講演要旨:109.(招待講演)

  99. 江田慧子(2011)オオルリシジミとミヤマシジミの再導入に関する研究.第23回日本環境動物昆虫学会年次大会(宮崎市).講演要旨:40.

  100. 江田慧子(2011)オオルリシジミなど里山環境に生息する絶滅危惧シジミチョウ類の保全・保護に関する生態学的研究.第23回日本環境動物昆虫学会年次大会(宮崎市).講演要旨:5.(受賞講演)

  101. 高橋耕一(2011):針広混交林における遷移中期の林分動態.日本生態学会第58回全国大会,2011年3月,札幌コンベンションセンター(北海道札幌市).

  102. 鈴木智之・井田秀行・小林元・高橋耕一・村岡裕由・Nam-Jin Noh・廣田充・清野達之・鈴木亮・田中健太・飯村康夫・角田智詞・丹羽慈・日浦勉(2015):Tea Bagを用いた分解活性指標:標高・土壌温暖化・リター量処理の影響.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).

  103. 平野雅晃・高橋耕一(2015):異なる標高に分布するアキノキリンソウ(広義)の表現型の違いは環境によるか?:共通圃場実験.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).

 

2012

  1. Alatannabuti, Awaya, Y. (2012) Mapping of canopy area of decidous broad-leaved forest using aerial photographs and LiDAR data. 第2回中部森林学会,2012年10月,信州大学(長野県南箕輪村).

  2. Denny Helard, Fusheng Li, Joni A. Fajri, Ahmad S. Setiyawan, Toshiro Yamada, Akihiro Horio, Ming Huang, Toshiyuki Kawaguchi, Microbial community in the channel bed receiving effluent from small-scale onsite wastewater treatment facilities, Proceedings of International Symposium on Environmental Leaders Training Program, November 2012, Gifu University, Gifu, Japan.

  3. Denny Helard, Joni A. Fajri, Ahmad S. Setiyawan, Fusheng Li, Toshiro Yamada, Akihiro Horio, Ming Huang, Relationship between sediment bed microbial community and water quality in open channel receiving johkasou effluent, The 4th IWA Asia-Pacific Young Water Professionals Conference, December 2012, Tokyo, Japan..

  4. Hagiwara, Y., Osono, T., Hirose, D., Mizumachi, E. and Mori, A. (2012): Bleached area on leaf litter of Betula ermanii and Quercus crispula along an altitudinal gradient on Mt. Rausu, northern Japan. 第59回日本生態学会,2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市)

  5. Hirose, D. (2012): Community structure of root-associated fungi of Vaccinium species across an elavation gradient in the Kiso Mountains, central Japan. 第59回日本生態学会 滋賀 2012年3月

  6. Iimura Y, Yashiro Y, Ohtsuka T (2012) :Effects of dense dwarf bamboo understory on forest soil carbon dynamics: a case study at Takayama flux site. The 5th EAFES International Congress. March 2012, Ohtsu , Japan.

  7. Inoue, T., Nagai, S., Muraoka, H. and Koizumi, H. (2012) Seasonal variability of soil respiration and their temperature sensitivity (Q10) in cool-temperate forest-grassland ecosystems in central Japan. Joint meeting of the 59th annual meeting of ESJ and the 5th EAFES international congress, March 2012, Ryukoku University, Otsu, Japan

  8. Ishida, M. (2012): Structure and dynamics of bog vegetation on Midagahara moor in the Northern Alps. Joint Meeting of The 59th Annual Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress, March, 2012, Ohtsu, Japan.

  9. Iwahana, G., Ikeda, A., Fukui, K. and Sueyoshi, T. (2012) Investigation of permafrost on the summit area of Mt. Fuji. Tenth International Conference of Permafrost, Salekhard, Russia, June, 2012.

  10. Katoh M. (2012): Application of Jpn. Forest resource management using RS/GIS/GPS,南京林業大学講演,May 2012, 南京市(中国).

  11. Katoh M., Gougeon, F.A., Yamamoto, S., Nishimura, N., Hoshino, D. and Li, Y. (2012): Verification of the accuracy of a new tree species counting method using high- resolution satellite data in an old-growth Chamaecyparis obtusa forest in central Japan. ForestSAT2012, Oregon State University, USA, 9/11-15.

  12. Koda, K. and Nakamura,H. (2012): Effect of bush burning on the egg parasitoid, Trichogramma chilonis Ishii (Hymenoptera: Trichogrammatidae) of the endangered butterfly, Shijimiaeoides divinus barine (Leech) (Lepidoptera: Lycaenidae) XXIV International Congress of Entomology August 19-25, 2012 Daegu, Korea. General-Poster Program, P173.

  13. Kuribayashi M., Ohara T., Morino Y., Uno I., Kurokawa J., Hara H. and Muraoka H. (2012) Long-term trends of sulfur deposition in East Asia during 1981-2005. The 55th symposium of the international association for vegetation science, July 2012, Hotel Hyundai Mokpo, Korea.

  14. Li, F.S., Desmiarti, R., Li, J.F. and Wei, Y.F. (2012): Effect of sediment bacteria on reservoir water quality, The 3nd Forum on Studies of the Environmental and Public Health Issues in the Asian Mega-cities, July 2012, Beijing, China.

  15. Li, W.H., Li, J.F., Samsey, A., Kawagishi, T. and Li, F.S. (2012): Behavior of cesium in drinking water source, The 3nd Forum on Studies of the Environmental and Public Health Issues in the Asian Mega-cities, July 2012, Beijing, China.

  16. Murakami K., Sasai T., Noda H.M., Muraoka, H. and Nasahara, K.N. (2012) Estiamtion of leaf area index from a canopy radiative transfer model with plant phenology in East Asia. (poster) Joint meeting of the 59th annual meeting of ESJ and the 5th EAFES international congress, March 2012, Ryukoku University, Otsu, Japan

  17. Muraoka H. (2012) 'Satellite Ecophysiology' approach to assess spatial and temporal changes in canopy photosynthesis. Joint meeting of the 59th annual meeting of ESJ and the 5th EAFES international congress, March 2012, Ryukoku University, Ohtsu, Japan

  18. Muraoka H., Nagai S., Saitoh T.M., Inoue T., Noda H.M. and Noh NJ. (2012) "Satellite Ecology": an initiative to achieve cross-scale evaluation of forest ecosystem functions under climate change. The 55th symposium of the international association for vegetation science, July 2012, Hotel Hyundai Mokpo, Korea.

  19. Nagai S., Saitoh T., Maeda T., Nasahara K., Suzuki R. and Muraoka H. (2012) Availability of long-term daily digital camera images to detect characteristics of plant phenology and terrestrial ecosystems. A3 session 'Carbon cycle in ecosystem dynamics under climate change: new insights by combining ecology, micrometeorology and remote sensing', The 55th symposium of the international association for vegetation science, July 2012, Hotel Hyundai Mokpo, Korea.

  20. Nagai, S. (2012): Comprehensive, long-term, continuous, and global ground-truth for accurate phenological observations by using satellite remote-sensing -the challenging activities of the “Phenological Eyes Network (PEN)” -. Workshop on assessing Ecosystem Structure and Function with Satellite- and Ground-based Observations. February 23-24, University of Hawaii at Manoa (Invited; Oral).

  21. Nagano, Y. and Itino, T. (2012): Altitudinal variation in flower size and gene flow of Campanula punctata. The 5th EAFES (East Asian Federation of Ecological Societies) International Congress (March 2012, Ohtsu ).

  22. Nakamura, H., Koda, K. and Suka,T. (2012): Changes of the land use and decline of the endangered butterfly, Shijimiaeoides divinus barine in Azumino. Japan XXIV International Congress of Entomology, August 19-25 2012, Daegu Korea, General-Poster Program, P173.

  23. Nishii, R., Imaizumi, F., Murakami, W., Daimaru, H., Miyamae, T. and Ogawa, Y. (2012): LiDAR monitoring of retrogressive processes on the steep rockslope of a large landslide in the Japanese Alps, EGU General Assembly 2012, 2012年4月, Vienna(Austria).

  24. Niwa, S., Suzuki, S. and Ueda M. (2012): A nationwide long-term monitoring survey of forest ecosystems in the Monitoring Sites 1000 Project in Japan. Abstract of 5th EAFES5/59th ESJ, P3-153A.

  25. Noda H.M., Murakami K., Nasahara K.N. and Muraoka H. (2012) PRIMULAS: a new model to predict optical properties of single leaf. A3 session 'Carbon cycle in ecosystem dynamics under climate change: new insights by combining ecology, micrometeorology and remote sensing', The 55th symposium of the international association for vegetation science, July 2012, Hotel Hyundai Mokpo, Korea.

  26. Noda, H.M., Nasahara, K.N. and Muraoka, H. (2012) Estiamtion of single-leaf ecophysiological characteristics by leaf optical properties in carious terrestrial plant functional types. (poster) Joint meeting of the 59th annual meeting of ESJ and the 5th EAFES international congress, March 2012, Ryukoku University, Otsu, Japan.

  27. Noh, N.J., Son, Y., Chung, H., Jo, W., Han, S., Lee, S.J. and Muraoka, H. (2012): Influence of artificial warming on soil CO2 efflux in an open-field planted with Pinus densiflora and Quercus variabilis seedlings. The 55th symposium of the international association for vegetation science, July 2012, Hotel Hyundai Mokpo, Korea.

  28. Ogai, T. and T. Kenta (2012) Genetic differentiation of 3 Leptocarabus beetles that inhabit different altitudinal zones in Japanese Alps. 59th meeting of Japanese Ecological Society, 2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  29. Ohtsuka T, Yashiro Y, Iimura Y, Shizu Y, Wang LJ (2012): Carbon dynamics along a chronosequence of Japanese Cedar plantations in central Japan. 日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  30. Saitoh T.M., Nagai S.,Yoshino J., Muraoka H., Saigusa N., Tamagawa I. (2012) Functional consequences of differences in canopy phenology for the carbon budgets of two cool-temperate forest types: simulations using the NCAR/LSM model and validation using tower flux and biometric data. Joint meeting of the 59th annual meeting of ESJ and the 5th EAFES international congress, March 2012, Ryukoku University, Otsu, Japan.

  31. Saitoh T.M., Noh NJ., Nagai S., Son Y. and Muraoka H. (2012) Carbon partitioning and budget in forest ecosystems in East Asia: combined meta-analysis of tower-flux and biometric data. A3 session 'Carbon cycle in ecosystem dynamics under climate change: new insights by combining ecology, micrometeorology and remote sensing', The 55th symposium of the international association for vegetation science, July 2012, Hotel Hyundai Mokpo, Korea.

  32. Samsey, A., Li, J.F., Li, W.H., Kawaguchi, T. and Li, F.S. (2012) Fixation potential of cesium onto reservoir sediment, Proceedings of International Symposium on Environmental Leaders Training Program, November 2012, Gifu University, Gifu, Japan.

  33. Tanaka, K., Sawada, Y., Yamada, A., Onda, Y, Hirao, A.S., Bacigalupe L.D. and Hirai, M.Y. (2012) Altitudinal cline in life-history and hervivory-defence traits in Arabidopsis kamchatica that inhabits 30 - 3000 m altitudinal range. 第59回日本生態学会,2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  34. Tanaka, K., Y. Onda, A. Hirao, M. Yamaguchi, A. Yamada, A.J. Nagano, Y. Kawamura, Y. Sawada, H. Kobayashi, J. Sugisaka, M. Kohno, M. Hirai, R. Shimizu-Inatsugi, J. Sese, K. K. Shimizu and H. Kudoh (2012) Altitudinal adaptation of Arabidopsis kamchatica: demography, physiology and genes. 8th Okazaki Biology Symposium, March 2012, Okazaki, Japan.

  35. Tomimatsu, H., Yamagishi, H., Suzuki, S.N. and Konno, Y. (2012): Long-term dynamics of tree biomass in fragmented forests: Inference from patterns along a gradient of forest size. 第5回EAFES,第59回日本生態学会,2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  36. Wenchao Ma, Tsutomu Yamanaka, Yoshifumi Wakiyama1, Yuki Makino (2012): Estimation of catchment transit time in Fuji River Basin by using an improved lumped model. 日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  37. Wenhan Li, Jiefeng Li, Alif Samsey, Toshiyuki Kawaguchi, Fusheng Li, Cesium behavior in a dam reservoir at Fukushima Prefecture, The 4th IWA Asia-Pacific Young Water Professionals Conference, December 2012, Tokyo, Japan.

  38. Zhang, P., Awaya, Y. (2012) Forest type mapping of Gifu Prefecture using ETM+ data of different seasons. 第2回中部森林学会,2012年10月,信州大学(長野県南箕輪村).

  39. Saito, R. and Tojo, K. (2012): The population and genetic structures of aquatic insects establishing themselves in a newly constructed habitat. The 14th International Symposium on Trichoptera. July 2012, Vladivostock, Russia.

  40. Kato, S., Kuranishi, R., Nozaki, T. and Tojo, K. (2012): Molecular Phylogeography of the Stenopsychid Trichopterans of East Asia. The 14th International Symposium on Trichoptera. July 2012, Vladivostock, Russia.

  41. Tojo, K. (2012): Evolutionary origin of the insect wing: Approach from ephemeropteran embryology. International Joint Meeting of the 13th International Conference on Ephemeroptera and 17th International Symposium on Plecoptera. June 2012, Wakayama, Japan.

  42. Sekiné, K. and Tojo, K. (2012): The origin and expansion of unisexual populations in the geographically parthenogenetic mayfly Ephoron shigae (Polymitacyidae). International Joint Meeting of the 13th International Conference on Ephemeroptera and 17th International Symposium on Plecoptera. June 2012, Wakayama, Japan.

  43. Morii, Y. Yoshii, M., Kishimoto, T. and Tojo, K. (2012): The parapatric distribution pattern derived from reproductive interference between two closely related scopurid scorpionflies (Plecoptera, Scopuridae). International Joint Meeting of the 13th International Conference on Ephemeroptera and 17th International Symposium on Plecoptera. June 2012, Wakayama, Japan.

  44. Kato, Y. and Tojo, K. (2012): Molecular phylogenetic relationships of East Asian Yoraperla stoneflies. International Joint Meeting of the 13th International Conference on Ephemeroptera and 17th International Symposium on Plecoptera. June 2012, Wakayama, Japan.

  45. Kato, Y. and Tojo, K. (2012): Molecular phylogenetic relationships of East Asian Cryptoperla stoneflies (Plecoptera, Peltoperlidae). International Joint Meeting of the 13th International Conference on Ephemeroptera and 17th International Symposium on Plecoptera. June 2012, Wakayama, Japan.

  46. Takenaka, M. and Tojo, K. (2012): Genetic structures of dipteromimid mayflies endemic to Japan (Ephemeroptera, Dipteromimidae). International Joint Meeting of the 13th International Conference on Ephemeroptera and 17th International Symposium on Plecoptera. June 2012, Wakayama, Japan.

  47. Saito, R. and Tojo, K. (2012): Genetic structures of the isonychiid mayfly Isonychida japonica (Ephemeroptera, Isonychiidae). International Joint Meeting of the 13th International Conference on Ephemeroptera and 17th International Symposium on Plecoptera. June 2012, Wakayama, Japan.

  48. Morii, Y., Yoshii, M., Kishimoto, T. and Tojo, K. (2012): Molecular biogeography of the scopurid stoneflies (Plecoptera, Scopuridae). International Joint Meeting of the 13th International Conference on Ephemeroptera and 17th International Symposium on Plecoptera. June 2012, Wakayama, Japan.

  49. Sekiné, K. and Tojo, K. (2012): The origin and expansion of unisexual populations for the geographically parthenogenetic mayfly Ephoronshigae (Ephemeroptera: Polymitarcyidae). The First Symposium of the Benthological Society of Asia (The 5th Symposium of the Aquatic Entomologists Society of East Asia: AESEA). June 2012, Matsumoto, Japan.

  50. Tojo, K. (2012): Evolutionary origin of the insect wing: Approach from ephemeropteran embryology. The First Symposium of the Benthological Society of Asia (The 5th Symposium of the Aquatic Entomologists Society of East Asia: AESEA). June 2012, Matsumoto, Japan.

  51. Kato, Y. and Tojo, K. (2012): Molecular phylogenetic relationships of East Asian Yoraperla stoneflies (Plecoptera, Peltoperlidae). The First Symposium of the Benthological Society of Asia (The 5th Symposium of the Aquatic Entomologists Society of East Asia: AESEA). June 2012, Matsumoto, Japan.

  52. Kato, Y. and Tojo, K. (2012): Molecular phylogenetic relationships of East Asian Cryptoperla stoneflies. The First Symposium of the Benthological Society of Asia (The 5th Symposium of the Aquatic Entomologists Society of East Asia: AESEA). June 2012, Matsumoto, Japan.

  53. Kume, A., Suzuki, A.C. and Tojo, K. (2012): A study into the dispersion pattern of a cosmopolitan distributed Milnesium cf. tardigradum: A molecular phylogenetic approach. The First Symposium of the Benthological Society of Asia (The 5th Symposium of the Aquatic Entomologists Society of East Asia: AESEA). June 2012, Matsumoto, Japan.

  54. Morii, Y., Yoshii, M., Kishimoto, T. and Tojo, K. (2012): Molecular biogeography of the scopurid stoneflies (Plecoptera, Scopuridae). The First Symposium of the Benthological Society of Asia (The 5th Symposium of the Aquatic Entomologists Society of East Asia: AESEA). June 2012, Matsumoto, Japan.

  55. Morii, Y. Yoshii, M., Kishimoto, T. and Tojo, K. (2012): The parapatric distribution pattern derived from reproductive interference between two closely related scopurid scorpionflies (Plecoptera, Scopuridae). The First Symposium of the Benthological Society of Asia (The 5th Symposium of the Aquatic Entomologists Society of East Asia: AESEA). June 2012, Matsumoto, Japan.

  56. Saito, R. and Tojo, K. (2012): Genetic structures of the isonychiid mayfly Isonychida japonica (Ephemeroptera, Isonychiidae). The First Symposium of the Benthological Society of Asia (The 5th Symposium of the Aquatic Entomologists Society of East Asia: AESEA). June 2012, Matsumoto, Japan.

  57. Suzuki, T. and Tojo, K. (2012): Phylogeography of two Japanese giant water bugs Appasus japonicus and Appasus major (Heteroptera; Belostomatidae). The First Symposium of the Benthological Society of Asia (The 5th Symposium of the Aquatic Entomologists Society of East Asia: AESEA). June 2012, Matsumoto, Japan.

  58. Takenaka, M. and Tojo, K. (2012): Genetic structures of dipteromimid mayflies endemic to Japan (Ephemeroptera, Dipteromimidae). The First Symposium of the Benthological Society of Asia (The 5th Symposium of the Aquatic Entomologists Society of East Asia: AESEA). June 2012, Matsumoto, Japan.

  59. 鈴木智之・井田秀行・小林元・高橋耕一・村岡裕由・Nam-Jin Noh・廣田充・清野達之・鈴木亮・田中健太・飯村康夫・角田智詞・丹羽慈・日浦勉(2015):Tea Bagを用いた分解活性指標:標高・土壌温暖化・リター量処理の影響.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).

  60. 平野雅晃・高橋耕一(2015):異なる標高に分布するアキノキリンソウ(広義)の表現型の違いは環境によるか?:共通圃場実験.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).

  61. 阿拉坦娜布其・粟屋善雄 (2012) 空中写真を利用したブナ老齢林の樹冠変化のモニタリング.2013年3月,第124回日本森林学会大会,岩手大学(岩手県盛岡市).

  62. 粟屋善雄,福田夏子,高橋與明,河合洋人 (2012) :LiDARデータを用いた高山市大八賀川流域の森林の蓄積推定?針葉樹林と広葉樹林の比較?.第2回中部森林学会,2012年10月,信州大学(長野県南箕輪村).

  63. 粟屋善雄・永谷泉・河合洋人・張鵬飛 (2012) MODIS データを利用した森林の開葉日のモニタリング.第123回森林学会大会,2012年3月,宇都宮大学(栃木県宇都宮市).

  64. 粟屋善雄・家原敏郎・細田和男 (2012):Terra/MODIS データを利用した日本列島のLAI 分布図の作成.日本地球科学惑星連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  65. 粟屋善雄・福田夏子・河合洋人・阿拉坦娜布其 (2012):LiDARと空中写真のDSMを利用した樹冠変化の把握.日本リモートセンシング学会第52回学術講演会,2012年5月,東京大学生産研究所(東京都目黒区).

  66. 伊藤陽晃,上野健一(2012):暖冬寒冬年における冬期降水量分布の経年変化.日本気象学会,つくば,2012年5月.

  67. 井上 篤・原山 智(2012):上高地に存在する活断層について.日本地理学会2012年秋季学術大会,2012年10月,神戸大学(兵庫県神戸市).

  68. 井田秀行(2012):ブナ林の森林構造と動態.第59回日本生態学会大会,2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  69. 遠藤真太郎・市野隆雄(2012):アブラムシによる共生アリへの化学擬態/Chemical mimicry of an aphid to mutualistic ants.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  70. 奥田悠史・安江 恒・北原 曜(2012):同一環境下で生育するコナラ,クヌギ,ケヤキの気候応答.第62回日本木材学会大会,2012年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  71. 岡田元・安光得・出川洋介・大熊盛也 (2012):Dictyocatenulata albaとは何か?. 平成24年度日本菌学会関東支部会年次大会一般講演,2012年4月,日本大学.

  72. 下野綾子・小熊宏之(2012) 中央アルプス木曽駒ヶ岳における写真撮影を活用した高山植生モニタリング.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  73. 河合小百合・原山 智(2012):上高地の過去12000年間の環境変遷.山岳科学総合研究所2011年度研究報告会,2012年3月,信州大学(長野県松本市).

  74. 河合洋人・粟屋善雄・秋山侃(2012)空中写真とLiDARデータを用いた竹林拡大特性の解析.システム農学会2012年度秋季一般研究発表会,2012年11月,信州大学(長野県南箕輪村).

  75. 丸岡祐一・梅干野成央・土本俊和(2012):涸沢ヒュッテにおける冬囲いの構法とその展開過程.2012年度日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),建築歴史・意匠,19-20.

  76. 宮原裕一・山田智哉・山本雅道(2012):八ヶ岳における化学物質沈着の季節変動.環境化学討論会第21回研究発表会,2012年7月,愛媛大学(愛媛県松山市).

  77. 宮原裕一・松尾悠太郎・池森文数・中島大介・白石不二雄(2012):長野県上高地および諏訪におけるエアロゾル成分の季節変動. 環境化学討論会第21回研究発表会,2012年7月,愛媛大学(愛媛県松山市).

  78. 玉川一郎,杢野誠也(2012)国土交通省「解析雨量」と地上観測雨量との比較.JALPS 2012年度年次研究報告会,岐阜県高山市,2012年12月13日,CM7(ポスター)

  79. 玉木 恵理香,門脇 正史,落合 菜知香,杉山昌典(2012)ヤマネGlirulus japonicas による休眠場所の選択,Joint Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress, 2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  80. 犬飼俊,上野健一(2012):新潟県における雪雲モードの出現特性と降水量分布,雪氷研究大会,福山,2012年9月.

  81. 原山 智(2012):北部フォッサ?松本盆地?飛騨山脈の形成モデルと構造発達史.地学団体研究会第66回総会,2012年8月,信州大学(長野県長野市).

  82. 原山 智・松岡達郎・林 久夫・水落幸広・棚瀨充史・河合小百合(2012):上高地における微動アレー探査(空間自己相関法)により明らかとなった古梓川埋積谷地形と潜在活断層.日本地質学会第119年学術大会,2012年9月,大阪府立大学(大阪府堺市).

  83. 古屋 諒・中村寛志(2012):中部山岳域におけるハイマツを食害するハバチ類の発生状況について.第23回信州昆虫学会年次大会,2011年10月,信州大学(長野県松本市).

  84. 後藤誠二朗・粟屋善雄 (2012):林分情報の精度向上にむけた森林簿と衛星データによる森林植生分類図の比較.2013年3月,第124回日本森林学会大会,岩手大学(岩手県盛岡市).

  85. 後藤誠二朗・粟屋善雄・神田里喜・園山英昭 (2012):RapidEye衛星のRedEdgeバンドを用いた森林タイプ分類の精度向上に関する検討‐岐阜県御嵩町を例として‐.システム農学会 2012年度秋季一般研究発表会,2012年11月,信州大学(長野県南箕輪村).

  86. 公文富士夫・河合小百合・井内美郎(2012):長野県, 青木湖堆積物から解析した過去3,4000年間の気候と植生の変遷.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  87. 広瀬大(2012):気候変動は菌類に影響を及ぼすのか?-わが国における地理的スケールでの分布研究からの考察.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  88. 広瀬大(2012):分子生態学的アプローチによる菌類の分布研究の新たな展開」(受賞講演)第55回日本菌学会 2012年5月,岐阜大学(岐阜県岐阜市).

  89. 広瀬大・下野綾子(2012):高山帯に生育するアオノツガザクラの根内生息菌類の多様性.第55回日本菌学会,2012年5月,岐阜大学(岐阜県岐阜市).

  90. 広瀬大・細矢剛(2012):ツツジ亜科植物根系に生息するビョウタケ目菌類の本邦における系統的多様性.日本植物分類学会第11 回大会,2012年3月,大阪学院大学(大阪市吹田市).

  91. 江田慧子・井原道夫・森谷浩之・桐生雄介・辻井美徳・中村寛志(2012):長野県におけるクロコノマチョウの分布拡大について.日本昆虫学会第72回大会,2012年9月,玉川大学(東京都町田市).

  92. 江田慧子・井原道夫・森谷浩之・桐生雄介・辻井美徳・中村寛志(2012):長野県南信地方におけるクロコノマチョウの生息域の拡大について.日本鱗翅学会東海支部第151回例会,2012年12月,名城大学(愛知県名古屋市).

  93. 江田慧子・須賀丈・中村寛志(2012):長野県安曇野の土地利用の変遷と絶滅危惧種オオルリシジミの衰亡.日本地球惑星科学連合大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  94. 高橋一太・細川奈々枝・小林 元・平井敬三(2012):ヒノキ若齢林の林分構造と土壌呼吸.第123回日本森林学会大会,2012年3月,宇都宮大学(栃木県宇都宮市).

  95. 高橋與明・粟屋善雄・田中真哉 (2012) 航空機LiDARによるスギ・ヒノキ林分の平均樹高推定?レーザ点密度を変えた場合の事例?.第68回九州森林学会大会,2012年10月,熊本県立大学(熊本県熊本市).

  96. 今泉文寿・外狩麻子・島村誠(2012)山岳域における凍結融解に伴う土砂移動とそれへの地形の影響,第123回日本森林学会大会,2012年3月,宇都宮大学(栃木県宇都宮市).

  97. 今泉文寿・諏訪 大(2012)山岳域における樹木根系の斜面安定効果,日本地球惑星科学連合大会2012年、2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  98. 今泉文寿・西井稜子・村上 亘・宮前 崇・小川泰浩・大丸裕武(2012),気象要素が大規模崩壊地における土砂生産へ及ぼす影響,平成24年度砂防学会研究発表会,2012年5月,高知県立県民文化ホール(高知県高知市)

  99. 佐々木明彦, 苅谷愛彦, 池田敦, 鈴木啓助(2012)白馬岳高山帯の山火事跡地における地表環境のモニタリング.日本地球惑星科学連合大会2012年、2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  100. 佐々木明彦・苅谷愛彦・池田 敦・鈴木啓助(2012):白馬岳高山帯の山火事跡地における地表環境のモニタリング.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  101. 佐々木明彦・朝日克彦・鈴木啓助(2012):キネマティックGPSによる涸沢圏谷における積雪深観測.雪氷研究大会2012,2012年9月,福山市立大学(広島県福山市).

  102. 佐々木明彦・槇 拓登・鈴木啓助(2012):キネマティックGPS による涸沢圏谷における積雪深観測.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  103. 佐藤大樹・出川洋介 (2012):長野県上田市角間渓谷においてオビシタカワゲラ属から得られたレゲリオミケス科の一種について. 日本菌学会関東支部会年次大会一般講演,2012年4月,日本大学(東京都千代田区).

  104. 佐藤利幸・松浦亮介・田中崇行(2012):中部地方南部・リニア新幹線予定ベルトのシダ植物多様性について.日本生態学会中部地区会.2012年11月,新潟県小谷村.

  105. 細矢剛・齊藤由紀子・保坂健太郎・鈴木亮・出川洋介 (2012):ススキに発生した日本新産盤菌類Naemacyclus culmigenus. 平成24年度日本菌学会年次大会一般講演,2012年5月,岐阜大学(岐阜県岐阜市).

  106. 山根仁・江田慧子・中村寛志 (2010) :上高地から蝶ヶ岳一帯のチョウ類群集調査について.第22回日本環境動物昆虫学会年次大会,2010年11月,滋賀県立大学(滋賀県彦根市)

  107. 山中勤・脇山義史・鈴木啓助 (2012):中部山岳地域における融雪流出時期の経年変動.日本地球惑星科学連合大会2012年,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市)

  108. 山本航平・出川洋介・山田明義 (2012):日本産Endogone属種の同定およびE. lactifluaの菌根合成. 平成24年度日本菌学会年次大会一般講演,2012年5月,岐阜大学(岐阜県岐阜市).

  109. 狩山裕昭・鈴木啓助(2012):中部山岳地域における積雪層中の化学成分の空間分布.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  110. 出川洋介 (2012):変形菌類に類似した菌類Ⅳ液肥中に発生した日本新産の子嚢菌類Nectria mauritiicola.平成24年度日本変形菌研究会大阪大会,2012 年1 月,大阪市立自然史博物館(大阪府大阪市).

  111. 出川洋介・広瀬大・山本航平・山田明義(2012):アツギケカビ目(Endogonales)内新規クレードの正体はSphaerocreas属であった.平成24年度日本菌学会年次大会一般講演,2012年5月,岐阜大学(岐阜県岐阜市).

  112. 出川洋介・鈴木亮・鈴木智之・細矢剛 (2012) 中部山岳地帯のススキ新病害の病原菌について. 日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  113. 小山泰弘・井田秀行(2012):ブナ孤立林分における豊作年の発芽率.第2回中部森林学会大会,2012年10月,信州大学農学部(長野県南箕輪村).

  114. 小川吉夫・広瀬大・山本輝尚(2012):本邦におけるマツ科落葉上のPenicillium属菌の地理的分布と多様性.第55回日本菌学会,2012年5月,岐阜大学(岐阜県岐阜市).

  115. 小池祐貴・原山 智(2012):笠ヶ岳コールドロン北縁地域に産する鉄カンラン石について.日本地質学会第119年学術大会,2012年9月,大阪府立大学(大阪府堺市).

  116. 松岡憲知・西井稜子・池田 敦(2012)南アルプス高山域における岩盤破砕・土砂移動の観測.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  117. 松倉君予・広瀬大・鏡味麻衣子(2012):ヤブツバキ葉上に生息するLophodermium sp. の地理的分布に気候要因が及ぼす影響.第55回日本菌学会,2012年5月,岐阜大学(岐阜県岐阜市).

  118. 松尾悠太郎・宮原裕一(2012):諏訪と上高地におけるエアロゾル中PAHs濃度と受容体結合能.2012年度日本陸水学会甲信越支部会,2012年12月,横谷温泉旅館(長野県茅野市).

  119. 松尾悠太郎・宮原裕一・中島大介・白石不二雄(2012):上高地と諏訪におけるエアロゾル中多環芳香族炭化水素濃度と受容体結合能.第18回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会,2012年9月,熊本ANAホテルニュースカイ(熊本県熊本市).

  120. 松尾悠太郎・山田智哉・村津瑛世・山本雅道・宮原裕一(2012):北八ヶ岳における降水中の化学成分とその環境動態.日本陸水学会77回大会,2012年9月,名古屋大学(愛知県名古屋市).

  121. 上治雄介・今泉文寿(2012)デジタルカメラ画像を用いた開葉期・落葉期の客観的識別手法の検討,第123回日本森林学会大会,2012年3月,宇都宮大学(栃木県宇都宮市).

  122. 上田昇平・松月哲也・野沢泰斗・関 諒一・島本晋也・市野隆雄(2012):中部山岳地域におけるシワクシケアリの隠れた遺伝的多様性.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  123. 上野健一,清水悟,佐藤香枝,南光一樹(2012):山岳域における冬季降雨の発生傾向.日本気象学会,つくば,2012年5月26日,156pp.

  124. 上野健一,南光一樹, 佐藤香枝, 清水悟(2012):山岳域における冬季降雨の発生傾向と低気圧活動.地球惑星連合,2012年5月20日,幕張.予稿集AHW28-02 .

  125. 上野健一・南光一樹・佐藤香枝・清水悟 (2012): 山岳域における冬季降雨の発生傾向と低気圧活動.日本地球惑星科学連合大会2012年,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  126. 城田徹央・北原和樹・石井弘明・安江 恒・岡野哲郎(2012):レーザー測量によるヒノキ人工林のバイオマス推定.第123回日本森林学会大会,宇都宮大学(栃木県宇都宮市).

  127. 森下絵理子・山本一清・島田政信・粟屋善雄 (2012) :PALSARによるヒノキ人工林の森林情報把握可能性-地形補正効果の検討-.第123回森林学会大会,2012年3月,宇都宮大学(栃木県宇都宮市).

  128. 杉山昌典・門脇正史(2012):Web情報に基づくヤマネの目撃状況.日本哺乳類学会2012年度大会,2012年9月,麻布大学(神奈川県相模原市)

  129. 瀬戸健介・稲葉重樹・出川洋介 (2012):菅平高原におけるツボカビ類のフロラ調査. 日本菌学会関東支部会年次大会一般講演,2012年4月,日本大学(東京都千代田区).

  130. 瀬戸健介・稲葉重樹・出川洋介 (2012):日本新産のサヤミドロモドキ(Monoblepharis)属菌(ツボカビ門)2種について. 平成24年度日本菌学会年次大会一般講演,2012年5月,岐阜大学(岐阜県岐阜市).

  131. 西井稜子・松四雄騎・松崎浩之(2012):宇宙線生成核種年代測定を用いた重力性変形地形の形成時期の特定:北アルプス野口五郎岳の事例.日本地形学連合2012年秋季大会,2012年9月,大阪教育大学(大阪府大阪市).

  132. 西井稜子・池田 敦(2012)電気探査による重力性変形地形の破断面可視化の試み.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  133. 石川怜志・堀田紀文・今泉文寿・岩田知之・土屋 智(2012)渓流源頭部の微地形条件が土石流の発生・流動過程に与える影響,平成24年度砂防学会研究発表会,94-95,2012年5月,高知大学(高知県高知市).

  134. 石田仁・大橋レアンドロ・水野洋平・八代田真人 (2012):岐阜県御嶽山山麓における面積積森林伐採跡地の埋土種子集団.第123回日本森林学会大会,2012年3月,宇都宮大学(栃木県宇都宮市).

  135. 川谷 尚平・小林 元・清野 達之(2012)異なる光環境下におけるサワラ後継樹の樹冠形,Joint Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress, 2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  136. 倉元隆之・佐々木明彦・鈴木啓助(2012):上高地・明神地域における湧水の特性.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  137. 倉元隆之・狩山裕昭・鈴木大地・佐々木明彦・鈴木啓助(2012):中部山岳地域における積雪中の化学特性と空間分布.雪氷研究大会2012,2012年9月,福山市立大学(広島県福山市).

  138. 倉元隆之・鈴木大地・佐々木明彦・鈴木啓助(2012):降雪に含まれる化学物質濃度の空間分布.2012年度雪氷学会北信越支部研究発表会,2012年4月,セミナーハウスあいりす(石川県加賀市).

  139. 倉元隆之・鈴木大地・佐々木明彦・鈴木啓助(2012):中部山岳地域における新雪の化学特性と空間分布.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  140. 早川恵里奈・宮村新一・唐艶鴻・冨松元・田中健太・恩田義彦・廣田充 (2012):低圧環境下での形態変化による光合成特性の解明 (Alpine plant leaf in low atmospheric pressure environment - Morphological and photosynthetic character.).日本生態学会第59回大会,2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  141. 早川美波・林 秀剛・伊藤建夫・東城幸治(2012):長野県ツキノワグマ個体群における遺伝的構造の究明.平成24年度日本動物学会中部支部大会,2012年11月,浅間温泉みやま荘(長野県松本市).

  142. 早川美波・林秀剛・岸元良輔・伊藤建夫・東城幸治(2012):長野県ツキノワグマ個体群における遺伝的構造の究明.日本動物学会第83回大阪大会,2012年9月,大阪大学(大阪府豊中市).

  143. 増井 僚・小林 元・井手玲子・小熊宏之・三枝信子・山本一清(2012):固定カメラによるカラマツ樹冠のシュートフェノロジーおよび個葉生理活性の定点観測.第123回日本森林学会大会,2012年3月,宇都宮大学(栃木県宇都宮市).

  144. 増井 僚・小林 元・山本一清・井手玲子(2012):ヒノキ樹冠における分光特性の季節変化.第2回中部森林学会大会,2012年10月,信州大学(長野県南箕輪村).

  145. 村田正誠・原山 智(2012):中央アルプス,木曽駒花崗閃緑岩マグマの温度圧力について.2011年度山岳科学研究報告会,105.

  146. 大塚俊之(2012):日本生態学会大島賞受賞記念講演 「森林生態系の炭素循環:高山サイトでの10年間で分かったことと、分からなかったこと」.第58回日本生態学会,2012年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  147. 大塚俊之・八代裕一郎・飯村康夫・志津庸子・加藤正吾・小見山章 (2012):大白川ブナ原生林における16年間の群落構造の変化.第59回日本生態学会,龍谷大学(滋賀県大津市).

  148. 池田 敦・岩花 剛・福井幸太郎・末吉哲雄・斉藤和之・原田鉱一郎・澤田結基(2012)富士山頂の凍土観測(2010~2012 年).雪氷研究大会2012,2012年9月,福山市立大学(広島県福山市).

  149. 池田知也・原山 智(2012):白亜紀後期大雨見山層群(岐阜県飛騨地域)中の苦鉄質火山岩の岩石学的性質.日本地質学会第119年学術大会,2012年9月,大阪府立大学(大阪府堺市).

  150. 池田敦, 岩花剛, 末吉哲雄, 福井幸太郎, 斉藤和之, 原田鉱一郎, 澤田結基 (2012): 富士山における永久凍土の直接観測開始.日本地球惑星科学連合大会2012年、2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  151. 中川雅人・加藤正吾/小見山章 「長期観測で求めた荘川調査地における森林の階層構造の変化」.第2回中部森林学会,2012年10月,信州大学(長野県南箕輪村).

  152. 朝日克彦・鈴木啓助(2012):1976/77年,中部山岳における雪渓目録の作成.雪氷研究大会2012,2012年9月,福山市立大学(広島県福山市).

  153. 長野祐介・市野隆雄(2012):標高傾度に沿ったヤマホタルブクロの花サイズ変異と標高上下間の遺伝子流動.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  154. 庭野公志・鈴木啓助(2012):上高地・槍・穂高地域における山谷風と気温逆転の解析.2011年度山岳科学研究報告会,2012年3月,信州大学(長野県松本市).

  155. 天藤寛子・原山 智(2012):岐阜県南部,白川町新津北方に分布する濃飛流紋岩中の鉱物組み合わせと本質レンズの多様性.日本地質学会第119年学術大会,2012年9月,大阪府立大学(大阪府堺市).

  156. 田中健太・平尾章・恩田義彦・山田歩・永野惇・瀬々潤・清水理恵・清水健太郎・岡村悠・村上正志・澤田有司・平井優美 (2012) 標高万能植物ミヤマハタザオの適応機構:デモグラフィー・形質・遺伝子.第44回種生物学シンポジウム, 2012年12月, 奥琵琶湖マキノパークホテル&セミナーハウス(滋賀県高島市)

  157. 田中信行・粟屋善雄 (2012) 地球温暖化は森林にどう影響するか?.「農林水産業は気候変動にどう対応するか??気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のための技術開発」研究成果発表会,2012年12月.東京国際フォーラム(東京都千代田区).

  158. 田中真哉・高橋與明・西園朋広・北原文章・家原敏郎・齋藤英樹・小谷英司・粟屋善雄 (2012) Landsat ETM+による森林分布図作成と林分材積推定.第123回森林学会大会,2012年3月,宇都宮大学(栃木県宇都宮市).

  159. 東俊太朗・佐藤利幸(2012):八ヶ岳の水草多様性 ~池の標高・表面積による水草相の変化~.日本生態学会中部地区会.2012年11月,新潟県小谷村.

  160. 梅干野成央(2012):近代登山を契機とした日本北アルプスの山岳建築.東アジア山岳文化研究会第2回大会,2012年5月,泰山学院(中国山東省泰安市).

  161. 梅干野成央・丸岡祐一・土本俊和(2012):涸沢ヒュッテにおける冬囲いの仮設とその構法.日本建築学会北陸支部大会,2012年7月,信州大学(長野県松本市).

  162. 梅干野成央・土本俊和(2012):百瀬家文書中の槍ヶ岳殺生ヒュッテとヒュッテ西岳に関する昭和初期の建築史料.2012年度日本建築学会大会,2012年9月,名古屋大学(愛知県名古屋市).

  163. 八代裕一郎・王連君・小林元・大塚俊之 ヒノキ人工林における林齢に伴う土壌呼吸速度の変化.第58回日本生態学会,2012年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  164. 飯村康夫・八代裕一郎・大塚俊之(2012):温帯落葉広葉樹林での林床ササ群落の有無による生態系純生産量 (NEP)や土壌特性の比較.第58回日本生態学会,2012年3月,北海道大学(北海道札幌市).

  165. 飯村康夫・廣田充・井田秀行・大塚俊之 (2012):ブナ成熟林における土壌圏有機物分解:ギャップモザイク構造を考慮して.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  166. 飯村康夫・廣田充・井田秀行・大塚俊之 (2012):極相ブナ林のギャップ構造が土壌圏有機物分解に及ぼす影響.日本土壌肥料学会2012年度大会,2012年9月,鳥取大学(鳥取大学).

  167. 飯村康夫・廣田充・大塚俊之(2012):生態遷移の進行が黒ボク土の炭素集積機能に及ぼす影響~炭素・窒素安定同位体比から見た植生変化パターンと炭素集積機能の関係~ 2010年度日本土壌肥料学会,2010年9月,北海道大学(北海道札幌市).

  168. 尾鼻陽介・佐藤利幸(2012):ハクサンコザクラの生育期間と個体群構造変動.第59回日本生態学会.2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  169. 風戸恵津子・東照雄・茂木もも子・田村憲司・原田徹・上條隆志(2012)カラマツ人工林の間伐による土壌呼吸量及び炭素収支の短期的変化.日本土壌肥料学会2012年度鳥取大会,2012年9月,鳥取大学(鳥取県鳥取市).

  170. 福田夏子・粟屋善雄 (2012) LiDARデータを用いた地盤高(DEM)作成方法の検討-高山市大八賀川流域の事例-.第2回中部森林学会,2012年10月,信州大学(長野県南箕輪村).

  171. 平尾章, 渡邊幹男, 下野綾子, Liu, Qi-Jing, Li, Xuefeng, 増沢武弘, 大原雅, 和田直也(2012) 中部山岳地域における氷河遺存種チョウノスケソウの遺伝的多様性の喪失.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  172. 平尾章・恩田義彦・清水(稲継)理恵・瀬々潤,・清水健太郎・田中健太 (2012):標高万能植物ミヤマハタザオの標高適応遺伝子:トライコームと光受容体.日本進化学会第14回大会,2012年8月,首都大学東京(東京都八王子市).

  173. 平尾章・市野隆雄 (2012):山岳植物の遺伝的多様性,および標高傾度に沿った分化.第59回日本生態学会企画集会「気候変動に対する高山・亜高山生態系の応答の将来予測:遺伝子から景観レベルまで」,龍谷大学(滋賀県大津市),2012年3月.

  174. 平野真聡・花里孝幸(2012):高山湖沼におけるミジンコとケンミジンコの生存戦略の比較.日本生態学会第59回大会,2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  175. 平野真聡・花里孝幸(2012):高山腐植湖沼におけるDaphniaとAcanthodiapomusの共存メカニズム.日本陸水学会第77回大会,2012年9月,名古屋大学(愛知県名古屋市).

  176. 平野真聡・花里孝幸(2012):高山腐植湖沼における動物プランクトン個体群の変動要因.2012年度日本陸水学会甲信越支部会,2012年12月,横谷温泉旅館(長野県茅野市).

  177. 北原 曜(2012):山地急斜面における森林根系の崩壊防止力.日本地球惑星科学連合2012年大会ユニオンセッション「巨大自然外力に対する水循環応答と生態系の緩和効果」, 2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  178. 北沢知明・江川信・市野隆雄(2012):中部山岳亜高山帯におけるマルハナバチ類6種の形態変異と花利用様式.日本生態学会第59回大会,2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  179. 牧野裕紀・脇山義史・山中 勤・鈴木啓助(2012):中部山岳地域における降水同位体マッピングとその検証.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  180. 木越智彦・公文富士夫・河合小百合(2012):花粉組成のモダンアナログ法に基づく中部山岳地域における最終氷期の気候変動の解析.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  181. 門脇正史・玉木恵理香・落合菜知香・杉山昌典(2012):中部山岳地域における小型哺乳類ヤマネの生態.日本地球惑星科学連合大会2012年、2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  182. 矢久保允也・田中健太・佐藤利幸(2012):木曽駒ケ岳周辺のウメノキゴケ科地衣類の空間分布.日本生態学会中部地区会.2012年11月,新潟県小谷村.

  183. 輿恵理香・堀田真理子・梅干野成央・土本俊和(2012):中房温泉の林間学校校舎に関する復原的考察.2012年度日本建築学会大会(東海),2012年9月,名古屋大学(愛知県名古屋市).

  184. 落合 菜知香,門脇 正史,玉木 恵理香,杉山昌典(2012)糞分析によるヤマネGlirulus japonicas の食性,Joint Meeting of ESJ & The 5th EAFES International Congress, 2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  185. 鈴木啓助(2012):中部山岳地域における水資源としての積雪水量の変動.日本地球惑星科学連合大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  186. 鈴木啓助・佐々木明彦(2012):上高地梓川流域における積雪深分布.日本水文科学会,2012年10月,神奈川県温泉地学研究所(神奈川県小田原市).

  187. 鈴木啓助・佐々木明彦(2012):上高地梓川流域における積雪深分布測量.雪氷研究大会2012,2012年9月,福山市立大学(広島県福山市).

  188. 鈴木大地・倉元隆之・佐々木明彦・鈴木啓助(2012):乗鞍上高地域における積雪層中の主要イオン濃度時間変化.2012年度雪氷学会北信越支部研究発表会,2012年4月,セミナーハウスあいりす(石川県加賀市).

  189. 鈴木大地・倉元隆之・佐々木明彦・鈴木啓助(2012):中部山岳地域における積雪層中の化学成分濃度の変化.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  190. 鈴木智之(2012):全国のリターフォール動態の階層的モデリング:モニタリングサイト1000データを用いて.第123回森林学会大会シンポジウム「森林科学分野における統計モデリングの利用」,2012年3月,宇都宮大学(栃木県宇都宮市).

  191. 鈴木亮 (2012) 寒冷地菅平高原での温暖化実験:積雪深、バイオマス、種数の変化.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  192. 脇山義史(2012)寒冷少雪地域の森林小流域における冬季・融雪期の水流出.2012年度日本水文科学学術大会,2012年10月,神奈川県温泉地学研究所(神奈川県小田原市).

  193. 脇山義史, 牧野裕紀, 山中勤, 鈴木啓助 (2012): 中部山岳地域における降水安定同位体組成の時空間変動特性.日本地球惑星科学連合大会2012年、2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  194. 脇山義史・牧野裕紀・山中 勤・鈴木啓助(2012):中部山岳地域における降水安定同位体組成の時空間変動特性.日本地球惑星科学連合大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  195. 鈴木忠・久米あずさ・東城幸治 (2012): オニクマムシ Milnesium tardigradum の分類について. 第83回日本動物学会, 2012年9月, 大阪大学 (大阪府豊中市).

  196. 小巻翔平・倉林敦・イスラム モハメド マフィズル・東城幸治・住田正治 (2012): 日本産トノサマガエル種群の分布重複域における浸透交雑と30年間で生じた分布変化. 第83回日本動物学会, 2012年9月, 大阪大学 (大阪府豊中市).

  197. 村田拓也・東城幸治 (2012): トゲオトンボ類の分子系統地理学的視点からみた南西日本列島の形成史. 第83回日本動物学会, 2012年9月, 大阪大学 (大阪府豊中市).

  198. 鈴木智也・東城幸治 (2012): コオイムシ類2種における系統地理学的研究 (昆虫綱:半翅目, コオイムシ科). 第83回日本動物学会, 2012年9月, 大阪大学 (大阪府豊中市).

  199. 村田拓也・東城幸治 (2012): 南西日本列島の形成史に深く関わるトゲオトンボ種群の類縁関係. 第72回日本昆虫学会, 2012年9月, 玉川大学 (東京都町田市).

  200. 鈴木智也・谷澤崇・東城幸治 (2012): コオイムシおよびオオコオイムシにおける系統と分類 (半翅目, コオイムシ科) . 第72回日本昆虫学会, 2012年9月, 玉川大学 (東京都町田市).

  201. 鈴木智也・谷澤崇・東城幸治 (2012): 仔(胚)が父親の繁殖適応度を高めるコオイムシ類の特殊な繁殖戦略 (小集会での講演). 第72回日本昆虫学会, 2012年9月, 玉川大学 (東京都町田市).

  202. 東城幸治 (2012): 砂漠に生きる新規昆虫目・カカトアルキの謎. 平成24年度 日本動物学会中部支部大会, 2012年11月, みやま荘 (長野県松本市).

  203. 久米あずさ・鈴木忠・東城幸治 (2012): 分子系統解析から探るオニクマムシ (緩歩動物門; 真クマムシ綱) の移動分散能力. 平成24年度 日本動物学会中部支部大会, 2012年11月, みやま荘 (長野県松本市).

  204. 斎藤梨絵・東城幸治 (2012): 日本列島およびアジア大陸東部広域に分布する水生昆虫のジェネラリスト種・チラカゲロウにおける遺伝的構造. 平成24年度 日本動物学会中部支部大会, 2012年11月, みやま荘 (長野県松本市).

  205. 加藤雄登・東城幸治 (2012): ノギカワゲラ属昆虫における分子系統地理学的研究. 平成24年度 日本動物学会中部支部大会, 2012年11月, みやま荘 (長野県松本市).

  206. 鈴木智也・鈴木信夫・東城幸治 (2012): スカシシリアゲモドキ (昆虫綱: シリアゲムシ目, シリアゲムシ科) における形態多型獲得の進化プロセス. 平成24年度 日本動物学会中部支部大会, 2012年11月, みやま荘 (長野県松本市).

  207. 加藤慎也・倉西良一・東城幸治 (2012): ヒゲナガカワトビケラ属 (昆虫綱, トビケラ目) 昆虫の分子系統地理学的研究. 平成24年度 日本動物学会中部支部大会, 2012年11月, みやま荘 (長野県松本市).

  208. 新井谷梨鈴・伊藤富子・東城幸治 (2012): カメノコヒメトビケラ属 (昆虫綱, トビケラ目) の分子系統地理学的研究. 平成24年度 日本動物学会中部支部大会, 2012年11月, みやま荘 (長野県松本市).

  209. 中村寛志 (2012) モニ1000(高山帯)におけるチョウ類群集データを使った環境変動モニタリングの試み 山岳科学総合研究所2011年度研究成果発表会(信州大学理学部).

  210. 江田慧子・中村寛志 (2012) 非線形モデルを使ったミヤマシジミの発生与察 山岳科学総合研究所2011年度研究成果発表会(信州大学理学部).

  211. 尾﨑絵理・江田慧子・中村寛志 (2012) ミヤマシジミの産卵選好性と休眠卵・非休眠卵の産み分けについて 第23回信州昆虫学会年次大会(信州大学).New Entomologist 61(3/4):77p.

  212. 尾﨑絵理・江田慧子・中村寛志 (2012) ミヤマシジミの幼虫の餌選択と成虫の産卵選択について 日本鱗翅学会第59回大会(愛媛大学).講演要旨:17p.

  213. 江田慧子(2012)オオルリシジミとミヤマシジミの復活への道.日本鱗翅学会第59回大会(愛媛大学).講演要旨:30p.(招待講演)

  214. 中村寛志 (2012) 学会賞受賞講演 昆虫類による環境評価と生息環境の保全に関する研究 第24回日本環境動物昆虫学会年次大会(名古屋大学).講演要旨:6p.

  215. 藤原厚作・江田慧子・中村寛志 (2012) 長野県伊那市ますみヶ丘におけるミヤマシジミの発生消長と成虫のマーキング調査 第24回日本環境動物昆虫学会年次大会(名古屋大学).講演要旨:16p.

  216. 中村寛志・梅谷雄太郎・江田慧子・尾﨑絵理 (2012) 温度-発育の非線形モデルを用いた昆虫の発生時期推定法-ミヤマシジミを例に-. 第24回日本環境動物昆虫学会年次大会(名古屋大学).講演要旨:26p.

  217. 中村寛志 (2012) チョウ類群集を使った環境評価手法の再検討 日本鱗翅学会東海支部第151回例会(名城大学).要旨集:3p.

  218. 羽生将昭・高橋耕一(2012):外来植物エゾノギシギシとその近縁在来種ノダイオウとの雑種形成.日本生態学会第59回大会,2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  219. 高橋耕一(2012):森林限界の形成機構:乗鞍岳における標高傾度にそった森林の構造と動態からの解析.日本生態学会第59回大会,2012年3月,龍谷大学(滋賀県大津市).

  220. 鈴木智之・井田秀行・小林元・高橋耕一・村岡裕由・Nam-Jin Noh・廣田充・清野達之・鈴木亮・田中健太・飯村康夫・角田智詞・丹羽慈・日浦勉(2015):Tea Bagを用いた分解活性指標:標高・土壌温暖化・リター量処理の影響.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).

  221. 平野雅晃・高橋耕一(2015):異なる標高に分布するアキノキリンソウ(広義)の表現型の違いは環境によるか?:共通圃場実験.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).

 

2013

  1. Abdul, MD B., Suga, H., Kageyama, K. (2013) Abundance and distribution of Phytopythium species in Japan. 日本菌学会大会, 2013年6月

  2. Abdul, Md B., Suga, H., Asano, T. And Kageyama, K. (2013) A new species of Phytopythium isolated from sludge in Aichi prefecture: its morphology and molecular phylogenetic position. 第5回岐阜大学流域水環境リーダー育成プログラム国際シンポジウム, 2013年11月

  3. Al Faruq, M.A. and Katoh, M. (2013): Remote seinsing techniques for lasnd use classification of Madhupur forest area in Bangladesh using QuickBird image. Asian Conference of Remote Sensing (ACRS2013), Oral Session H7, SC-04-Natural resources, Bali, Indonesia, 10/20-24.

  4. Al Faruq, M.A.・加藤正人(2013):Madhupurにおける熱帯落葉広葉樹の再生.第124回日本森林学会大会,A08,岩手大学.

  5. Alatannabuqi, Awaya, Y. (2013) Understory light levels in canopy gaps in an old growth beech forest. 日本森林学会第125回大会, 2013年3月, 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市).

  6. Apisit Thipaksorn, Ryuichiro Machida, Christine Nalepa, Donald Mullins, Kiyoto Maekawa (2013) Gnathal appendages development of a wood-feeding cockroach, Cryptocercus punctulatus Scudder (Insecta: Blattodea, Cryptocercida) using scanning electron microscopy. 第49回日本節足動物発生学会大会,筑波大学,2013年6月7-8日.

  7. Awaya, Y., Fukuda, N., Kawai, H., Takahashi, T. (2013) Mapping of Woody Biomass Growth in the Upstream Area of Daihachiga River Basin using LiDAR Data in 2005 and 2011. Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in the Asian Monitoring Network -The 20th Anniversary of the Takayama Site-, 2013年10月, 飛騨・世界生活文化センター (岐阜県高山市).

  8. Degawa, Y. (2014) Terrestrialization of fungi. Seminar at Bilogical Institute, Universiti Sains Malaysia. Mar. 14, 2014.

  9. Degawa, Y., (2013) Terrestrialization of Zygomycota. 中華民國真菌學會102年度年會専題演講, 國立自然科學博物館立體劇場地下室B1紅廳, Dec.7, 2013.

  10. Deng, S.Q. and Katoh, M. (2013): Interpretation of Forest Resource in Purple Mountain of Nanjing City, China Using WorldView2 Imagery by Individual Tree Crown (ITC) Method. Asian Conference of Remote Sensing (ACRS2013), Poster Session P-S02-039, Bali, Indonesia, 10/20-24.

  11. Deng, S.Q.・加藤正人・関 慶偉(2013):WorldView-2データを用いた南京紫金山森林資源の解析.第124回日本森林学会大会,岩手大学.

  12. HIROTA, M., T. NISHIMURA, Y. IIMURA and H. IDA, 2013 Evaluation of carbon dynamics in cool-temperate old-growth forest in relation to stand structure: present and future perspectives, pp.  in International Workshop "Monitoring of Forest Ecosystems: Where Do We Stand?", Tokyo.

  13. Hayakawa, Y., Imaizumi, F., Hotta, N., Tsunetaka, H.(2013) Temporal changes in erosion rates and patterns in Ichinosawa subwatershed of Ohya-kuzure landslide, central Japan, 日本地球惑星科学連合2013年度連合大会, HTT09-02,2013年5月,千葉市

  14. Hayakawa, Y.S., Imaizumi, F., Hotta, N., Tsunetaka, H. (2013) Time-series analysis on bed morphology affected by debris flows along a headwater steep channel in Ohya-kuzure landslide, central Japan. AGU Fall Meeting 2013 Abstract G33A-0981,2013年12月,San Francisco.

  15. Hayakawa, Y.S., Imaizumi, F., Hotta, N., Tsunetaka, H. (2013): Time-series analysis on bed morphology affected by debris flows along a headwater steep channel in Ohya-kuzure landslide, central Japan. American Geophysical Union 2013 Fall Meeting, G33A-0981, San Francisco.

  16. Hayakawa, Y. S., Imaizumi, F., Hotta, N., Tsunetaka, H. (2013) High-resolution morphological analysis of debris-flow affected channel bed in Ohya-kuzure landslide, central Japan, IGU 2013 Kyoto Regional Conference, JS106-2, 2013年8月,Kyoto

  17. Hayakawa, Y. S., Imaizumi, F., Hotta, N., Tsunetaka, H. (2013): High-resolution morphological analysis of debris-flow affected channel bed in Ohya-kuzure landslide, central Japan, IGU 2013 Kyoto Regional Conference, JS106-2, Kyoto

  18. Hirota, M., Nishimura, T., Iimura, Y. and Ida, H. (2013): Evaluation of carbon dynamics in cool-temperate old-growth forest in relation to stand structure: present and future perspectives. Paper presented at the International Workshop "Monitoring of Forest Ecosystems: Where Do We Stand?", Tokyo, 12.03.

  19. Ikemoto, T., Kunito, T., Hokura, A., Nakai, I., and Tanabe, S.(2013): Presence of mercury selenide in various tissues of marine mammals.  The 11th International Conference on Mercury as a Global Pollutant (ICMGP), July 28 - August 2, 2013, Edinburgh, UK.

  20. Imaizumi F., Nishii R., Ueno K., Kurobe K. (2013) Effect of forest harvesting on microclimate and sediment, American Geophysical Union 2014 Fall Meeting, H33A-1342,2013年12月,San Francisco.

  21. Imaizumi F., Nishii R., Ueno K., Kurobe K. (2013): Effect of forest harvesting on microclimate and sediment, American Geophysical Union 2013 Fall Meeting, H33A-1342, San Francisco

  22. Ishiguro, Y., Li, M., Otsubo, K., Suga, H., Kageyama, K. (2013) Development of real-time PCR assay for quantitative detection of Pythium helicoides. 5th International Phytophthora, Pythium, and Related Genera Workshop, 2013年8月

  23. Ishiguro, Y., Otsubo, K., Miyake, N., Nagai, H., Suga, H., Kageyama, K. (2013) Monitoring of Pythium aphanidermatum and P. helicoides causing root rot of poinsettia in ebb-and flow irrigation system using real-time PCR. 10th International Congress of Plant Pathology, 2013年8月

  24. Kageyama, K., Ishiguro, Y., Li, M., Otsubo, K., Suga, H. (2013) Development of real-time PCR assay for quantitative detection of high-temperature tolerant, filamentous-sporangium forming Pythium species, P. aphanidermatum and P. myriotylum. 5th International Phytophthora, Pythium, and Related Genera Workshop, 2013年8月

  25. Kageyama, K., Ishiguro, Y., Otsubo, K., Suzuki, H., Tsuji, T., Hashizume, F., Fujita, A., Suga, H. (2013) Monitoring of Pythium aphanidermatum and P. myriotylum causing root rot of tomato in hydroponic culture using real-time PCR. 10th International Congress of Plant Patholpgy, 2013年8月

  26. Kato, Y. and Tojo, K. (2013): Molecular phylogeographic analysis of cryptoperlan stoneflies, with special reference to the genetic differentiation within the species Cryptoperla kawasawai (Insecta: Plecoptera, Peltpperlidae). Proceedings of the First Symposium of the Benthological Society of Asia, Biology of Inland Waters, Supplement, (2), 51-60.

  27. Kenichi UENO, 2013: Winter rain on snow in Japanese Alps. Davos Atmosphere and Cryosphere Assembly DACA-13, July 8-12, Davos, Switzerland, 2013.

  28. Koda, K. (2013) Recovery of an endangered butterfly species, Shijimiaeoides divinus population at Azumino in Nagano Prefecture, Japan. The International Seminar 2013 of Endangered butterflies in Japan and Korea. August 5, 2013 Korea Forest Research Institute, Division of Forest Ecology, Department of Forest Conservation Seoul 130-712, Korea.

  29. Kuramoto, T., Kariyama, H., Suzuki, D., Sasaki, A., and Suzuki, K. (2013): Chemical dynamics of snowpack in the Japanese Alps region. American Geophysical Union 2013 Fall Meeting, C13A-0652.

  30. Kuribayashi, M., N.-J. Noh, T.M. Saitoh, I. Tamagawa, Y. Wakazuki, H. Muraoka (2013): Influence of land surface scheme in regional climate model on estimating snow water equivalent over mountainous landscape in central Japan. International Joint Conference of 11th AsiaFlux International Workshop, 3rd HESSS, and 14th Annual Meeting of KSAFM, Seoul, Korea, 21-24 August 2013.

  31. Ma, Q., Iimura, Y., Suchewaboripont, S., Yoshitake, S., Ohtsuka, T., Kato, S., Komiyama, A. (2013) Leaching of DOC from different cover in old-growth forest at Ohshirakawa. Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in the Asian Monitoring Network -The 20th Anniversary of the Takayama Site-, 2013年10月, 飛騨・世界生活文化センター(岐阜県高山市).

  32. Ma, W. and Yamanaka, T. (2013): Investigation of mean transit time and transit time distribution temporal variability by a tracer-aided tank model in Fuji catchment. International symposium on sediment disasters under the influence of climate change and tectonic activity (3rd), Kyoto, Japan, 26 September.

  33. Ma, W., Yamanaka, T., Wakiyama, Y. and Wang, P. (2013): Estimation of catchment transit time in Fuji River Basin by using an improved Tank model.2013 American Geophysical Union Fall meeting, San Francisco, USA, 13 December.

  34. Miyake, N., Kageyama, K. (2013) Effect of phosphite fertilizer on mycelial growth, sporangium formation and zoospore cyst germination of Phytophthora palmivora. 10th International Congress of Plant Patholpgy, 2013年8月

  35. Miyake, N., Kageyama, K. (2013) Two Pythium species associated with root rot of poinsettia caused by Pythium helicoides Drechsler and Pythium myriotylum Drechsler in Japan. 10th International Congress of Plant Patholpgy, 2013年8月

  36. Moro, H., Kunito, T., and Sato, S.(2013): Assessment of phosphorus bioavailability in cultivated Andisols from the long-term field experiment using chemical extractions and soil enzyme activities.  The 11th International Conference of the East and Southeast Asia Federation of Soil  Science Societies (ESAFS), October 21-24, 2013, Bogor, Indonesia.

  37. Muraoka H. (2013) "Satellite Ecology": Crossroad of plant ecology and climate change science. Synthesis workshop on the carbon budget and forest ecosystem in the Asian monitoring network -The 20th Anniversary of the Takayama site. , October 2013 (Takayama)

  38. Muraoka H., N.J. Noh, T.M. Saitoh, M. Kuribayashi, H.M. Noda, S. Nagai (2013) Open field warming experiments for canopy photosynthesis and soil carbon cycling in a cool-temperate deciduous forest in Takayama, Japan. JpGU (Tokyo), May 2013

  39. Muraoka H., S. Nagai, T.M. Saitoh, K.N. Nasahara (2013) Satellite ecology and phenological eyes network to link satellite remote sensing and in situ observation of forest canopy phenology, structure and functions under climate change. INTECOL, August 2013, (London)

  40. Nakamura, H. and K. Koda (2013) Increase of Endangered Butterflies in Japan from 1991 to 2012 The International Seminar 2013 of Endangered butterflies in Japan and Korea. August 5, 2013 Korea Forest Research Institute, Division of Forest Ecology, Department of Forest Conservation Seoul 130-712, Korea.

  41. Nishii R., Matsushi Y., Matsuzaki H. (2013): Terrestrial cosmogenic nuclides dating of a sackung on a cirque in the Japanese Alps, The 8th IAG International Conference on Geomorphology, Abstract Number 722, Paris.

  42. Nishii, R., Imaizumi, F., Ueno, K., Kurobe, K. (2013) Monitoring of sediment movement in an artificial forest, Japanese steep mountain, 8th IAG International Conference on Geomorphology,2013年8月,Paris

  43. Nishii, R., Imaizumi, F., Ueno, K., Kurobe, K. (2013): Monitoring of sediment movement in an artificial forest, Japanese steep mountain, 8th IAG International Conference on Geomorphology, Abstract Number 1393, Paris.

  44. Noh NJ., Kuribayashi M., Saitoh T.M., Nakamura M., Nakaji T., Hiura T. and Muraoka H. (2014) Do autotrophic and heterotrophic soil respirations respond to soil warming equally in cool-temperate forests? 第61回日本生態学会大会(広島,2014年3月)

  45. Noh, N.J., M. Kuribayashi, T.M. Saitoh, T. Inoue, H. Muraoka (2013) : Response of belowground carbon fluxes to experimental soil warming in a cool-temperate deciduous broad-leaved forest of Takayama. Proceeding of Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in the Asian Monitoring Network, Takayama, Japan, 24-26 Oct.

  46. Noh, N.J., M. Kuribayashi, T.M. Saitoh, T. Nakamura, T. Nakaji, T. Hiura, H. Muraoka (2013) : Effects of experimental soil warming on soil, autotrophic and hetertrophic respiration in cool-temperate deciduous broad-leaved forests AGU 2013 Fall Meeting, 9-13 Dec. (CA, U.S.A.)

  47. Noh, N.J., T. Inoue, M. Kuribayashi, T.M. Saitoh, T. Nakaji, T. Hiura, H. Muraoka (2013) : Effect of experimental soil warming on soil respiration in deciduous broad-leaved forests in Takayama and Tomakomai, Japan. Proceedings of the 60th Annual Meeting of the Ecological Society of Japan, Shizuoka, Japan, 5-9 Mar.

  48. Ohsawa, K., and Y. Degawa (2013) Gut living Kickxellales and its phylogeny. . 中華民國真菌學會102年度年會論文宣讀, 國立自然科學博物館立體劇場地下室B1紅廳, Dec.7, 2013.

  49. Ohtsuka, T., Suchewaboripont, V., Iimura, Y., Yoshitake, S. (2014)  Heterogeneity in soil respiration relating to soil temperature and moisture in a Beech-Oak old-growth forest on the slope of Mt Hakusan.第61回日本生態学会大会,2014年3月,広島国際会議場(広島県広島市).

  50. Rahman M. Z., Uematsu, S., Coffey, M.D. and Kageyama, K. (2013) Re-evaluation of Japanese Phytophthora isolates based on molecular phylogenetic analyses. 第5回岐阜大学流域水環境リーダー育成プログラム国際シンポジウム, 2013年11月

  51. Sasaki, A. and Suzuki, K. (2013): Snow Depth Measurement using GPS on Karasawa Cirque, Japanese Northern Alps. American Geophysical Union 2013 Fall Meeting, C41B-0636.

  52. Seto, K. and Y. Degawa (2013) A new genus in the Lobulomycetales (Chytridiomycota) from Japan. 中華民國真菌學會102年度年會論文宣讀, 國立自然科學博物館立體劇場地下室B1紅廳, Dec.7, 2013.

  53. Suchewaboripont, V., Iimura, Y., Ma, Q., Yoshitake, S., Ohtsuka, T. (2013) Heterogeneity of soil respiration in an old-growth beech-oak forest, central Japan. Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in the Asian Monitoring Network -The 20th Anniversary of the Takayama Site-, 2013年10月, 飛騨・世界生活文化センター(岐阜県高山市).

  54. Sumi, H., Kunito, T., Ishikawa, Y., Nagaoka, K., Toda, H., and Aikawa, Y.(2013): Effect of alkaline material addition on chemical forms of heavy metals in a contaminated paddy soil under flooded and non-flooded conditions.  The 11th International Conference of the East and Southeast Asia Federation of Soil Science Societies (ESAFS), October 21-24, 2013, Bogor, Indonesia.

  55. Suminokura, N., Tanami, K., Yoshitake, S., Tomotsune, M., Koizumi H. (2013) Non-destructive measurement of soil respiration in a grassland ecosystem using multi-micro chamber system. Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in the Asian Monitoring Network -The 20th Anniversary of the Takayama Site-, 2013年10月, 飛騨・世界生活文化センター(岐阜県高山市).

  56. Suzuki, K. (2013): Recent variation of snow as a water resource in the Japanese Alps. EGU General Assembly 2013, Vienna, Apr. 2013.

  57. Suzuki, K. and Sasaki, A. (2013): Measurement of snow depth distribution in the Kamikochi-Azusa river basin using an airborne laser scanning. AGU Fall Meeting, San Francisco, December 12, 2013.

  58. Suzuki, M., Yoshitake, S., Suminokura, N., Tanami, K., Tomotsune, M., Koizumi, H. (2013) Effects of experimental warming on soil microbes and nutrients in a cool temperate grassland. Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in the Asian Monitoring Network -The 20th Anniversary of the Takayama Site-, 2013年10月, 飛騨・世界生活文化センター(岐阜県高山市).

  59. T. Kenta & Y. Onda, Yoshichiko (2014) Cline in germination traits along 30-3000m altitude in Arabidopsis kamchatica. 61th Annual Meeting of Ecological Society of Japan, March 15, International Conference Center Hiroshima, Hiroshima

  60. T. Ogai & T. Kenta. (2014) Vegetation affect ground dwelling animal diversity differently depending on spatial and taxonomic scales. 61th Annual Meeting of Ecological Society of Japan, March 16, International Conference Center Hiroshima, Hiroshima

  61. Toda, H., Noritake, Y. and Kunito, T. (2013): Direct relationship between stream nitrate concentration and nitrogen leaching in forest areas in the central part of Japan, Conference program of International Symposium on Forest Soils. 109-110, (17-20 September, 2013, Shenyang, China).

  62. Tomotsune, M., Yoshitake, S., Koizumi, H. (2013) Non-destructive analysis of soil organic layer by compact MRI in cool-temperate forests. Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in the Asian Monitoring Network -The 20th Anniversary of the Takayama Site-, 2013年10月, 飛騨・世界生活文化センター(岐阜県高山市).

  63. Tomotsune, M., Yoshitake, S., Suzuki, Y., Koizumi, H. (2014) Inter-annual variations of biometric based net ecosystem production in two cool temperate forests; Quercus serrata and Pinus densiflora. 第61回日本生態学会大会,2014年3月,広島国際会議場(広島県広島市).

  64. Ueno K. (2013): Winter rain on snow in Japanese Alps. Davos Atmosphere and Cryosphere Assembly DACA-13, Davos, Switzerland.

  65. Wang, X., Nakatsubo, T., Sasaki, A., Yoshitake, S., Liang, N., Nakane, K. (2013) Effects of climate warming on soil respiration and microbial community in warm temperate evergreen broad-leaved forests in Japan. Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in the Asian Monitoring Network -The 20th Anniversary of the Takayama Site-, 2013年10月, 飛騨・世界生活文化センター(岐阜県高山市).

  66. Wang, X., Nakatsubo, T., Sasaki, A., Yoshitake, S., Liang, N., Nakane, K. (2014) Effects of climate warming on soil respiration and microbial community in warm temperate evergreen broad-leaved forests of Japan. 第61回日本生態学会大会,2014年3月,広島国際会議場(広島県広島市).

  67. Yamanaka, T. (2013) : Integrated use of isotopic tracers and numerical simulation for analyzing water source separation between coexisting plant species. 10th Applied Isotope Geochemistry Conference, September 2012, Budapest, Hungary.

  68. Yamanaka, T. (2013) : Root water uptake profiles for plants under competitive environment. The 12th Tunisian-Japanese Symposium on Society, Science & Technology, November 2012, Yasmine Hammamet, Tunisia.

  69. Yoshitake, S., Tabei, N., Mizuno, Y., Yoshida, H., Sekine, Y., Tatsumura, M., Koizumi, H. (2013) Soil microbial responses to three years of experimental warming in a cool temperate grassland in Takayama, Japan. Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in the Asian Monitoring Network -The 20th Anniversary of the Takayama Site-, 2013年10月, 飛騨・世界生活文化センター(岐阜県高山市).

  70. Young, A.B. and Takahashi, K. (2013): Forest structure and development at timberline in the Japanese Alps. CarbonEarth: Carbon Conference, February 2013, University Park, Pennsylvania, USA.

  71. Young, A.B. and Takahashi, K. (2013): Structural variation between an angiosperm timberline and gymnosperm subalpine dominated forest, Hida Mountains, Japan. IGU Kyoto Regional Conference, August 2013, Kyoto, Japan.

  72. Young, A.B., Takahashi, K. and Taylor, A.H. (2013): Structural variation between an angiosperm timberline and a gymnosperm subalpine dominated forest. American Association of Geographers, April 2013, Los Angeles, USA.

  73. Ziaur, M. R., Uematsu, S., Takeuchi, T., Shirai, K., Suga, H., Kageyama, K. (2013) A new Phytophthora species causing Phytophthora rot of rose and strawberry in Japan. 日本菌学会大会, 2013年6月

  74. 赤尾実紀子・佐野雅規・中塚 武・安江 恒(2013):南アルプスに生育するコメツガとトウヒの年輪内酸素同位体比が反映する気候要素.2013年度樹木年輪研究会発表要旨集,P5.

  75. 秋田寛己・北原 曜・小野 裕(2013):木製治山堰堤の耐用年数と将来の腐朽予測.中部森林学会第3回大会発表要旨集,25.

  76. 朝日克彦(2013):ネパール,エベレスト山域における小型氷河の末端後退.雪氷研究大会2013講演要旨集,269.

  77. 朝日克彦(2013):ネパール・ヒマラヤの氷河変動:水資源は枯渇するのか.北海道大学低温科学研究所 共同利用研究集会『氷河変動の地域性に関する地理的検討』.

  78. 朝日克彦(2013):ネパール東部の小型氷河の末端変動観測結果.北海道大学低温科学研究所 共同利用研究集会『氷河の流動および変動に関する研究集会』.

  79. 朝日克彦(2013):ヒマラヤの大規模地すべりと地表面露出年代法の諸問題.信州大学山岳科学総合研究所シンポジウム「日本アルプスの大規模地すべり:第四紀地形学・地質学の観点から」,発表要旨集,25-26.

  80. 朝日克彦(2013):今なぜ氷河変動をレビューするのか.寒冷地形談話会,お茶の水女子大,2月7日.

  81. 朝日克彦(2013):地球温暖化をめぐる「ヒマラヤの図式」.日本地理学会発表要旨集,83,122.

  82. 朝日克彦・鈴木啓助(2013):空中写真判読による中部山岳における越年性雪渓の分布特性.日本地球惑星科学連合2013年大会,ACG35-P04.

  83. 朝日克彦・鈴木啓助(2013):中部山岳における越年性雪渓の分布特性とその変動.2012年度山岳科学研究報告会,4-7.

  84. 朝日克彦・鈴木啓助(2013):中部山岳における越年性雪渓分布と近年の動態.雪氷研究大会2013講演要旨集,26.

  85. 阿辻雅言・北原 曜・小野 裕(2013):広葉樹天然林における崩壊防止力分布の検討.中部森林学会第3回大会発表要旨集,26.

  86. 新井谷梨鈴・伊藤富子・東城幸治(2013):日本列島の形成史と深く関わるカメノコヒメトビケラ類の分子系統地理学的研究.日本動物学会第84回大会予稿集,164.

  87. 粟屋善雄・永谷泉 (2013) Terra/MODIS データを利用した岐阜県の森林の開葉日のモニタリング. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 2013年5月, 幕張メッセ(千葉県千葉市).

  88. 粟屋善雄・河合洋人・高橋與明 (2013) 航空機LiDARデータを利用した森林の木部バイオマスの成長量推定-岐阜県大八賀川流域での事例-.日本森林学会第125回大会, 2013年3月, 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市)

  89. 粟屋善雄・河合洋人・福田夏子・高橋與明・秋山侃 (2013) 低密度LiDARデータによる森林の材積推定の不確実性-DTMの精度の影響-. システム農学会大会, 2013年5月, とりぎん文化会館 (鳥取県鳥取市)

  90. 粟屋善雄・高橋與明・福田夏子・河合洋人 (2013):低密度LiDARデータを用いた小流域レベルでの蓄積マッピング?岐阜県大八賀川の事例?.2013年3月,第124回日本森林学会大会,岩手大学(岩手県盛岡市).

  91. 安藤太織・上田昇平・山本剛史・坂本洋典・市野隆雄(2013):シワクシケアリ種内系統間の生態的分化.山岳科学総合研究所2012年度研究報告会要旨集,108.

  92. 安藤直貴,上野健一(2013):冬季本州内陸における多降水・多降雪の発現.日本気象学会,東京,2013年5月,予稿集,81pp.

  93. 安藤直貴、上野健一:冬季本州内陸における多降水・多降雪の発現、日本気象学会、東京、2013年5月、予稿集81pp.

  94. 飯村康夫、村山昌平、大塚俊之 (2013) 「冷温帯落葉広葉樹二次林(高山サイト)における土壌腐植酸と土壌CO2の質的関係」日本腐植物質学会第29回講演会 (佐賀)11月21日

  95. 飯村康夫・大塚俊之・曹广民・賀金生・廣田充・下野綾子・唐艶鴻 (2013):チベット高山草原における標高差に沿った土壌有機物の諸特性.第60回日本生態学会,静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  96. 飯村康夫・廣田 充・井田秀行・大塚俊之(2013):ブナ成熟林における成熟林エリアとギャップエリアの土壌炭素量および質の比較.地球惑星科学連合大会,千葉,幕張メッセ.

  97. 飯村康夫・廣田充・井田秀行・大塚俊之 (2013) ブナ成熟林における成熟林エリアとギャップエリアの土壌炭素量および質の比較 日本地球惑星科学連合2013年大会, 2013年5月, 幕張メッセ(千葉県千葉市).

  98. 井城依真・須藤 諭・吉野 博・村上周三・坊垣和明・松縄 堅・亀谷茂樹・高口洋人・半澤 久・奥宮正哉・浅野良晴・下田吉之・村川三郎・依田浩敏(2013):全国事務所建物の省エネルギー対策の実態(DECC平成21年度調査データによる分析).空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,161-164.

  99. 井城依真・須藤 諭・吉野 博・村上周三・坊垣和明・松縄 堅・亀谷茂樹・高口洋人・半澤 久・奥宮正哉・浅野良晴・下田吉之・村川三郎・依田浩敏(2013):非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その100:全国事務所建物の2011年度夏季節電対策の実態調査.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),1033-1034.

  100. 池田知也・原山 智(2013):白亜紀後期アダカイト質火成活動とマグマ混合−大雨見山層群の例−.2012年度山岳科学研究報告会,134-137.

  101. 生駒翔也・高村秀紀・浅野良晴(2013):工務店が施工する住宅の建設時に発生する副産物のゼロエミッション化に関する研究:その1.平成22年度から平成24年度に建設された住宅の調査結果と副産物の発生量予測.第31回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文要旨集,77-80.

  102. 生駒翔也・高村秀紀・浅野良晴(2013):住宅建設時に発生する副産物のゼロエミッション化に関する研究:(第4報)R邸の調査結果と10棟の住宅における端材率を用いた副産物の発生量予測.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,285-288.

  103. 生駒翔也・高村秀紀・浅野良晴・石井紀大・土屋健太(2013):住宅建設時に発生する副産物のゼロエミッション化に関する研究:その1.副産物の実態把握と発生量予測方法の検討.第8回日本LCA学会研究発表会,332-333.

  104. 生駒翔也・高村秀紀・浅野良晴・土屋健太(2013):住宅建設時に発生する副産物のゼロエミッション化に関する研究 その3:R邸の調査結果と10棟の住宅における調査結果を用いた副産物の発生量予測.日本建築学会北陸支部研究報告集,56,187-190.

  105. 生駒翔也・高村秀紀・浅野良晴・土屋健太(2013):住宅建設時に発生する副産物のゼロエミッション化に関する研究 その4:R邸の調査結果と10棟の住宅における調査結果を用いた副産物の発生量予測.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),997-998.

  106. 井坂友一・佐藤利幸(2013):ハバチ上科の種多様性.2013年3月,静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市)..

  107. 石井智大・原山 智(2013):埋積された古梓川流路における地下水系の存在.2012年度山岳科8-133学研究報告会,12.

  108. 石黒 泰・李 明珠・大坪佳代子・須賀晴久・景山幸二 (2013) 高温性Pythium属菌、P. aphanidermatum、P. helicoides、P. myriotylumのリアルタイムPCRによる定量検出. 日本植物病理学会, 2013年3月

  109. 井田秀行(2013):ブナ孤立林におけるブナ種子生産量の年変動と稔性第60回日本生態学会.静岡,グランシップ,3月7日.

  110. 井田秀行(2013):ブナ林の断片化がブナ種子生産量に及ぼす影響.山岳科学総合研究所2012年度研究成果発表会,信州大学理学部,松本,3月14日.

  111. 市野隆雄・楠目晴花・栗谷さと子(2013):サラシナショウマとウツボグサにおける標高傾度に沿った遺伝的・生態的多様性.山岳科学総合研究所研究報告会,信州大学,松本市,3月.

  112. 伊藤建夫・宇佐美紀人・中谷貴壽・上田昇平・宇佐美真一(2013):サハリンのチョウの分子系統地理(予報).昆虫DNA研究会講演要旨集.

  113. 伊藤陽晃,上野健一,中井専人(2013):冬季降水量データの補正が経年変化傾向に与える影響.日本気象学会,東京,2013年5月,予稿集405pp.

  114. 伊藤和輝・花里孝幸(2013):浮葉植物ヒシTrapa japonicaのアレロパシー物質及び魚カイロモン物質によるオオミジンコDaphnia magna仔虫の行動変化.日本陸水学会甲信越支部会第39回研究発表会.

  115. 井上 篤・原山 智(2013):上高地・新穂高温泉地域に存在する活断層.2012年度山岳科学研究報告会,125-127.

  116. 井上智晴・永井信・斎藤琢・村岡裕由・奈佐原顕郎・小泉博(2014)落葉広葉樹林における葉群フェノロジーの年々変化 -デジタルカメラ観測による樹種ごとの検出-,第61回日本生態学会,2014年3月,広島国際会議場(広島県広島市).

  117. 井上涼平・岡加奈子・山岸祐介・工藤佳世・安江 恒・半 智史・船田 良(2013):オオヤマレンゲの組織培養による植物体再生に関する研究.第63回日本木材学会大会講演要旨集,A28-P-AM16.

  118. 今泉文寿・伊藤 広・土屋 智・逢坂興宏(2013)砂礫堆積面における表面流出と砂礫の流動化,平成25年度砂防学会研究発表会概要集B280-281,2013年5月,静岡市

  119. 今泉文寿・西井稜子・上野健一・黒部皓生(2013)山岳域における森林伐採が微気象・土砂移動へ及ぼす影響,日本地球惑星科学連合2013年度連合大会,ACG35-P05,2013年5月,千葉市

  120. 今泉文寿・西井稜子・村上 亘・小川泰浩・宮前 崇・大丸裕武(2013/5)大規模崩壊地内部での地質構造が土砂生産量,地形へ及ぼす影響,日本地球惑星科学連合2013年度連合大会,HDS27-06,2013年5月,千葉市

  121. 上田昇平・松月哲哉・野沢泰斗・安藤太織・市野隆雄(2013):中部山岳におけるシワクシケアリの遺伝的分化と生態的分化の解析.日本蟻類研究会第56回大会,ウッドビレッジ伊奈ヶ湖,山梨,8月23日.

  122. 上田昇平・松月哲哉・野沢泰斗・栂井龍一・市野隆雄(2013):中部山岳におけるアリ類の遺伝的分化と生態的分化の解析.山岳科学総合研究所2012年度研究報告会要旨集,56.

  123. 上田昇平・長野祐介・小松 貴・片岡陽介・市岡孝朗・清水加耶・乾 陽子・市野隆雄(2013):アリ植物オオバギ属に共生するシリアゲアリ属のSSRジェノタイピング.第8回好蟻性生物勉強会,ウッドビレッジ伊奈ヶ湖,山梨,8月25日.

  124. 上田昇平・長野祐介・小松 貴・片岡陽介・市岡孝朗・清水加耶・乾 陽子・市野隆雄(2013):アリ植物オオバギ属に共生するシリアゲアリ属のマイクロサテライト解析.日本昆虫学会第73回大会,北海道大学,札幌市,9月.

  125. 上田智輝・高村秀紀・浅野良晴・櫻庭 瞳(2013):木造住宅に使用される越後スギのライフサイクルアセスメント調査 その1:4事例を対象とした製材1㎥製造時の材積量と炭素固定量の変動及び燃料消費量の把握.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),1001-1002.

  126. 上田智輝・高村秀紀・浅野良晴・櫻庭 瞳(2013):木造住宅に使用される越後スギのライフサイクルアセスメント調査 その2:4事例における製材1㎥製造時の材積量と炭素固定量の変動及び燃料消費量の把握.日本建築学会北陸支部研究報告集,56,183-186.

  127. 上田智輝・高村秀紀・浅野良晴・櫻庭 瞳(2013):木造住宅に使用される越後スギのライフサイクルアセスメント調査(第1報):4事例を対象とした製材1㎥製造時の材積量と炭素固定量の変動及び燃料消費量の把握.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,229-232.

  128. 浦川梨恵子, 大手信人, 柴田英昭, 渡辺恒大, 福澤加里部, 舘野隆之輔, 菱拓雄, 福島慶太郎, 稲垣善之, 平井敬三, 戸田浩人, 田中健太, 小柳信宏, 服部大地, 中田誠, 小田智基, 三枝伸子, 山尾幸夫, 中西麻美, 榎木勉, 鵜川信. 日本の森林土壌の窒素無機化速度―土壌の化学的特性―. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 千葉市幕張メッセ, 5月23日

  129. 卜部 輔・栗山学人・松本 良・公文富士夫(2013):MD179-3304,MD179-3312コアの全有機炭素含有率に基づく,第四紀後期の極東アジアにおける気候変動.日本地球惑星科学連合2013年大会,APE34-18,幕張メッセ.

  130. 江川 信・市野隆雄(2013):乗鞍・上高地地域におけるマルハナバチ類の垂直分布と訪花植物.山岳科学総合研究所研究報告会,信州大学,松本市,3月.

  131. 遠藤真太郎・市野隆雄(2013):アブラムシによる2種の共生アリへの化学擬態.日本応用動物昆虫学会第57回大会,日本大学湘南キャンパス,3月.

  132. 遠藤真太郎・市野隆雄(2013):アリによるアブラムシへの「目印」とアブラムシによるアリへの化学擬態.日本生態学会第60回大会,静岡県コンベンションアーツセンター,静岡,3月.

  133. 王 楠・加藤正人・山本進一・西村尚之・星野大介(2013):GeoEye-1衛星データ用いた赤沢ヒノキ老齢林バイオマス推定.第124回日本森林学会大会,P1-030.

  134. 大園享司・広瀬大・内田雅己・神田啓史(2013):高緯度北極の氷河後退域におけるSalix arcticaリターの化学的変化と菌類定着.第60回日本生態学会,2013年3月,静岡コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  135. 大塚俊之・Vilanee Suchewaboripont・飯村康夫・吉竹晋平 (2013):白山山麓大白川ブナ原生林の純一次生産量の推定.第60回日本生態学会,2013年3月,静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  136. 大塚俊之・Vilanee Suchewaboripont・飯村康夫・馬倩・吉竹晋平・小見山章 (2013) 白山山麓ブナ・ミズナラ原生林における炭素循環. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 2013年5月, 幕張メッセ(千葉県千葉市).

  137. 小粥隆弘, 平尾章, 田中健太. 2013. 異なる標高帯に生息するクロナガオサムシ亜属2種の遺伝的分化に山岳地形が与える影響. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 千葉市幕張メッセ, 5月22日

  138. 奥中大智・北原 曜・小野 裕(2013):引き抜き試験時における根の破断位置の推定.中部森林学会第3回大会発表要旨集,25.

  139. 尾崎絵理・江田慧子・中村寛志(2013):ミヤマシジミのメス成虫が休眠卵を産卵する条件.日本鱗翅学会第60回大会要旨集,P21.

  140. 尾崎絵理・江田慧子・中村寛志(2013):ミヤマシジミの休眠卵・非休眠卵の産み分けについて.日本鱗翅学会東海支部第154回例会.

  141. 尾﨑絵理・江田慧子・中村寛志(2013):ミヤマシジミが休眠卵を産卵する温度・日長条件.第24回信州昆虫学会年次大会,New Entomologist,62.

  142. 尾﨑絵理・江田慧子・中村寛志(2013):絶滅危惧種のチョウの飼育を成功させるためには?.山岳科学総合研究所2012年度研究成果発表会,信州大学理学部.

  143. 小野 裕・戸田堅一郎・小林文知・宮本奈穂子・北原 曜(2013):針葉樹人工林を主とする流域における間伐前後の流出特性の変化.中部森林学会第3回大会発表要旨集,27.

  144. 景山 幸二・石黒 泰・大坪 佳代子・鈴木 啓史・辻 朋子・橋爪 不二夫・藤田 絢香・須賀 晴久 (2013) リアルタイムPCRによるトマト養液栽培における養液中のPythium aphanidermatumおよびP. myriotylumのモニタリング. 日本植物病理学会, 2013年3月

  145. 笠原昌子・花里孝幸(2013):ワムシに対する仔魚の餌選択性.日本陸水学会甲信越支部会第39回研究発表会,清里,11月30日-12月1日.

  146. 加藤慎紹,山田俊郎,中鋪美香,李富生,大塚俊之,飯村康夫.(2013)山岳森林河川水 中の粒径別有機物濃度とその季節変化.平成25年度全国会議(水道研究発表会)講演 集,pp.108-109, 2013年10月23-25日,ビックパレットふくしま(福島県郡山市),発表 番号(3-4),口頭発表

  147. 加藤正人(2013):リモートセンシングによる山岳域のモニタリング.山岳科学総合研究所シンポジウム「山岳域の環境変動と生物の分布拡大」,信大理学部C棟大会議室,11月4日.

  148. 加藤正人(2013):リモセンによる高山帯多様性マッピング手法の開発.地球環境再生プログラム2012年度年次報告会,6.

  149. 加藤正人(2013):光学センサデータによる樹種別単木カウント法の木曽赤沢ヒノキ林への適用.第124回日本森林学会大会,テーマ別セッション「森林環境のモニタリングと持続可能な森林経営」,L08,岩手大学,3-25-28.

  150. 加藤雄登・東城幸治(2013):日本列島の形成史と深く関わる河川源流棲昆虫ノギカワゲラ類の分子系統地理.日本昆虫学会第73回大会要旨集,41.

  151. 亀山智美・門 雅莉・福島和夫・宮原裕一(2013):河口湖・山中湖における多環芳香族炭化水素の鉛直分布.第22回環境化学討論会,府中,7月31日-8月2日.

  152. 亀山智美・門 雅莉・福島和夫・宮原裕一(2013):日本内陸湖沼における多環芳香族炭化水素の堆積に及ぼす環境要因.日本陸水学会甲信越支部会第39回研究発表会,清里,11月30日-12月1日.

  153. 苅谷愛彦・原山 智・清水勇介・澤部孝一郎(2013):日本地理学会春期学術大会 発表要旨集,no.78.

  154. 河合小百合・原山 智(2013):上高地の過去12000年間の地形・植生変遷.2012年度山岳科学研究報告会,124,30-34.

  155. 河合洋人・粟屋善雄 (2013) 岐阜県におけるタケ類テングス病の発症状況. 竹林景観ネットワーク第13回研究集会, 2013年12月, 姫路市科学館(兵庫県姫路市).

  156. 河合洋人・粟屋善雄・秋山侃・西條好廸 (2013) 竹林の拡大特性を表す簡易的な指標の検討. 日本森林学会第125回大会, 2013年3月, 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市)

  157. 河島克久・伊豫部勉・松元高峰・佐藤亮太・鈴木啓助・上石 勲・飯田 肇(2013):気温・日射量を指標とした融雪強度モデルの山岳地への適用化に関する研究(1)-地点によるモデル係数の相違-.雪氷研究大会,北見工業大学.

  158. 木越智彦・公文富士夫・河合小百合(2013):花粉組成のモダンアナログ法に基づく中部山岳地域における最終氷期-間氷期の気候変動の解析.日本地球惑星科学連合2013年大会,ACG35-10,幕張メッセ.

  159. 北原 曜(2013):サトキマダラヒカゲとヤマキマダラヒカゲの交雑結果.第60回日本鱗翅学会大会.

  160. 木下悠史・宮原裕一(2013):諏訪地域における地下水の水質と資源量の推定.2012年度山岳科学研究報告会,信州大学理学部,3月14日.

  161. 木下悠史・宮原裕一(2013):長野県諏訪地域における地下水の水質と資源量の推定.日本陸水学会甲信越支部会第39回研究発表会,清里,11月30日-12月1日.

  162. 木下悠史・宮原裕一・浅井和由(2013):長野県諏訪地域における地下水の水質と資源量の推定.第22回環境化学討論会,府中,7月31日-8月2日.

  163. 木村克己・今泉文寿・西井稜子・大八木規夫・井口 隆・池田 宏(2013):大井川上流域の「赤崩」の付加体地質学.日本地質学会学術大会講演要旨,R20-O-10,仙台市

  164. 木村克己・今泉文寿・西井稜子・大八木規夫・井口 隆・池田 宏(2013)大井川上流域の「赤崩」の付加体地質学,日本地質学会学術大会講演要旨,R20-O-10,2013年9月,仙台市

  165. 木村富士男, 若月泰孝(2013):陸域環境におけるメソ気象研究.シンポジウム「陸域環境研究の現在と未来」,筑波大学総合研究棟A,2013年3月16日.

  166. 楠目晴花・市野隆雄(2013):サラシナショウマの種内3型の遺伝的分化と交雑.日本生態学会第60回全国大会,静岡県コンベンションアーツセンター,静岡,3月.

  167. 公文富士夫(2013):何が氷期の気候変動をコントロールするのか?.陸水学会甲信越支部会報,no.39,68-69 (P-13),清里キープ協会.

  168. 公文富士夫・卜部 輔・栗山学人・松本 良(2013):上越沖堆積物コア(MD179-3296, 3304, 3312)の含水率・有機炭素量変動と第四紀後期における日本海の古環境変動.日本地球惑星科学連合2013年大会,MIS26-2,幕張メッセ.

  169. 倉元隆之(2013):積雪中の化学物質動態.第4回積雪モデルに関するワークショップ:積雪中の物質移動のモデル化にむけた研究.講演Abstract集,7-8.

  170. 倉元隆之・佐々木明彦・鈴木啓助(2013):上高地・明神地域における湧水の水質特性.日本地球惑星科学連合2013年度連合大会,ACG35-P02.

  171. 倉元隆之・狩山裕昭・鈴木大地・佐々木明彦・鈴木啓助(2013):中部山岳地域の高標高域における積雪中の化学物質動態.雪氷研究大会,北見,P1-46,.

  172. 倉元隆之・狩山裕昭・鈴木大地・佐々木明彦・鈴木啓助(2013):北アルプス西穂高岳における積雪中の化学物質動態.2013年度雪氷学会北信越支部研究発表会,講演要旨集,38.

  173. 倉元隆之・鈴木大地・佐々木明彦・鈴木啓助(2013):中部山岳地域の降雪に含まれる化学成分濃度の空間分布.日本地球惑星科学連合2013年度連合大会,ACC32-01.

  174. 栗林正俊, N.-J. Noh, 斎藤琢, 若月泰孝, 玉川一郎, 村岡裕由 (2013): 地域気象モデルWRFの異なる陸面過程を用いた中部山岳域における積雪水量の評価. 日本気象学会2013年度秋季大会, 2013年11月19日-21日(宮城県仙台市)

  175. 栗林正俊, N.-J. Noh, 斎藤琢, 若月泰孝, 玉川一郎, 村岡裕由 (2013): 地域気象モデルWRFの陸面過程の違いが中部山岳域における積雪深の再現性にもたらす影響. 日本地球惑星科学連合2013年大会, 2013年5月19-24日,幕張メッセ(千葉県千葉市)

  176. 栗林正俊・魯南賑・斎藤琢・伊藤昭彦・若月泰孝・村岡裕由(2014)中部山岳域における森林生態系の炭素収支の気候変動影響予測。第61回日本生態学会大会(広島,2014年3月)

  177. 黒木知世・赤司泰義・住吉大輔・依田浩敏・高 偉俊・葛 隆生・前田昌一郎・村上周三・坊垣和明・松縄 堅・亀谷茂樹・高口洋人・半澤 久・吉野 博・浅野良晴・奥宮正哉・下田吉之・村川三郎(2013):非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その106:大学・研究機関のエネルギー消費の特性について.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),1045-1046.

  178. 黒部皓生,上野健一,今泉文寿,西井稜子(2013):冬季山岳域での森林伐採に伴う微気象変化と表層土壌への影響.地球環境再生プログラム,2013年度年次報告会,菅平,2013年11月21-23日,予稿集35pp.

  179. 桑山明希・安江 恒・織部雄一朗(2013):カラマツ樹幹の局所的冷却処理による活動停止時期の形成層活動への影響.第63回日本木材学会大会講演要旨集(CD-ROM),A28-P-AM13.

  180. 桑山明希・織部雄一朗・安江 恒(2013):カラマツ樹幹の局所冷却による早晩材移行期の形成層活動への影響.2013年度樹木年輪研究会発表要旨集,T6.

  181. 江田慧子(2013):希少種のチョウが外来植物を寄主として分布を拡大する(かもしれない)!.日本昆虫学会第73回大会小集会講演要旨,95p.

  182. 江田慧子・井原道夫・森谷浩之・桐生雄介・辻井美徳・中村寛志(2013):長野県南部におけるクロコノマチョウの分布拡大について.日本地球惑星連合2013年大会,幕張メッセ.

  183. 江田慧子・熊澤真優・桐生雄介・辻井美徳・森谷浩之・中村寛志・井原道夫(2013):長野県におけるクロコノマチョウの分布拡大と温暖化の関係について.第25回日本環境動物昆虫学会年次大会講演要旨,38p.

  184. 江田慧子・熊澤真優・中村寛志(2013):クロコノマチョウ幼虫の集合性について.第25回日本環境動物昆虫学会年次大会講演要旨,6p.

  185. 江田慧子・熊澤真優・尾崎絵理・辻井美徳・桐生雄介・中村寛志(2013):長野県におけるクロコノマチョウの分布拡大に関する研究.日本鱗翅学会第60回大会要旨集,P22.

  186. 江田慧子・中村寛志(2013):絶滅危惧種チャマダラセセリに関する生態学的研究.日本昆虫学会第73回大会講演要旨,76.

  187. 江田慧子・辻井美徳・中村寛志(2013):クロコノマチョウにおける発育と生存に及ぼす温度の影響と化性シミュレーション.山岳科学総合研究所2012年度研究成果発表会,信州大学理学部.

  188. 輿恵里香・土本俊和・井田秀行(2013):豪雪地帯における民家と自然環境の関係性:長野県北安曇郡小谷村伊折にたつ民家を対象として.日本建築学会北陸支部研究報告集,56,434-437.

  189. 小谷一央・井田秀行(2013):長野県小谷村の伝統的カヤ場において火入れがカヤの品質に与える効果.平成25年度日本生態学会中部地区大会,富山大学,11月30日.

  190. 後藤誠二朗、粟屋善雄 (2013) 林分情報の精度向上に向けた森林簿と衛星データによる森林分類図の比較. 日本森林学会第125回大会, 2013年3月, 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市)

  191. 後藤誠二朗・粟屋善雄 (2013) 衛星画像を用いた森林植生タイプ分類の分類精度に影響を及ぼす要因の検討. システム農学会大会, 2013年11月, 岩手大学農学部 (岩手県盛岡市)

  192. .

  193. 小林 元・高瀬雅生・清野達之・高橋耕一(2013):異なる温度環境で生育させた常緑性と落葉性のブナ科実生6種の初期成長と光合成.第60回日本生態学会講演要旨集,P263.

  194. 小林日香留・加藤正人・戸田堅一郎(2013):高解像度航空写真を用いた岡谷市の森林構成把握.地球環境再生プログラム2013年度年次報告会,63.

  195. 小林竜大・加藤正人(2013):航空写真からのTemplate matching法とLocal maximum filteringを用いた樹頂点の抽出と精度検証.第124回日本森林学会大会,岩手大学.

  196. 小松 貴・上田昇平・市野隆雄(2013):東南アジア産アリ植物上に見られる寄生昆虫相の地域差.日本応用動物昆虫学会第57回大会,日本大学湘南キャンパス,3月.

  197. 小村井亮平・市野隆雄(2013):クロヤマアリの体表面炭化水素の異なる種内4タイプ間における遺伝的差異の検証.山岳科学総合研究所研究報告会,信州大学,松本市,3月.

  198. 近藤大将・加藤正人・小熊宏之(2013):長野県南箕輪村大芝の森におけるラジコンヘリコプターを用いた間伐木の選定に関する研究.第124回日本森林学会大会,岩手大学.

  199. 近藤大将・加藤正人・小熊宏之(2013):伐採率調査へのラジコンヘリコプターの応用.地球環境再生プログラム2013年度年次報告会,62p.

  200. 近藤隆太・浅野良晴・高村秀紀(2013):寒冷地における戸建住宅のエネルギー消費量に関する研究:長野県及び山梨県の節電実態調査.日本建築学会北陸支部研究報告集,56,215-218.

  201. 近藤隆太・浅野良晴・高村秀紀(2013):寒冷地の戸建住宅におけるエネルギー消費量に関する研究 第1報:長野県と山梨県における節電実態調査と比較.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,137-140.

  202. 近藤隆太・浅野良晴・高村秀紀(2013):寒冷地の戸建住宅におけるエネルギー消費量に関する研究:その1 長野県及び山梨県における節電実態調査.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),665-666.

  203. 近藤隆太・浅野良晴・高村秀紀(2013):寒冷地の戸建住宅におけるエネルギー消費量に関する研究:甲信地方の節電実態調査.第31回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文要旨集,85-88.

  204. 斎藤琢(2013)群落スケールの生態系呼吸 -炭素循環および熱循環の視点から-, 日本植物学会第77回大会,2013年9月,北海道大学(北海道札幌市)

  205. 斎藤梨絵・関根一希・東城幸治(2013):千曲川中流域における自然再生事業により新規創生された瀬ハビタットにおける底生動物の新規定着と遺伝的多様性の変遷.応用生態工学会第17回研究発表会講演集,225.

  206. 坂本遼太朗・山本隆晴・高口洋人・半澤 久・吉野 博・亀谷茂樹・奥宮 正・浅野良晴・下田吉之・村川三郎・依田浩敏・坊垣和明・村上周三・松縄 堅(2013):官公庁建築物における2011年度夏季節電実態緊急調査を基にした大口需要家と小口需要家の節電実態.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,165-168.

  207. 坂本遼太朗・山本隆晴・竹川 慶・高口洋人・半澤 久・吉野 博・亀谷茂樹・奥宮正哉・浅野良晴・下田吉之・村川三郎・依田浩敏・坊垣和明・松縄 堅・村上周三(2013):非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その103:2011年夏季節電実態緊急調査に基づく官公庁建築物における節電実態.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),1039-1040.

  208. 櫻庭 瞳・高村秀紀・浅野良晴・井戸結貴・渡辺公太(2013):新潟県産木材のライフサイクルアセスメント調査 その1:木造住宅に使用される越後スギのカーボンバランス.第8回日本LCA学会研究発表会,66-67.

  209. 櫻庭 瞳・高村秀紀・浅野良晴・上田智輝(2013):木造住宅に使用される越後スギのライフサイクルアセスメント調査 その2:4事例における製材1㎥製造時のCO2排出量とカーボンバランスの算出.日本建築学会北陸支部研究報告集,56,195-198.

  210. 櫻庭 瞳・高村秀紀・浅野良晴・上田智輝(2013):木造住宅に使用される越後スギのライフサイクルアセスメント調査 その2:4事例を対象とした製材1㎥製造時のCO2排出量及びカーボンバランスの算出.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),1003-1004.

  211. 櫻庭 瞳・高村秀紀・浅野良晴・上田智輝(2013):木造住宅に使用される越後スギのライフサイクルアセスメント調査:(第2報)4事例を対象とした製材1㎥製造時のCO2排出量とカーボンバランスの算出.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,233-236.

  212. 佐々木駿・市栄智明・安江 恒(2013):北海道と四国に生育するスギの年輪幅および年輪内密度値の気候応答.2013年度樹木年輪研究会発表要旨集,P8.

  213. 佐々木伸浩・鈴木良祐・早川敏広・景山幸二 (2013) 夏期にクリーピングベントグラスから分離された新種Pythium属菌. 日本植物病理学会, 2013年3月

  214. 佐々木伸浩・鈴木良祐・早川敏広・景山幸二(2013) 温暖・高温期のクリーピングベントグラスに発生するPythium属菌による病害について. 日本芝草学会大会, 2013年6月

  215. 佐々木明彦・苅谷愛彦・池田 敦・鈴木啓助(2013):白馬岳高山帯の山火事跡地における地表環境の変化.2013年度日本地球惑星科学連合大会,ACG35-09.

  216. 佐々木明彦・朝日克彦・鈴木啓助(2013):GPS測量にもとづく涸沢圏谷の積雪深分布.雪氷北信越,41.

  217. 佐々木明彦・朝日克彦・鈴木啓助(2013):北アルプス涸沢圏谷におけるGPSを用いた積雪深観測.2012年度山岳科学研究報告会,150-151.

  218. 佐々木明彦・朝日克彦・鈴木啓助(2013):北アルプス涸沢圏谷におけるGPSを用いた積雪深観測.雪氷北信越,日本地球惑星科学連合2013年大会,ACG35-P03.

  219. 佐々木明彦・鈴木啓助(2013):北アルプス涸沢圏谷におけるGPSを用いた積雪深の観測.雪氷研究大会(2013・北見),P1-60.

  220. 佐藤利幸・田中崇行・松浦亮介(2013):中部リニア新幹線計画帯のシダ植物多様性の過去30年間の変遷.第60回日本生態学会.2013年3月,静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  221. 佐藤和也・花里孝幸(2013):魚のカイロモン影響によるDaphnia magnaの毒耐性の変化.日本陸水学会甲信越支部会第39回研究発表会,清里,11月30日-12月1日.

  222. 澤原勇貴・土屋 智・逢坂興宏・今泉文寿(2013)胸高直径を用いたヒノキの水平根分布の推定,平成25年度砂防学会研究発表会概要集B392-393,2013年5月,静岡市

  223. 清水 将太・町田 龍一郎 (2013) ハサミムシ目の比較発生学的研究−ハサミムシ目のグラウンドプランの再構築−. 第49回日本節足動物発生学会大会,筑波大学,2013年6月7-8日.

  224. 下野綾子(2013)更新世におけるキンロバイの繰り返された移入
    -日本とチベット高原の集団の分子系統学的比較から, 日本地球惑星科学連合2013年大会,2013年5月, 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市).

  225. 下野綾子・小熊宏之・米康充(2013) 過去の写真で探る高山植生の変化. 日本生態学会第 60 回大会, 2013年3月, 静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市)

  226. 諸 人誌・國頭 恭・佐藤 強(2013):酵素活性法を用いた畑土壌のリン利用性の評価.日本土壌微生物学会2013年度大会講演要旨集,17.

  227. 諸 人誌・國頭 恭・佐藤 強(2013):黒ボク土におけるリン利用性評価法の検討—化学的抽出法と酵素活性法によるアプローチ—.日本土壌肥料学会2013年度名古屋大会講演要旨集,114.

  228. 須賀晴久・スコット暁子・小林弘典・景山幸二・清水将文・百町満朗 (2014) 遺伝子導入によるFusarium fujikuroi G 系統株のフモニシン産生能の回復. 第74回日本マイコトキシン学会学術講演会, 2014年1月

  229. 須賀晴久・船坂美佳・深澤恵海・荒井満大・清水将文・景山幸二・百町満朗 (2013) Fusarium fujikuroiに見出されるイネばか苗病を起こさない系統. 日本植物病理学会, 2013年3月

  230. 菅井 亮・高村秀紀・浅野良晴(2013):寒冷地におけるLPガスを燃料とした家庭用燃料電池コージェネレーションシステムと太陽光発電システムを組み合わせたシステムの年間を通した性能評価に関する研究.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,193-196.

  231. 菅井 亮・高村秀紀・浅野良晴(2013):寒冷地におけるLPガスを燃料とした家庭用燃料電池コージェネレーションシステムと太陽光発電システムを組み合わせたシステムの年間を通した性能評価に関する研究.第31回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文要旨集,345-348.

  232. 菅井 亮・高村秀紀・浅野良晴(2013):寒冷地におけるLPガスを燃料とした家庭用燃料電池コージェネレーションシステムと太陽光発電システムを組み合わせたシステムの年間を通した性能評価に関する研究.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅱ),1079-1080.

  233. 菅井 亮・高村秀紀・浅野良晴(2013):寒冷地におけるLPガスを燃料とした家庭用燃料電池コージェネレーションシステムと太陽光発電システムを組み合わせたシステムの年間を通した性能評価に関する研究.日本建築学会北陸支部研究報告集,56,223-226.

  234. 鈴木智恵子, 若月泰孝, 飯塚潤平, 木村富士男(2013):中部山岳域における積雪の再現実験と衛星画像データとの比較.日本地球惑星科学連合2013年大会,幕張メッセ,2013年5月22日.

  235. 鈴木めぐみ・加藤正人(2013):2つの衛星画像データを用いた千葉県富津市の土地被覆の解析.地球環境再生プログラム2013年度年次報告会,64.

  236. 鈴木啓助(2013):わが国における高標高地域での積雪観測の重要性.北極気候システムにおける積雪の役割に関する研究集会,国立極地研究所.

  237. 鈴木啓助・佐々木明彦(2013):航空レーザー測量による上高地梓川流域における積雪深分布.雪氷研究大会,北見工業大学.

  238. 鈴木啓助・佐々木明彦(2013):航空レーザー測量による上高地梓川流域における積雪深分布.陸水物理研究会,京都大学.

  239. 鈴木啓助・佐々木明彦(2013):航空レーザー測量による上高地梓川流域の積雪深分布.2013年度日本地球惑星科学連合大会,ACC32-P02.

  240. 鈴木啓助・佐々木明彦(2013):航空レーザー測量による上高地梓川流域の積雪深分布.山岳科学研究報告会,信州大学.

  241. 鈴木啓助・佐々木明彦(2013):上高地梓川流域における積雪分布の不均一性.新潟大学災害・復興科学研究所第3回災害環境科学セミナー.

  242. 鈴木浩之・山岡裕一・出川洋介・広瀬大 (2013) 筑波大学菅平高原実験センターにおけるアカマツ針葉上のColeosporium属菌の種構成と分布. 第57回日本菌学会年次大会一般講演, 東京農業大学, 2013年6月8日.

  243. 鈴木真祐子・吉竹晋平・墨野倉伸彦・田波健太・友常満利・小泉博(2014)冷温帯シバ草原における温暖化が土壌微生物及び窒素動態に与える影響.第61回日本生態学会大会,2014年3月,広島国際会議場(広島県広島市).

  244. 鈴木大地・狩山裕昭・倉元隆之・佐々木明彦・鈴木啓助(2013):乗鞍高原における積雪層中の化学物質の動態.日本地球惑星科学連合2013年度連合大会,ACG35-P01.

  245. 鈴木大地・狩山裕昭・倉元隆之・佐々木明彦・鈴木啓助(2013):中部山岳地域における積雪層中の主要イオン濃度と融雪期におけるその変化.2013年度雪氷学会北信越支部研究発表会,講演要旨集,37.

  246. 鈴木智也・北野 忠・東城幸治(2013):コオイムシ類2種における系統地理学的研究.日本昆虫学会第73回大会要旨集,41.

  247. 鈴木智也・鈴木信夫・町田龍一郎・東城幸治(2013):山岳棲昆虫スカシシリアゲモドキにおける形態的多型獲得の進化プロセス.日本動物学会第84回大会予稿集,164.

  248. 鈴木亮・鈴木智之・細矢剛・齊藤由紀子・保坂健太郎・出川洋介 (2013):ススキに発生した2種の病理菌類の空間動態: UstilagoとNaemacyclus. 第60 回日本生態学会, 2013年3月、静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  249. 墨 泰孝・國頭 恭・石川祐一・長岡一成・戸田任重・相川良雄(2013):湛水・非湛水処理とアルカリ資材添加が土壌中重金属形態へ与える影響.日本土壌肥料学会2013年度名古屋大会講演要旨集,165.

  250. 墨 泰孝・國頭 恭・石川祐一・長岡一成・戸田任重・相川良雄(2013):湛水状態と非湛水状態でアルカリ資材添加が土壌中重金属形態に与える影響.第22回環境化学討論会講演要旨集,484-485.

  251. 関谷 薫・Robert T. Allen・町田 龍一郎  (2013) 長野県のコムシ目相. 第34回菅平動物学セミナー,2013年12月7‐8日.

  252. 関谷 薫・町田 龍一郎 (2013) コムシ目の内顎口形成−ナガコムシ亜目の内顎口形成の再検証−. 第49回日本節足動物発生学会大会,筑波大学,2013年6月7-8日.

  253. 関根一希・東城幸治(2013):地理的単為生殖昆虫オオシロカゲロウに近縁な両性生殖種アカツキシロカゲロウの潜在的単為生殖能力.日本動物学会第84回大会予稿集,195.

  254. 関根一希・東城幸治(2013):福島県・阿武隈川における地理的単為生殖昆虫オオシロカゲロウの単為生殖系統と両性生殖系統の流程分布.日本昆虫学会第73回大会要旨集,40.

  255. 瀬戸健介・出川洋介(2013) 菅平高原より分離されたロブロミセス目(ツボカビ門)の未記載種1種について. 第57回日本菌学会年次大会一般講演, 東京農業大学, 2013年6月9日.

  256. 高口洋人・亀谷茂樹・半澤 久・吉野 博・浅野良晴・奥宮正哉・下田吉之・村川三郎・依田浩敏・坊垣和明・松縄 堅・村上周三(2013):非住宅(民生業務部門)建築物のエネルギー消費量データベース構築に関する研究(第7報):2013年度版DECC公開用データベース概要.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,157-160.

  257. 高橋耕一(2013):第6回日本生態学会大島賞 受賞記念講演 樹木の成長と分布に対する温暖化の影響評価 -中部山岳における取り組み-.日本生態学会第60回大会,静岡.

  258. 高橋耕一・奥原 勲(2013):亜高山帯3樹種の幹の肥大成長に対する温暖化の影響評価.日本生態学会第60回大会,静岡.

  259. 高橋與明・粟屋善雄・田中真哉 (2014) 航空機LiDARによる針葉樹林の平均樹高成長モニタリングの可用性. 日本森林学会第125回大会, 2013年3月, 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市).

  260. 高村秀紀・浅野良晴(2013):住宅建設時の環境負荷原単位に関する研究 その12:2階建を有する3階建木造住宅の資材重量と副産物重量の実態調査.日本建築学会北陸支部研究報告集,56,155-158.

  261. 高村秀紀・浅野良晴(2013):住宅建設時の環境負荷原単位に関する研究:その11.2階建を有する3階建木造住宅の搬入資材と搬出資材の実態調査.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),999-1000.

  262. 高村秀紀・浅野良晴(2013):中部山岳域における木質材料に関する流通と炭素循環.地球惑星連合2013年度大会.

  263. 高村秀紀・浅野良晴(2013):長野県内の複数住宅における電力消費量と発電量の実態.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,253-256.

  264. 高村秀紀・浅野良晴(2013):木造住宅建設時の環境負荷に関する研究その3:3階建木造住宅と2階建木造住宅と高床式住宅の搬入資材と搬出資材の重量比較.第8回日本LCA学会研究発表会,68-69.

  265. 高村秀紀・浅野良晴・菅井 亮(2013):長野県内の複数住宅における電力消費量と発電量の実態.第31回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文要旨集,89-92.

  266. 滝沢侑子・山本洸樹・公文富士夫(2013):日本海,隠岐堆コア(MD01-2407)コアの有機炭素含有率変動を用いた過去30万年間の古気候解析.日本地球惑星科学連合2013年大会,幕張メッセ,APE34-17.

  267. 竹中將起・東城幸治(2013):日本固有科・ガガンボカゲロウ科の分子系統地理学的研究.日本昆虫学会第73回大会要旨集,40.

  268. 田中健太 (2013) 標高による遺伝的分化の特性を考える.第60 回日本生態学会シンポジウム「標高傾度の中にある、隠れた遺伝的多様性」,2013年3月,静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  269. 田中健太ら (2013) 山岳森林限界の植生移行帯における温暖化実験:二年間の植生への影響.日本地球惑星科学連合2013年大会,2013年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  270. 田中崇行・佐藤利幸(2013)標高傾度に応じたシダ植物の生活史特性.2013年3月,静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  271. 田辺賛平・北原 曜・小野 裕(2013):山地森林地帯における土壌凍結深の分布.中部森林学会第3回大会発表要旨集,22.

  272. 玉川一郎,杢野誠也(2013)JALPSデータを用いた中部山岳域での解析雨量と雨量計との比較,水文・水資源学会2013年度研究発表会要旨集,P3

  273. 千葉満輝・渡邉浩文・吉野 博・村上周三・坊垣和明・松縄 堅・亀谷茂樹・高口洋人・半澤 久・奥宮正哉・浅野良晴・下田 吉・村川三郎・依田浩敏(2013):非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その101:全国文化施設の劇場・ホールにおける負荷原単位の分析(H21年度調査).日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),1035-1036.

  274. 沈 昱東・市栄智明・安江 恒(2013):四国と北海道に生育するブナの年輪幅の気候応答.2013年度樹木年輪研究会発表要旨集,T3.

  275. 辻朋子・橋爪不二夫・藤田絢香・鈴木啓史・黒田克利・景山幸二 (2013) 養液栽培トマトにおける高温性Pythium属菌の感染と発病におよぼす水温の影響. 日本植物病理学会, 2013年3月

  276. 辻井謙志・古屋 諒・尾﨑絵理・江田慧子・中村寛志(2013):西駒演習林におけるシデムシ群集の垂直分布と季節変動.山岳科学総合研究所2012年度研究成果発表会,信州大学理学部.

  277. 土屋健太・浅野良晴・高村秀紀(2013):在来工法木造住宅の炭素固定効果に関する研究.第8回日本LCA学会研究発表会,72-73.

  278. 土屋健太・浅野良晴・高村秀紀(2013):長野県内木造住宅の新築時及び解体時における木材資源循環量に関する研究.第31回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文要旨集,81-84.

  279. 經隆 悠・堀田紀文・今泉文寿・早川裕弌・伊藤 広・土屋 智(2013)大規模崩壊地における土石流の流下と微地形条件の相互作用,平成25年度砂防学会研究発表会概要集,B112-113,2013年5月,静岡市

  280. 角田健一・浅野良晴・高村秀紀(2013):長野県における未利用林地残材のバイオマスエネルギー利用に関する基礎調査 その2:林地・土場における丸太の含水率変化の比較.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,169-172.

  281. 角田健一・浅野良晴・高村秀紀(2013):長野県における未利用林地残材のバイオマスエネルギー利用に関する基礎調査 その2:林地・土場における丸太の含水率変化の比較.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),721-722.

  282. 角田健一・浅野良晴・高村秀紀(2013):長野県における未利用林地残材のバイオマスエネルギー利用に関する基礎調査 その2:林地・土場における丸太の含水率変化の比較.日本建築学会北陸支部研究報告集,56,191-194.

  283. 出川洋介 (2013) カマドウマ科昆虫の腸管内にトリコミケス様ステージをもつキクセラ目の一新属. 第57回日本菌学会年次大会一般講演, 東京農業大学, 2013年6月9日.

  284. 寺島太明・浅野良晴(2013):長野市の戸建住宅における生活行動と電力需要量の変動に関する研究.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅱ),1407-1408.

  285. 東城幸治(2013):標高傾度にそった水生昆虫類の流程分布と遺伝的特性.シンポジウム「標高傾度にそった水生昆虫類の流程分布と遺伝的特性」,日本生態学会第60回全国大会要旨集,S10-3.

  286. 陶山舞・稲葉重樹・出川洋介 (2013) 昆虫糞より分離されたBasidiobolus属の未記載種. 第57回日本菌学会年次大会一般講演, 東京農業大学, 2013年6月9日.

  287. 戸田任重・浅井和由・宮原裕一(2013):年代解析を併用した地下水の硝酸塩汚染の解析(2).日本陸水学会第78回大会,大津,9月11日-13日.

  288. 富塚 茂和・町田 龍一郎  (2013) 内顎類の口褶は外顎類の何と相同か?−デカトゲトビムシTomocerus cuspidatus Börner, 1909の頭部形成から−. 第34回菅平動物学セミナー,2013年12月7‐8日.

  289. 富塚茂和・町田龍一郎(2013)Tomocerus cuspidatus Börner, 1909 の内顎口後方領域の相同性.第49回日本節足動物発生学会大会,筑波大学,2013年6月7-8日.

  290. 内記 慧・原山 智(2013):山岳地域における苦鉄質深成岩の風化特性−北アルプス東天井岳を例に−.2012年度山岳科学研究報告会,138-140.

  291. 中谷至伸・小松 貴・市野隆雄・清水加耶・市岡孝朗・Rosli Hashim・上田昇平(2013):マレーシアのアリ植物から発見された背中に突起のあるヒョウタンカスミカメ7種(半翅目:カスミカメムシ科).日本昆虫学会第73回大会,北海道大学,札幌市,9月.

  292. 長野祐介・市野隆雄(2013):ヤマホタルブクロにおける花サイズの標高間変異と遺伝子流動.日本生態学会第60回全国大会,静岡県コンベンションアーツセンター,静岡,3月.

  293. 中村寛志・古屋 諒・斉藤雄太・江田慧子・原 秀穂(2013):中部山岳域においてハイマツを食害するハバチGilpinia sp.新種について.日本昆虫学会第73回大会講演要旨,71p.

  294. 中村寛志・梅谷雄太郎・江田慧子(2013):非線形モデルを使った昆虫の発生予察手法の検証.山岳科学総合研究所2012年度研究.

  295. 中村祐希・宮原裕一(2013):霧ヶ峰における大気汚染物質の挙動と特徴.日本陸水学会甲信越支部会第39回研究発表会,清里,11月30日-12月1日.

  296. 永安浩一・公文富士夫(2013):琵琶湖堆積物コアの珪藻分析に基づく第四紀後期における古環境解析.日本地球惑星科学連合2013年大会,HQR24-07,幕張メッセ.

  297. 成瀬真理生・加藤正人(2013):オブジェクトベースとピクセル分類により作成した植生図の比較―信州大学農学部構内演習林を事例として―.第124回日本森林学会大会,岩手大学.

  298. 新津 修平・栂 浩平・富塚 茂和・前川 清人・町田 龍一郎・上遠 岳彦 (2013) フチグロトゲエダシャク雌における翅の退縮はステロイドホルモン誘導性予定細胞死によって生じる. 第49回日本節足動物発生学会大会,筑波大学,2013年6月7-8日.

  299. 西村貴皓,飯村康夫,井田秀行,廣田充(2013):冷温帯ブナ成熟林における土壌呼吸の季節変化」日本生態学会第60回全国大会、2013年3月、静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市)

  300. 西村貴皓・飯村康夫・井田秀行・廣田 充(2013):冷温帯ブナ成熟林における土壌呼吸速度の温度依存性の推定.中部山岳地域の環境変動の解明から環境資源再生をめざす大学間連携事業-地球環境再生プログラム-2013年度年次研究報告会,上田市,11月22日.

  301. 長谷川裕彦・佐々木明彦(2013):信濃川支流,中津川中流域の地形発達.第11回山岳文化学会発表要旨集,21.

  302. 服部 充・市野隆雄(2013):真社会性アブラムシの兵隊に対してスペシャリスト捕食者の卵は対抗的な形質をもっている!?.日本生態学会第60回大会,静岡県コンベンションアーツセンター,静岡,3月.

  303. 花里孝幸・宮原裕一(2013):諏訪湖のモニタリング結果と長期モニタリングから得られた成果.日本陸水学会第78回大会,大津,9月11日-13日.

  304. 馬場千香子・原山 智(2013)飛騨山脈におけるコマクサの生育環境.2012年度山岳科学研究報告会,124.

  305. 原山 智(2013):古梓川埋積谷の形状と流路.2012年度山岳科学研究報告会,24-29.

  306. 原山 智(2013):松本盆地南部の大規模潜在活断層.日本地質学会第120年学術大会 講演要旨集,167.

  307. 原山 智(2013):北アルプスの地質と隆起運動.信州大学山岳科学総合研究所 シンポジウム「日本アルプスの大規模地すべり」要旨,7-10.

  308. 半澤 久・藤原陽三・羽山広文・濱田靖弘・村上周三・坊垣和明・松縄 堅・吉野 博・亀谷茂樹・高口洋人・奥宮正哉・浅野良晴・下田吉之・村川三郎・依田浩敏(2013):非住宅(民生業務部門)建築物のエネルギー消費量に関する研究:DECC調査結果を用いた小・中学校のエネルギー消費特性について.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,173-176.

  309. 日向夏美・松尾悠太郎・宮原裕一(2013):長野県諏訪盆地における大気中PAHsの季節変化と気温逆転層.日本陸水学会甲信越支部会第39回研究発表会,清里,11月30日-12月1日.

  310. 平尾章・恩田義彦・清水(稲継)理恵・ 瀬々潤・清水健太郎・田中健太 (2013) 標高傾度に沿ったミヤマハタザオの適応機構:生態から遺伝子へのアプローチ.日本進化学会第15回大会,2013年8月,筑波大学(茨城県つくば市).

  311. 平尾章・恩田義彦・清水(稲継)理恵・ 瀬々潤・清水健太郎・田中健太 (2013) 標高万能植物ミヤマハタザオのトライコームおよび光受容体の適応分化.日本地球惑星科学連合2013年大会,2013年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  312. 平尾章・恩田義彦・清水(稲継)理恵・瀬々潤・清水健太郎・田中健太 (2013):標高万能植物ミヤマハタザオにおけるトライコームおよび光受容体遺伝子の集団間分化.第60 回日本生態学会シンポジウム「標高傾度の中にある、隠れた遺伝的多様性」, 2013年3月、静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  313. 平林公男・武田昌昭・宮原裕一・花里孝幸・上野隆平・今藤夏子・高村健二(2013):近年の諏訪湖底生動物群集の湖全域にわたる分布とその密度.第25回日本環境動物昆虫学会年次大会,神戸,11月16日-17日.

  314. 広瀬大・下野綾子(2013)高山帯に生育するツツジ科植物と 共生する根内生菌の多様性, 平成25年度日本菌学会関東支部年次大会, 2013年4月, 日本大学(千葉県船橋市)

  315. 武津英太郎・中田了五・平岡裕一郎・高橋 誠・千吉良治・磯田圭哉・織部雄一郎・山野邉太郎・玉城 聡・田村 明・安江 恒(2013):主要針葉樹種における年輪構造の気候応答の遺伝的変異-カラマツ・スギ・ヒノキ-.2013年度樹木年輪研究会発表要旨集,T7.

  316. 福井 眞生子・清水 将太・富塚 茂和・真下 雄太・藤田 麻里・町田 龍一郎 (2013) ケンランカマキリMetallyticus splendidus Westwood, 1835の発生学的研究. 第34回菅平動物学セミナー,2013年12月7‐8日.

  317. 福島功二・小澤明也・浅野良晴・高村秀紀(2013):寒冷地における家庭用暖房機器の性能に関する実証研究.第31回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文要旨集,259-262.

  318. 福島功二・小澤明也・浅野良晴・高村秀紀(2013):寒冷地における家庭用暖房機器の性能に関する実証研究.日本建築学会北陸支部研究報告集,56,219-222.

  319. 福島功二・青木和壽・浅野良晴・高村秀紀・岩井一博(2013):高断熱木製サッシ開発に関する研究 その1:サッシ部材開発における断熱性能評価.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅱ),125-126.

  320. 福島功二・浅野良晴・高村秀紀(2013):高断熱木製サッシ開発に関する研究:(第1報)サッシ部材開発における断熱性能評価.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,81-84.

  321. 福山研二・中村寛志・小林元・田中健太・大石 善隆(2013):信州大学西駒演習林におけるササラダニ類の垂直分布と温暖化実験の影響、第36回日本土壌動物学会大会講演要旨集, 福岡県宗像市福岡教育大学, 5月25日

  322. 福山研二・中村寛志・田中健太・大石善隆(2013):西駒演習林における土壌性ササラダニ類の垂直分布と温暖化影響(予報).山岳科学総合研究所2012年度研究成果発表会.

  323. 藤田 麻里・町田 龍一郎 (2013) ルリゴキブリ Eucorydia yasumatsui Asahina の発生学的研究(昆虫綱・ゴキブリ目・ムカシゴキブリ科). 第49回日本節足動物発生学会大会,筑波大学,2013年6月7-8日.

  324. 藤田 麻里・町田 龍一郎 (2013) ルリゴキブリEucorydia yasumatsui Asahina, 1971の繁殖行動と後胚発生(昆虫綱・ゴキブリ目・ムカシゴキブリ科). 第34回菅平動物学セミナー,2013年12月7‐8日.

  325. 古屋 諒・斎藤雄太・中村寛志(2013):中部山岳域におけるハイマツを食害するハバチ2種の生態と分布変遷.第24回信州昆虫学会年次大会,New Entomologist 62.

  326. 古屋 諒・斉藤雄太・中村寛志・江田慧子・原 秀穂(2013):中部山岳域におけるハイマツを食害するハバチGilpinia sp.新種の生態と分布について.第25回日本環境動物昆虫学会年次大会講演要旨,8.

  327. 古屋 諒・中村寛志(2013):中部山岳域におけるハイマツを食害するハバチ類の生態と分布.山岳科学総合研究所2012年度研究成果発表会.

  328. 梅干野成央・土本俊和(2013):山小屋建設における木材の調達場所:中房温泉の経営者による戦前期の山小屋建設を事例として.日本建築学会北陸支部研究報告集,56,442-445.

  329. 細川奈々枝・高橋一太・小林 元・平井敬三(2013):ヒノキ林の斜面中腹部と下部におけるリター還元量と土壌窒素無機化速度.第124回日本森林学会大会,岩手大学.

  330. 梅干野成央(2013):民家と里山林の関係にみる豪雪地の山村文化:小菅集落(長野県飯山市)における伝統的民家の建物調査を通して.第3回東アジア山岳文化研究会要旨集,1-10.

  331. 堀井涼香・北原 曜・小野 裕(2013):御岳土石流跡地における約30年間の植生遷移.中部森林学会第3回大会発表要旨集,24.

  332. 眞山寿里・田村 明・安江 恒(2013):北海道で生育した産地の異なるブナの年輪幅・年輪内密度およびその変動と気候応答.第63回日本木材学会大会講演要旨集,B27-06-1515.

  333. 増井 僚・小林 元・井手玲子・小熊宏之・三枝信子・山本一清(2013):デジタルカメラとフラッドベッドスキャナーを用いて評価したヒノキ・カラマツ樹冠の分光反射特性.第124回日本森林学会大会,岩手大学.

  334. 松浦亮介・佐藤利幸(2013):甲府盆地に分布するシダ植物種多様性とその分布様式.2013年3月,静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  335. 松岡憲知・西井稜子・池田 敦(2012)南アルプス高山域における岩盤破砕・土砂移動の観測.日本地球惑星科学連合2012年大会,2012年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  336. 松嶋 美智代・町田 龍一郎 (2013) ヤマトシロアリReticulitermes speratus (Kolbe) の発生学的研究. 第49回日本節足動物発生学会大会,筑波大学,2013年6月7-8日.

  337. 松嶋 美智代・町田 龍一郎 (2013) ヤマトシロアリReticulitermes speratus (Kolbe, 1885) の発生学的研究:初期胚形成(昆虫綱・シロアリ目・ミゾガシラシロアリ科). 第34回菅平動物学セミナー,2013年12月7‐8日.

  338. 松場啓太・浅野良晴・高村秀紀(2013):長野県産木材のライフサイクルアセスメント調査 その4:カラマツを使用した縦継のある集成材の場合.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,225-228.

  339. 松場啓太・浅野良晴・高村秀紀(2013):長野県産木材のライフサイクルアセスメント調査 その5:カラマツを使用した縦継のある集成材の場合.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),1007-1008.

  340. 松本真弥,上野健一(2013):福知山盆地で観測された紀伊水道および若狭湾からの風の特徴.日本気象学会,東京,2013年5月,予稿集385pp.

  341. 宮原裕一(2013):上高地におけるエアロゾル中化学成分の季節変動.2012年度山岳科学研究報告会,信州大学理学部,3月14日.

  342. 宮原裕一・松尾悠太郎・中島大介・白石不二雄(2013):長野県諏訪盆地における大気浮遊粉塵中PAHs濃度と受容体結合活性.第22回環境化学討論会,府中,7月31日-8月2日.

  343. 宮原裕一・池盛文数・松尾悠太郎・中島大介・白石不二雄(2013):長野県上高地および諏訪における大気浮遊粉塵中化学成分の季節変動.第54回大気環境学会年会,新潟,9月18日-20日.

  344. 宮原裕一・池盛文数・中島大介(2013):上高地および諏訪における大気汚染の季節変動.第30回エアロゾル科学・技術研究討論会,京都,8月27日-29日.

  345. 宮原裕一・池盛文数・中島大介・白石不二雄(2013):長野県諏訪盆地におけるPM2.5中化学成分の季節変動.第22回環境化学討論会,府中,7月31日-8月2日.

  346. 宮本悠平・和田鉄平・内海泰弘・中塚 武・芳村 圭・安江 恒(2013):カラマツにおける年輪内酸素同位体比が反映する相対湿度と降水酸素同位体比の記録期間の推定.第63回日本木材学会大会講演要旨集,A28-P-AM21.

  347. 三浦雄也・渡邉浩文・吉野 博・村上周三・坊垣和明・松縄 堅・亀谷茂樹・高口洋人・半澤 久・奥宮正哉・浅野良晴・下田吉之・村川三郎・依田浩敏(2013):非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その102:全国文化施設の展示施設における負荷原単位の分析(H21年度調査).日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),1037-1038.

  348. 村岡裕由(2013)植物の光合成からみた森の営みと温暖化。高山サイト20周年記念一般公開講演会「わたしたちの山と森と地球環境」,2013年10月26日(高山市)

  349. 村岡裕由・斎藤琢(2013)高山スーパーサイトにおける野外温暖化実験と衛星?生理生態学統合研究の展開,平成25年度 地球観測連携拠点主催ワークショップ「陸域における炭素循環及び生態系・生物多様性観測の最近の動向」,2013年12月,千代田放送会館ホール,(東京都).

  350. 村元靖典・渡辺秀樹・岡部勝美・中南暁夫・東條元昭・景山幸二 (2013) ホウレンソウ養液栽培におけるオルピディウム症はOlpidium virulentusによって引き起こされる. 日本植物病理学会, 2013年3月

  351. 本村亜紀・加藤正人・戸田堅一郎(2013):航空写真とLiDARデータを用いた岡谷市横川地区の資源量推定の試み.地球環境再生プログラム2013年度年次報告会,65.

  352. 森下奈津子・出川洋介 (2013) チャワンタケ目3種におけるPSPs形成について. 第57回日本菌学会年次大会一般講演, 東京農業大学, 2013年6月8日.

  353. 安江 恒・平野 優・吉野真美・鍋嶋絵里・古賀信也・内海泰弘(2013):異なる生育地におけるヒノキ年輪幅の気候応答.2013年度樹木年輪研究会発表要旨集,T4.

  354. 安江 恒・平野 優・古賀信也・内海泰弘(2013):異なる生育地におけるヒノキの年輪幅および年輪内平均密度の気候応答.第63回日本木材学会大会講演要旨集,B27-06-1500.

  355. 安江 彬・原山 智(2013):槍ヶ岳周辺の地質.2012年度山岳科学研究報告会,141-144.

  356. 谷田一三・大高明史・東城幸治・野崎隆夫・平林公男(2013):日本における河川底生動物によるモニタリングの現状と展望.日本陸水学会,滋賀.

  357. 柳下真由子・宮原裕一ほか16名(2013):全国大気試料中の多環芳香族類とその誘導体.第22回環境化学討論会,府中,7月31日-8月2日.

  358. 矢野和孝・岡田知之・景山幸二・森田康彰 (2013) 捕捉法およびPCR法を用いた土壌中のショウガ根茎腐敗病菌の検出. 日本植物病理学会, 2013年3月

  359. 矢作将之・北原 曜・小野 裕(2013):樹冠冠雪からの昇華蒸発量の熱収支解析.中部森林学会第3回大会発表要旨集,22.

  360. 山口容平・松岡亜希子・山崎政人・下田吉之・村上周三・坊垣和明・松縄 堅・亀谷茂樹・高口洋人・半澤 久・吉野 博・浅野良晴・奥宮正哉・村川三郎・依田浩敏(2013):商業施設エネルギー消費原単位分析に用いる業態区分の開発.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,169-172.

  361. 山崎政人・山口容平・下田吉之・岩前 篤・甲谷寿史・竹林英樹・近本智行・宮崎ひろ志・村上周三・坊垣和明・松縄 堅・亀谷茂樹・高口洋人・半澤 久・吉野 博・奥宮正哉・浅野良晴・村川三郎・依田浩敏(2013):非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その104:商業施設の2011年度夏期の省エネルギー率および節電率の評価.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),1041-1042.

  362. 山田晃嗣・村岡裕由(2014)落葉広葉樹林内の光環境に対する稚樹の形態的・生理的応答の季節変化。第61回日本生態学会大会(広島,2014年3月)

  363. 山中 勤 ・ 牧野裕紀 ・脇山義史 ・ 鈴木啓助 (2013) : 中部山岳地域における降水同位体マップの高精度化. 日本地球惑星科学連合2013年大会,2013年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  364. 山中 勤・牧野裕紀・脇山義史・鈴木啓助(2013):中部山岳地域における降水同位体ラスターマップの高精度化.日本地球惑星科学連合大会,幕張メッセ国際会議場.

  365. 山本航平・出川洋介・広瀬 大・山田明義(2013):Endogone属の系統学的検討ならびにE. pisiformisおよびE. incrassateの分離培養.日本菌学会第57回大会,東京農業大学.

  366. 山本航平・出川洋介・広瀬大・山田明義 (2013) Endogone属の系統学的検討ならびにE. pisiformisおよびE. incrassataの分離培養. 第57回日本菌学会年次大会一般講演, 東京農業大学, 2013年6月8日.

  367. 吉田知可・宮原裕一・花里孝幸(2013):諏訪湖における溶存酸素濃度の経年変化.日本陸水学会第78回大会,大津,9月11日-13日.

  368. 吉田知可・宮原裕一・花里孝幸(2013):長野県諏訪湖における溶存酸素濃度の経年変化.日本陸水学会甲信越支部会第39回研究発表会,清里,11月30日-12月1日.

  369. 吉竹晋平・藤吉正明・中坪孝之・増沢武弘・小泉博 (2013) 富士山火山荒原の土壌微生物群集に対する基質制限~リン脂質脂肪酸を指標として~.第60回日本生態学会,静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  370. 吉竹晋平・藤吉正明・渡辺憲一・増沢武弘・中坪孝之・小泉博 (2013)富士山火山荒原における一次遷移に伴う土壌微生物群集の変化.日本地球惑星科学連合2013年大会,2013年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  371. 吉野真美・城田徹央・斎藤 大・安江 恒(2013):木曽ヒノキ衰弱木と健全木の年輪変動比較.2013年度樹木年輪研究会発表要旨集,P10.

  372. 依田浩敏・黒木知世・赤司泰義・住吉大輔・高 偉俊・葛 隆生・前田昌一郎・村上周三・坊垣和明・松縄 堅・亀谷茂樹・高口洋人・半澤 久・吉野 博・浅野良晴・奥宮正哉・下田吉之・村川三郎(2013):非住宅(民生業務部門)建築物のエネルギー消費量データベース構築に関する研究:大学・研究機関,スポーツ施設のエネルギー消費特性について.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,177-180.

  373. 依田浩敏・黒木知世・赤司泰義・住吉大輔・高 偉俊・葛 隆生・前田昌一郎・村上周三・坊垣和明・松縄 堅・亀谷茂樹・高口洋人・半澤 久・吉野 博・浅野良晴・奥宮正哉・下田吉之・村川三郎(2013):非住宅(民生業務部門)建築物の環境関連データベース構築に関する研究 その107:スポーツ施設のエネルギー消費特性について.日本建築学会大会学術講演・建築デザイン発表梗概集(環境工学Ⅰ),1047-1048.

  374. 若月泰孝, 原政之, 吉田傑, 鈴木智恵子(2013):中部山岳域の領域気候実験.日本地球惑星科学連合2013年大会,幕張メッセ,2013年5月22日.

  375. 若月泰孝,原政之,藤田実季子,鈴木智恵子,馬燮銚,木村富士男(2013):中部山岳域の積雪期間の気候変化予測.日本気象学会2013年秋季大会,仙台国際センター,2013年11月21日.

  376. 脇山義史 ・ 山中 勤 (2013) : 中部山岳地域における降水同位体マップの高精度化. 日本地球惑星科学連合2013年大会,2013年5月,幕張メッセ(千葉県千葉市).

  377. 渡辺秀樹・村元靖典・足立昌俊・福田至朗・高橋麗子・景山幸二 (2013) メンブレンフィルターを用いた植物病原菌検出における濾過補助剤の目詰まり改善効果. 関西病害虫研究会, 2013年5月

  378. 森 さやか・長谷川 理・江口 和洋・早矢仕 有子・藤岡 正博・Alexey Kryukov・西海 功(2013): 北海道のカササギ侵入個体群と大陸個体群の遺伝的構造解析, 日本鳥学会2013年度大会, 2013年9月, 愛知(名城大学)

  379. 古木 香名・藤岡 正博 (2013): 高原の草地は草地性鳥類の生息地として有効か. 日本鳥学会2013年度大会, 9月, 愛知(名城大学).

  380. 辻井謙志・古屋諒・尾﨑絵理・江田慧子・中村寛志 (2013) 西駒演習林におけるシデムシ群集の垂直分布と季節変動 山岳科学総合研究所2012年度研究成果発表会(信州大学理学部)要旨集:163p.

  381. 古屋諒・斎藤雄太・中村寛志 (2013) 中部山岳域におけるハイマツを食害するハバチ2種の生態と分布変遷 第24回信州昆虫学会年次大会(信州大学).New Entomologist 62(3/4):58p.

  382. 角田健一・高村秀紀・浅野良晴(2013):長野県における未利用林地残材のバイオマスエネルギー利用に関する基礎調査 その2 林地・土場における丸太の含水率変化の比較. 日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),721-722

  383. 高村秀紀・浅野良晴(2013):木造住宅建設時の環境負荷原単位に関する研究 その 11 2階建を有する3階建木造住宅の搬入資材と搬出資材の実態調査.日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),999-1000

  384. 土屋健太・高村秀紀・浅野良晴(2013):木造住宅の炭素固定効果に関する研究 長野県における試算および結果.日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),997-998

  385. 松場啓太・高村秀紀・浅野良晴(2013):長野県産木材のライフサイクルアセスメント調査 その5 カラマツを使用した縦継のある集成材の場合.日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),1007-1008

  386. 土屋健太・浅野良晴・高村秀紀(2013):長野県内木造住宅の新築時及び解体時における木材資源循環量に関する研究.平成25年度空気調和・衛生工学会大会(長野),201-204

  387. 松場啓太・浅野良晴・高村秀紀(2013):長野県産木材のライフサイクルアセスメント調査 その4カラマツを使用した縦継のある集成材の場合.平成25年度空気調和・衛生工学会大会(長野),225-228

  388. 上田智輝、高村秀紀、浅野良晴、櫻庭瞳(2013):木造住宅に使用される越後スギのライフサイクルアセスメント調査 その1 4事例を対象とした製材1㎥製造時の材積量と炭素固定量及び燃料消費量の把握.日本建築学会学術講演梗概集,1001-1002

  389. 櫻庭瞳、高村秀紀、浅野良晴、上田智輝(2013):木造住宅に使用される越後スギのライフサイクルアセスメント調査 その1 4事例を対象とした製材1㎥製造時のCO₂排出量及びカーボンバランスの算出.日本建築学会学術講演梗概集,1003-1004

  390. 上田智輝、高村秀紀、浅野良晴、櫻庭瞳(2013):木造住宅に使用される越後スギのライフサイクルアセスメント調査  (第1報) 4事例を対象とした製材1㎥製造時の材積量と炭素固定量の変動及び燃料消費量の把握.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,229-232

  391. 櫻庭瞳、高村秀紀、浅野良晴、上田智輝(2013):木造住宅に使用される越後スギのライフサイクルアセスメント調査  (第2報) 4事例を対象とした製材1㎥製造時のCO₂排出量とカーボンバランスの算出.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,233-236

  392. 高橋耕一・奥原勲(2013):亜高山帯3樹種の幹の肥大成長に対する温暖化の影響評価.日本生態学会第60回大会,2013年3月,静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  393. 小林元・高瀬雅生・清野達之・高橋耕一(2013):異なる温度環境で生育させた常緑性と落葉性のブナ科実生6種の初期成長と光合成.日本生態学会第60回大会,2013年3月,静岡県コンベンションアーツセンター(静岡県静岡市).

  394. 鈴木智之・井田秀行・小林元・高橋耕一・村岡裕由・Nam-Jin Noh・廣田充・清野達之・鈴木亮・田中健太・飯村康夫・角田智詞・丹羽慈・日浦勉(2015):Tea Bagを用いた分解活性指標:標高・土壌温暖化・リター量処理の影響.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).

  395. 平野雅晃・高橋耕一(2015):異なる標高に分布するアキノキリンソウ(広義)の表現型の違いは環境によるか?:共通圃場実験.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).


2014

  1. Araiya, R., Ito, T. and Tojo, K. (2014): Phylogeography of Palaeagapetus (Trichoptera: Hydroptilidae) in East Asia. The 2nd Symposium of the Benthological Society of Asia. June 2014, Busan, Korea.

  2. Degawa, Y., Ohsawa, K., and K. Seto, 2014. “Inside and outside the insect’s gut” -newly discovered intermediate life cycles in the Kickxellomycotina-. 10th International Mycological Congress, Bangkok (invited speaker). Aug, 2014.

  3. Fujita, M. and Machida, R. (2014): Embryonic development of Eucorydia yasumatsui Asahina (Insecta: Blattodea: Polyphagidae). 50th Annual Meeting of the Arthropodan Embryological Society of Japan, Fuchu, Tokyo, Jul. 3-4, 2014.

  4. Fukui, M., Sekiya, K., Tomizuka, S. and Machida, R. (2014): Early splitting of Hexapoda reviewed from comparative embryology. 9th International Seminar on Apterygota, Goerlitz, Germany, Sep. 7-11, 2014.

  5. Fukui, M., Shimizu, S., Tomizuka, S., Mashimo, Y., Fujita, M. and Machida, R. (2014): Embryonic development of Metallyticus splendidus Westwood, 1835 (Insecta: Mantodea, Metallyticidae). 50th Annual Meeting of the Arthropodan Embryological Society of Japan, Fuchu, Tokyo, Jul. 3-4, 2014.

  6. Fukuyama, K., H. Nakamura, H. Kobayashi and K. Tanaka (2014) Possibility of Oribatid mites for bio-indicator of global warming at high mountain zone Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 11th Annual Meeting 28 Jul to 01 Aug, 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan. AOGS2014 - Browse Abstracts.

  7. Hayakawa, Y. S., Imaizumi, F., Hotta, N., Tsunetaka, H. (2014): Terrestrial laser scanning and structure from motion for analysis of landform changes by debris flows in Ohya-kuzure landslide, central Japan. AOGS 11th Annual Meeting. IG12-A012,札幌市

  8. Hayakawa, Y. S., Imaizumi, F.,Hotta, N., Tsunetaka, H. (2014) Toward long-lasting disaster mitigation after huge landslide: high-definition topographic measurements of sediment production by debris flows in a steep headwater channel, The Inaugural conference of IGU commission, Taipei

  9. Ikeda, A., Iwahana, G. and Sueyoshi, T. (2014) Permafrost mapping and monitoring on Mt. Fuji, Japan. Fourth European Conference on Permafrost, June 2014, Universidade de Evora (Evora, Portugal).

  10. Imaizumi, F., Miyamoto, K. (2014): Pore water pressure in slopes composed of multi-layer geological structure.日本地球惑星科学連合2014年度連合大会, HDS-0501,横浜市

  11. Iwamoto, S., Degawa, Y., and J. Matsumoto, 2014. Distribution and the food resource preference of protostelids in Sugadaira Highlands, Nagano, Japan. 8th International Congress on the Systematics and Ecology of Myxomycetes (ICSEM), 11-15 August, 2014.

  12. Jo, J.I. and Tojo, K. (2014): Molecular phylogeography of East Asian ephemerid mayflies, genus Drunella and Cincticostella (Insecta: Ephemeroptera, Ephemerellidae). The 2nd Symposium of the Benthological Society of Asia. June 2014, Busan, Korea.

  13. Kenta, T., Yamada, A., Onda, Y. and Wakazuki Y. (2014): Clinal variation in flowering time along multiple environmental gradients consisting of altitude and climatic conditions in Arabidopsis kamchatica. The 11th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society, Sapporo, Japan, July 31.

  14. Kobayashi, K. and Tojo, K. (2014): The molecular phylogeography of the baritorid loach Noemacheilus barbatulus in East Asia: new evidence to overturn previously established phylogeographic model. The 2nd Symposium of the Benthological Society of Asia. June 2014, Busan, Korea.

  15. Koda, K. and H. Nakamura (2014) Expansion of the Distribution Area of Melanitis Phedima in Nagano Prefecture, Japan Asia Oceania Geosciences Society (AOGS)  11th Annual Meeting 28 Jul to 01 Aug, 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan. AOGS2014 - Browse Abstracts IG05-D4-PM2-P-018.

  16. Kuramoto, T., Sasaki, A. and Suzuki, K. (2014): Chemical dynamics of snow in the Japanese Alps region.AOGS2014, Sapporo, July 31, 2014.

  17. Machida, R., Fukui, M., Sekiya, K. and Tomizuka, S. (2014): Early splitting of Hexapoda reviewed from the comparative embryology. 50th Annual Meeting of the Arthropodan Embryological Society of Japan, Fuchu, Tokyo, Jul. 3-4, 2014.

  18. Mashimo, Y. and Machida, R. (2014): Postembryonic development of Zorotypus caudelli Karney (Insecta, Zoraptera, Zorotypidae). 50th Annual Meeting of the Arthropodan Embryological Society of Japan, Fuchu, Tokyo, Jul. 3-4, 2014.

  19. Matsuchima, M. and Machida, R. (2014): Embryonic development of Reticulitermes speratus (Kolbe, 1885) (Insecta: Isoptera, Rhinotermitidae). 50th Annual Meeting of the Arthropodan Embryological Society of Japan, Fuchu, Tokyo, Jul. 3-4, 2014.

  20. Matsuoka, N. (2014): From kinematics to dynamics: significance of field and laboratory approaches to understand periglacial mass movements. 4th European Conference on Permafrost, University of Evora, Portugal, 20 June 2014.

  21. Meusemann, K., Bartyel, D., Szuschich, N., Boehm, A., Walzl, M., Timelthaler, G., Pass, G., Blanke, A., Petersen, M., Ruehr, P., Machida, R., Sekiya, K., Nakagaki, Y., Tomizuka, S., Fukui, M. and Misof, B. (2014): Introducing of 1KITE project and first results on phylogenomics of apterygote hexapods based on thousands of orthologous genes. 50th Annual Meeting of the Arthropodan Embryological Society of Japan, Fuchu, Tokyo, Jul. 3-4, 2014.

  22. Mikami, K., Nozaki, T. and Tojo, K. (2014): Molecular phylogeography of the headwater specific alpine caddisflies, Pseudostenophylax spp. (Insecta: Trichoptera, Limnephilidae). The 2nd Symposium of the Benthological Society of Asia. June 2014, Busan, Korea.

  23. Nagai S., Saitoh T.M., Inoue T., Kobayashi H., Suzuki R., Muraoka H., Nasahara K.N. (2014) Accurate detection of spatio-temporal variability of the timing of start and end of growing season in deciduous forests in Japan, AOGS 11th Annual Meeting, 28 July-1 August, 2014, Royton Sapporo Hotel, Sapporo, Japan,

  24. Nagai S., Saitoh T.M., Nasahara K.N. (2014) Multidisciplinary in situ and satellite observations for accurate monitoring terrestrial ecosystem structure and functioning: Knowledge gained from Phenological Eyes Network (PEN), 12th AsiaFlux Workshop on “Bridging Atmospheric Flux Monitoring to National and International Climate Change Initiatives, 18-23 August 2014, International Rice Research Institute, Los Baños, Laguna, Philippines

  25. Nakamura, H. and K. Koda (2014) On the Larval Aggregation of Melanitis Phedima (Lepidoptera: Satyridae) Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) 11th Annual Meeting 28 Jul to 01 Aug, 2014, Royton Sapporo Hotel, Japan. AOGS2014 - Browse Abstracts IG05-D4-PM2-P-017.

  26. Noh N.J., Kuribayashi M., Saitoh T.M., Makita N., Nakaji T., Hiura T., Muraoka H. (2014) Effects of experimental soil warming on root carbon dynamics in two cool-temperate deciduous forests, Japan, 6th International Symposium on Physiological Processes in Roots of Woody Plants, 8-13 September, 2014, Nagoya University, Nagoya, Japan

  27. Noh N.J., Kuribayashi M., Saitoh T.M., Nakamura M., Nakaji T., Hiura T., Muraoka H. (2014) Open-field warming experiments on soil carbon fluxes and pools in cool-temperate deciduous forests, Japan, BIOGEOMON 2014, University of Bayreuth, Germany, 13-17 July 2014 (Oral; O 2.3)

  28. Ogai, T. and Kenta, T. (2014): Preference by carabid beetles on vegetation types and micro-habitats including soil conditions. The 11th Annual Meeting of Asia Oceania Geosciences Society, Sapporo, Japan, July 31.

  29. Saito, R. and Tojo, K. (2014): Comparing the population structure and genetic diversity patterns of Isonychia japonica, along rive in the Chikuma-Shinano River Basin (Insecta, Ephemeroptera, Isonychiidae). The 2nd Symposium of the Benthological Society of Asia. June 2014, Busan, Korea.

  30. Saito, R. and Tojo, K. (2014): Phylogeography of Isonychia japonica (Ephemeroptera; Isonychidae) with a wide distribution in East Asia. The 2nd Symposium of the Benthological Society of Asia. June 2014, Busan, Korea.

  31. Saitoh T.M., Nagai S., Muraoka H. (2014) Impact of canopy phenology on carbon, water and heat cycles in mountainous forests under climate change, AOGS 11th Annual Meeting, 28 July-1 August, 2014, Royton Sapporo Hotel, Sapporo, Japan

  32. Sasaki, A., Kariya, Y. and Suzuki, K. (2014): Geo-environmental Changes After the Fire on the Alpine Slopes of Mount Shirouma-dake, Northern Japanese Alps.AOGS2014, Sapporo, July 31, 2014.

  33. Sekiné, K., Tojo, K. and Bae, Y.J. (2014): Comparison of genetic structures between two closely related burrowing mayflies, Ephoron eophilum and Ephoron shigae (Ephemeroptera; Polymitacyidae) in East Asia. The 2nd Symposium of the Benthological Society of Asia. June 2014, Busan, Korea.

  34. Seto, K., Inaba, S., and Y. Degawa, 2014. A new taxon of Lobulomycetales (Chytridiomycota) isolated in Japan. 10th International Mycological Congress, Bangkok. Aug, 2014.

  35. Shimizu, K., Paape, T., Hatakeyama, M., Akama, S., Sese, J., Kenta, T., Shimizu-Inatsugi, R. and Onda, Y. (2014): Broad environmental response of the allopolyploid Arabidopsis kamchatica: transcriptome of cold response and zinc hyperaccumulation. Invited talk in symposium on a research consortium (Shingakujutsu) of "Power to overcome environment", Tokyo, 13 March.

  36. Shimizu, K., Paape, T., Hatakeyama, M., Akama, S., Sese, J., Kenta, T., Shimizu-Inatsugi, R. and Onda, Y. (2014): Broad environmental response of the allopolyploid Arabidopsis kamchatica: transcriptome of cold response and zinc hyperaccumulation. the Japan Society of Plant Physiologists meeting, Tokyo, 16-18 March

  37. Suyama, M., Seto, K., Mashimo, Y., and Y. Degawa. A new genus of the Legeriomycetaceae obtained from larvae of the nymphomyiid fly. 10th International Mycological Congress, Bangkok. Aug, 2014.

  38. Suzuki, T. and Tojo, K. (2014): The “character displacement” between two closely related giant water bugs, each in the Korean Peninsula and the Japanese Archipelago (Insecta: Heteroptera, Belostomatidae). The 2nd Symposium of the Benthological Society of Asia. June 2014, Busan, Korea.

  39. Takagi K., Ueyama M., Ide R., Ichii K., Ono K., Hirata R., Saigusa N., Hirano T., Kwon H., Hong J., Zhang L., Li S.-G., Han S., Wang H.-M., Zhang Y.-P., Asanuma J., Gamo M., Maeda T., Murayama S., Machimura T., Nakai Y., Ohta T., Saitoh T.M., Takahashi Y. (2014) Relationship between ecosystem photosynthetic parameters derived from flux observation and MODIS vegetation indices of east Asian forests, 12th AsiaFlux Workshop on “Bridging Atmospheric Flux Monitoring to National and International Climate Change Initiatives, 18-23 August 2014, International Rice Research Institute, Los Baños, Laguna, Philippines

  40. Takenaka, M. and Tojo, K. (2014): Molecular phylogenetic analyses of dipteromimid mayflies and its relevance to geohistory: Geological isolation, and stream paracies (Insecta, Ephemeroptera, Dipteromimidae). The 2nd Symposium of the Benthological Society of Asia. June 2014, Busan, Korea.

  41. Takenaka, M. and Tojo, L. (2014): The phylogeography of Japan’s endemic dipteromimid mayflies, which inhabit the upper headwaters of rivers (Insecta, Ephemeroptera, Dipteromimidae). The 2nd Symposium of the Benthological Society of Asia. June 2014, Busan, Korea.

  42. Tanaka K., Yamada A., Onda Y., Wakazuki Y. (2014): Clinal variation in flowering time along multiple environmental gradients consisting of altitude and climatic conditions in Arabidopsis Kamchatica. AOGS 2014, Sapporo Japan.

  43. Tomizuka, S., Fukui, M., Sekiya, K. and Machida, R. (2014): Entognathy formations of three entognathan orders: phylogenetic arguments. 50th Annual Meeting of the Arthropodan Embryological Society of Japan, Fuchu, Tokyo, Jul. 3-4, 2014.

  44. Tomizuka, S., Fukui, M., Sekiya, K. and Machida, R. (2014): Groundplans of entognathy formation in three entognathan orders. 9th International Seminar on Apterygota, Goerlitz, Germany, Sep. 7-11, 2014.

  45. Ueno K., Nanko K., Mochizuki H. (2014): Rain on snow (ROS) in Japanese Alps. Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting, IG05-D5-AM2-EA-003, Sapporo, Japan.

  46. Urakawa,R., Ohte, N., Shibata, H., Isobe,K., Oda, T., Watanabe, T., Fukuzawa,K., Ugawa, S., Hishi, T., Enoki, T., Tateno, R., Fukushima, K., Nakanishi, A., Kotani, A., Saigusa, N. Yamao, Y., Oyanagi, N., Hattori,D., Nakata, M., Kenta, T., Toda, H., Inagaki, Y., and Hirai, K. (2014): Drivers of soil N mineralization and nitrification of forest soils in the Japnanese archipelago. BIOGEOMON 2014‒8th International Symposium on Ecosystem Behavior, Bayreuth, Germany, 13-17 July.

  47. Yamada, M., and Y. Degawa, 2014. Taxonomic reexamination of Sirobasidium japonicum (Tremellales) and its cultural characteristics. 10th International Mycological Congress, Bangkok. Aug, 2014.

  48. Yin N., Kobayashi H., Ide R., Liang N. Saigusa N. (2014): Effects of atmospheric vapor pressure deficit and soil water content on leaf gas exchange in Larix kaempferi. 第125回日本森林学会大会,2014年3月,大宮ソニックシティ(大宮市).

  49. 安藤直貴・上野健一(2014):冬季本州内陸における多降水・多降雪の発現.雪氷研究大会,八戸,2014年9月21日.

  50. 飯村康夫(滋賀県大・環境科学)、森田悠介、吉竹晋平、大塚俊之(2014) 白山山麓・大白川ブナ原生林における土壌窒素無機化速度の空間的不均一性.第61回日本生態学会大会,2014年3月,広島国際会議場(広島県広島市).

  51. 伊藤仁・逢坂興宏・土屋 智・今泉文寿(2014):寸又川上流域の森林地帯によける崩壊地の分布とその特徴.平成26年度砂防学会研究発表会概要集,B314-315,新潟市

  52. 伊藤陽晃・上野健一,中井専人(2014):冬季降水量データの補正が経年変化傾向に与える影響.寒冷・局地研究連絡会,横浜,2014年5月.

  53. 今泉文寿,西井稜子,上野健一,黒部皓生(2014):山岳域における森林伐採が冬季の微気象・土砂輸送へ及ぼす影響.日本地球惑星科学連合,横浜,2014年4月28日,AGC33-p02.

  54. 今泉文寿・西井稜子・上野健一・黒部皓生(2014):山岳域における森林伐採が冬季の微気象・土砂移動へ及ぼす影響.日本地球惑星科学連合2014年度連合大会, ACG33-P02,横浜市

  55. 岩本祥明・出川洋介 (2014) 菅平高原におけるプロトステリウム類の分布と餌資源の嗜好性. 日本変形菌研究会大阪大会, 大阪自然史博物館, 2014年3月9日.

  56. 上野健一,黒部皓生,今泉文寿,西井稜子(2014):中部山岳域の急斜面における森林伐採が凍結融解に及ぼす影響.雪氷研究大会,八戸,2014年9月21日.

  57. 上野健一・黒部皓生・今泉文寿・西井稜子(2014):中部山岳域の急斜面における森林伐採が凍結融解に及ぼす影響.雪氷研究大会(2014・八戸),八戸市

  58. 倉元隆之・佐々木明彦・河島克久・伊豫部勉・松元高峰・鈴木啓助(2014):日本海沿岸から中部山岳の多雪地域における積雪水量分布.雪氷研究大会、八戸工業大学、2014年9月20日.

  59. 倉元隆之・佐々木明彦・鈴木啓助(2014):上高地における湧水と河川水の水質特性.日本地球惑星科学連合大会、パシフィコ横浜、2014年4月28日.

  60. 倉元隆之・佐々木明彦・鈴木啓助(2014):中部山岳地域の降雪に含まれる化学成分の空間分布.日本雪氷学会北信越支部研究発表会、富山大学、2014年5月17日.

  61. 倉元隆之・佐々木明彦・鈴木啓助(2014):中部山岳地域の積雪に含まれる化学成分の動態.山岳科学研究報告会、信州大学.2014年3月20日.

  62. 倉元隆之・佐々木明彦・鈴木啓助(2014):中部山岳地域の積雪に含まれる化学成分の動態.日本地球惑星科学連合大会、パシフィコ横浜、2014年4月29日.

  63. 栗林正俊・Noh NamJin・斎藤琢・伊藤昭彦・若月泰孝・村岡裕由(2014)WRF/VISITモデリングシステムを用いた山岳域における森林生態系の炭素収支の現状評価と将来予測,日本気象学会2014年度秋季大会,2014年10月,福岡国際会議場(福岡県福岡市)

  64. 児島利治,ザイナルエドウィナ,大橋慶介,篠田成郎, 山地森林流域における降雨流出特性の長期変動の評価,日本地球惑星科学連合 連合大会 2014年大会,2014年4月-5月,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)

  65. 小林元・舩木昇・吉村太一(2014):亜高山帯常緑針葉樹林における攪乱60年後の標高別林分動態.第61回日本生態学会全国大会,2014年3月,広島国際会議場(広島市).

  66. 斎藤琢・永井信・近藤裕昭(2014)スギ・ヒノキ林を対象としたGPP推定モデルの精度検証,日本気象学会2014年度秋季大会,2014年10月, 福岡国際会議場(福岡県福岡市)

  67. 斎藤琢・Noh NamJin・永井信・Son Yowhan・村岡裕由(2014)東アジアの陸域生態系における炭素分配-タワーフラックス・生態プロセス観測の統合解析-。第61回日本生態学会大会(広島,2014年3月)

  68. 佐々木明彦・苅谷愛彦・池田敦・鈴木啓助(2014):白馬岳高山帯における山火事発生後の地表環境の変化.日本地球惑星科学連合大会、パシフィコ横浜、2014年4月28日.

  69. 佐々木明彦・鈴木啓助(2014):GPS測量にもとづく北アルプス涸沢圏谷の積雪深分布.日本雪氷学会北信越支部研究発表会、富山大学、2014年5月17日.

  70. 佐々木明彦・鈴木啓助(2014):白馬岳高山帯の山火事跡地における地表環境の変化.山岳科学研究報告会、信州大学.2014年3月20日.

  71. 佐々木明彦・鈴木啓助(2014):北アルプス涸沢圏谷におけるGPS を用いた積雪深分布の把握.雪氷研究大会、八戸工業大学、2014年9月20日.

  72. 下野綾子・広瀬大(2014)異なる積雪条件下におけるアオノツガザクラの根内生息菌類のメタゲノム解析. 第61回日本生態学会, 2014年3月, 広島国際会議場(広島県広島市)

  73. 鈴木啓助(2014):上高地における近年の気候変動.山岳科学研究報告会、信州大学.2014年3月20日.

  74. 鈴木啓助(2014):山岳地域の冬季降水量は如何に変動しているか.陸水物理研究会、金沢大学、2014年12月6日.

  75. 墨野倉伸彦・田波健太・吉竹晋平・小泉博(2014)草原生態系における非破壊的な土壌呼吸速度の計測:小型・多点チャンバーを用いた通気法の適用.第 61回日本生態学会大会,2014年3月,広島国際会議場(広島県広島市).

  76. 田波健太・墨野倉伸彦・友常満利・吉竹晋平・小泉博(2014)冷温帯シバ草原における温暖化操作実験-根系動態の非破壊的観察-.第61回日本生態学会 大会,2014年3月,広島国際会議場(広島県広島市).

  77. 玉川一郎(2014)中部山岳域でのJALPSデータアーカイブによる雨量計データと解析雨量との比較,水文・水資源学会2014年度講演要旨集,47, p.94-95

  78. 經隆悠・堀田紀文・今泉文寿・早川裕弌(2014):大規模崩壊地における土石流の流下と河床条件の相互作用.日本地球惑星科学連合2014年度連合大会, HDS05-P03,横浜市

  79. 經隆悠・堀田紀文・今泉文寿・早川裕弌・宥免憲樹・土屋 智(2014/5)大規模崩壊地における土石流の流下による河床の地形と材料特性の変化,平成26年度砂防学会研究発表会概要集,B68-69,新潟市

  80. 永井 信?梶原康司?本多嘉明?斎藤琢?小林秀樹?鈴木力英(2014)第16回環境リモートセンシングシンポジウム,2014年2月,千葉大学,(千葉県).

  81. 長尾彩加・庄司千佳・大橋千遼・斎藤琢・村岡裕由(2014)冷温帯落葉広葉樹林における野外温暖化実験 温度環境の違いが林冠木の個葉のフェノロジーに及ぼす影響。第61回日本生態学会大会(広島,2014年3月)

  82. 西井稜子・今泉文寿(2014): 南アルプスにおける過去40年の大規模崩壊の発生状況と土砂生産,日本地球惑星科学連合2014年度連合大会,HDS29-P02

  83. 西井稜子・松四雄騎・松崎浩之(2014):斜面変形プロセス研究への宇宙線生成核種年代測定の応用.第53回地すべり学会研究発表会,P-16,つくば.

  84. 野田響・村岡裕由・奈佐原検討・伊藤昭彦(2014)冷温帯落葉広葉樹林における個葉・葉群窒素量のリモートセンシング。第61回日本生態学会大会(広島,2014年3月)

  85. 林一成・八木浩司・佐藤剛・今泉文寿・檜垣大助(2014):地すべり危険度評価に用いる地形量としての山体釣鐘形状度の修正.第53回(公社)日本地すべり学会研究発表会,P-21,つくば市

  86. 福山研二・中村寛志・小林元・大石義隆・田中健太(2014) 信州大学西駒演習林におけるササラダニ類の垂直分布と温暖化実験の影響. 第61回日本生態学会, 3月, 広島, ポスターPA3-037.

  87. 松岡憲知(2014):インターバルカメラと多種センサーによるデータロギングを併用した南アルプス山頂部での斜面変動の観測.日本地球惑星科学連合2014年大会.パシフィコ横浜会議センター.

  88. 麦島啓央・小林元(2014):ヒノキ光合成の季節変化におよぼす大気飽差と土壌水分の影響.第4回中部森林学会大会,2014年10月,名古屋大学(名古屋市).

  89. 村岡裕由・魯南賑・長尾彩加・斎藤琢・栗林正俊・野田響・伊藤昭彦・永井信・中路達郎・日浦勉 (2014) 温暖化実験による冷温帯落葉広葉樹林の光合成特性と土壌呼吸の環境応答の解明,日本地球惑星科学連合 連合大会 2014年大会,2014年4月-5月,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)

  90. 村岡裕由・永井信・斎藤琢・野田響・奈佐原顕郎・伊藤昭彦・三枝信子・小泉博(2014)衛星-生理生態学による森林生態系機能の時空間スケーリングの試み。第61回日本生態学会大会(広島,2014年3月)

  91. 八木浩司・佐藤剛・今泉文寿・林一成(2014):重力性山体変形現象の発生時間スケールと地震-静岡県口坂本地すべり上部~山伏にかけての稜線での掘削調査−.日本地理学会2014年春季学術大会,東京都世田谷区

  92. 八木浩司・林一成・今泉文寿・佐藤剛・檜垣大助(2014):重力性山体クリープ変形の限界領域を示す地形量としての起伏度,山体釣鐘形状度,山体歪み度.日本地球惑星科学連合2014年度連合大会, HDS29-P05

  93. 八木浩司・佐藤剛・今泉文寿・林一成(2014)重力性山体変形現象の発生時間スケールと地震-静岡県口坂本地すべり上部~山伏にかけての稜線での掘削調査-, 日本地理学会2014年春季学術大会,2014年3月,東京都世田谷区

  94. 吉竹彩子・吉竹晋平・飯村康夫・大塚俊之 (2014) 冷温帯落葉広葉樹林における窒素無機化速度の空間分布ー樹木の生長量および微生物活性との関係性ー.第61回日本生態学会大会,2014年3月,広島国際会議場(広島県広島市).

  95. 吉竹晋平, 内田雅己, 大塚俊之, 中坪孝之 (2014) 高緯度北極ニーオルスンの氷河後退域における土壌微生物群集の遷移.第61回日本生態学会大会,2014年3月,広島国際会議場(広島県広島市).

  96. 落合 菜知香・山﨑 晃司・藤岡 正博(2014): 定着初期段階におけるアライグマの生息分布と繁殖状況, 第61回日本生態学会大会, 3月, 広島(広島大学).

  97. 東城幸治 (2014): 日本列島の地の利を活かした昆虫生物地理学.日本昆虫学会第74回大会 (公開シンポジウム「昆虫学会秋の学校」), 2014年9月, 広島大学 (広島県東広島市).

  98. 関根一希・東城幸治・Lee, J.E.・Bae Y.J. (2014): 世界広域に分布する一斉羽化昆虫シロイロカゲロウ種群の分子系統解析. 第74回日本昆虫学会, 2014年9月, 広島大学 (広島県東広島市).

  99. 斎藤梨絵・東城幸治 (2014): 広域分布種・チラカゲロウにおける系統地理・系統進化、そして流程分布するクレードの検出について. 第74回日本昆虫学会, 2014年9月, 広島大学 (広島県東広島市).

  100. 竹中將起・東城幸治 (2014): 日本列島固有種・ガガンボカゲロウ類の分子系統地理学的研究.第74回日本昆虫学会, 2014年9月, 広島大学 (広島県東広島市).

  101. 小河原寛明・関根一希・東城幸治 (2014): 標高傾度に沿って種群分布するモンカゲロウ類を対象とした分子系統地理学的研究. 第74回日本昆虫学会, 2014年9月, 広島大学 (広島県東広島市).

  102. 谷野宏樹・三原龍太郎・鈴木智也・東城幸治 (2014): 東アジア産タイコウチ科昆虫における系統地理学的研究. 第74回日本昆虫学会, 2014年9月, 広島大学 (広島県東広島市).

  103. 柴田幸紀・竹中將起・鈴木智也・伊藤富子・東城幸治 (2014): コバントビケラ類(アシエダトビケラ科)の分子系統地理学的研究. 第74回日本昆虫学会, 2014年9月, 広島大学 (広島県東広島市).

  104. 三上賢司・野崎隆夫・東城幸治 (2014): 山岳源流棲昆虫・オンダケトビケラ類の系統進化・系統地理学的研究. 第74回日本昆虫学会, 2014年9月, 広島大学 (広島県東広島市).

  105. 大西央士郎・東城幸治 (2014): 便乗寄生者ツチハンミョウ類の分子系統地理学的研究.. 第74回日本昆虫学会, 2014年9月, 広島大学 (広島県東広島市).

  106. 東城幸治・関根一希・鈴木智也 (2014): 水生昆虫類における遺伝子解析を用いた最近の分類学的状況 (課題講演「陸水生物の分類と生物地理 –研究の進展と展望-」). 第79回日本陸水学会, 2014年9月, 筑波大学 (茨城県つくば市).

  107. 斎藤梨絵・新井谷梨鈴・小林建介・東城幸治 (2014): 分子マーカーを用いた水生昆虫類・魚類における系統地理学 (課題講演「陸水生物の分類と生物地理 –研究の進展と展望-」). 第79回日本陸水学会, 2014年9月, 筑波大学 (茨城県つくば市).

  108. 斎藤梨絵・竹中將起・東城幸治 (2014): 水系内に広域分布するチラカゲロウの個体群構造と遺伝的構造 –2つの遺伝系統群の検出とそれぞれのハビタット選好性について-.第79回日本陸水学会, 2014年9月, 筑波大学 (茨城県つくば市).

  109. Jo J.I.・東城幸治 (2014): 東アジア産マダラカゲロウ類(昆虫綱・カゲロウ目)における分子系統地理学的研究. 第79回日本陸水学会, 2014年9月, 筑波大学 (茨城県つくば市).

  110. 中村寛志・古屋 諒・江田慧子・原 秀穂 (2014) 中部山岳域におけるハイマツを食害するハバチGilpinia sp.新種について. 山岳科学総合研究所2013年度研究成果発表会(信州大学理学部)要旨集:39p.

  111. 江田慧子・熊澤真優・辻井美徳 (2014) クロコノマチョウの幼虫集合性と温度の影響. 山岳科学総合研究所2013年度研究成果発表会(信州大学理学部)要旨集:40p.

  112. 江田慧子・野瀬菜摘・矢崎曜一・中村寛志 (2014) チャマダラセセリ開田個体群の生息状況と保全 第26回日本環境動物昆虫学会年次大会(長崎大学).講演要旨:46p.

  113. 江田慧子・野瀬菜摘・矢崎曜一・井角恒太・中村寛志 (2014) チャマダラセセリの発育に及ぼす温度・日長の影響 第26回日本環境動物昆虫学会年次大会(長崎大学).講演要旨:47p.

  114. 下野綾子・上野真義・田中健太・大澤良 (2014): サクラソウ属クリンソウの異型花柱性の喪失 日本生態学会第62回全国大会. ポスター発表 PA2-103. 鹿児島大学. 鹿児島. 3月21日.

  115. 髙木悦郎,・富樫一巳 (2014): モチノキの果実・種子生産量の年次変動がモチノキタネオナガコバチ個体群に及ぼす影響.第125回日本森林学会大会,大宮,2014年3月.

  116. 平尾章 (2014): 標高傾度に応じた山岳植物の遺伝子流動パターン.2014年日本地球惑星科学連合 セッション「中部山岳地域の自然環境変動」横浜市,パシフィコ横浜 (2014 年4 月28日).

  117. 高島雄介・出川洋介・成澤才彦 (2014): 接合菌および子嚢菌類における菌類内生バクテリアの検出率について.環境微生物系学会合同大会, 浜松, 2014年10月.

  118. 山本航平・出川洋介・広瀬大・山田明義 (2014): 菌根共生の祖先を探る―ケカビ亜門に見る植物-菌類共生系の多様性―. 環境微生物系学会合同大会, 浜松, 2014年10月.

  119. 山田宗樹・出川洋介 (2014): Sirobasidium japonicumの分類学的検討. 第58回日本菌学会年次大会一般講演, 小松, 2014年5月.

  120. 岩本祥明・出川洋介 (2014): 菅平高原におけるプロトステリウム類の分布と餌資源の嗜好性. 第58回日本菌学会年次大会一般講演, 小松, 2014年5月.

  121. 瀬戸健介・出川洋介 (2014): 日本産カッパミセス(ツボカビ門フタナシツボカビ目)の分類学的研究. 第58回日本菌学会年次大会一般講演, 小松, 2014年5月.

  122. 陶山舞・出川洋介 (2014): 不完全菌類Sphondylocephalum verticillatumは接合菌類であった. 第58回日本菌学会年次大会一般講演, 小松, 2014年5月.

  123. 鈴木浩之・山岡裕一・出川洋介 (2014): 筑波大学菅平高原実験センターにおけるアカマツ針葉上のColeosporium属菌の種構成と出現頻度. 第58回日本菌学会年次大会一般講演, 小松, 2014年5月.

  124. 出川洋介・大沢和弘・瀬戸健介 (2014): バッタ目昆虫の「腸内外両生菌類」. 第58回日本菌学会年次大会一般講演, 小松, 2014年5月.

  125. 大沢和弘・瀬戸健介・出川洋介 (2014): キクセラ目菌類の昆虫腸内への適応と進化に迫る. 第58回日本菌学会年次大会一般講演, 小松, 2014年5月.

  126. 細矢剛・趙彦傑・出川洋介 (2014): Poculum sydowianum (ビョウタケ目)に類似したミズナラ内生菌の一未記載種について. 第58回日本菌学会年次大会一般講演, 小松, 2014年5月.

  127. 山本航平・出川洋介・山田明義 (2014): 日本産コマチゴケ(Haplomitrium mnioides)の地下茎に内生する菌類の同定. 第58回日本菌学会年次大会一般講演, 小松, 2014年5月.

  128. 陶山舞・瀬戸健介・真下雄太・出川洋介 (2014): ハネカ科幼虫から得られたレゲリオミケス科の未記載種.日本菌学会関東支部年次大会,東京農業大学,4月19日.

  129. 岩本祥明・出川洋介 (2014): 菅平高原におけるプロトステリウム類の分布と餌資源の嗜好性. 日本変形菌研究会大阪大会, 大阪自然史博物館, 2014年3月9日.

  130. 松村  洋子・ベンジャミン ヴィップフラー・ハンス ポール・ロマノ ダライ・町田 龍一郎・真下 雄太・ジョゼニー キャメラ・ジョゼ ラファエル・ロルフ ボイテル (2014): 欧州で発達する形態観察技術とその応用:Zorotypus weidneri(絶翅目)の頭部形態を例に. 第74回日本昆虫学会大会、広島大学、2014年9月13-16日.

  131. 松場啓太・浅野良晴・高村秀紀(2014):長野県産木材のライフサイクルアセスメント調査 ―長野県東信カラマツ集成材の場合.第33回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文要旨集,10

  132. 添原洋平・松場啓太・高村秀紀・浅野良晴・早川慶朗(2014):木材トレーサビリティーシステムの実証実験.第33回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文要旨集,11

  133. 松場啓太・添原洋平・高村秀紀・浅野良晴(2014):建築用木材データベースに関する研究 その1 長野県の木材流通に関する基礎調査.日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿),1011-1012

  134. 添原洋平・松場啓太・高村秀紀・浅野良晴(2014):建築用木材データベースに関する研究 その2 長野県・新潟県における木材トレーサビリティシステムの検証.日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿),1013-1014

  135. 松場啓太・添原洋平・浅野良晴・高村秀紀(2014):建築用木材データベースに関する研究その1 長野県の木材流通に関する基礎調査.2014年度 日本建築学会北陸支部研究報告集 第57号,200-203

  136. 添原洋平・松場啓太・浅野良晴・高村秀紀(2014):建築用木材データベースに関する研究その2 長野県・新潟県における木材トレーサビリティシステムの検証.2014年度 日本建築学会北陸支部研究報告集 第57号,204-207

  137. 松場啓太・添原洋平・浅野良晴・高村秀紀(2014):建築用木材データベースに関する研究(第1報)長野県の木材流通に関する基礎調査.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集(10),337-340

  138. 添原洋平・松場啓太・浅野良晴・高村秀紀(2014):建築用木材のデータベースに関する研究(第2報)木材トレーサビリティシステムの実証実験.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,10,341-344

  139. 上田智輝, 高村秀紀, 浅野良晴, 櫻庭瞳(2014):新潟県産木材のライフサイクルアセスメント調査 その 2 上越地域から中越地域に至る流通経路におけるライフサイクルアセスメント調査と端材の利活用状況に基づいたカーボンバランスの算出.第9回日本LCA学会研究発表会,276-277

  140. 上田智輝、高村秀紀、浅野良晴、櫻庭瞳(2014):新潟県産スギを使用した合板の環境影響評価.空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,165-168

  141. 上田智輝、高村秀紀、浅野良晴、櫻庭瞳(2014):新潟県産材を使用した合板の環境評価. 日本建築学会学術講演梗概集,1007-1008

  142. 鈴木智之・井田秀行・小林元・高橋耕一・村岡裕由・Nam-Jin Noh・廣田充・清野達之・鈴木亮・田中健太・飯村康夫・角田智詞・丹羽慈・日浦勉(2015):Tea Bagを用いた分解活性指標:標高・土壌温暖化・リター量処理の影響.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).

  143. 平野雅晃・高橋耕一(2015):異なる標高に分布するアキノキリンソウ(広義)の表現型の違いは環境によるか?:共通圃場実験.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).


2015

  1. Ikeda, A. (2015) Permafrost monitoring on the summit of Mt. Fuji, Japan. Final Symposium on the Evolution of Mountain Permafrost in Switzerland, Final Symposium on the Evolution of Mountain Permafrost in Switzerland,

  2. Imaizumi, F., Hayakawa, Y.S., Hotta, N., Tsunetaka, H., Tsuchiya, S., Ohsaka, O. (2015): Interactions between accumulation conditions of sediment storage and debris flow characteristics in a debris-flow initiation zone in Ohya landslide, Japan. EGU General Assembly 2015, Vienna

  3. Tsunetaka, H., Hotta, N., Imaizumi, F., Hayakawa, Y. S., Yumen, N. (2015): Interaction between riverbed condition and characteristics of debris flow in Ichino-sawa subwatershed of Ohya-kuzure landslide, Japan. EGU General Assembly 2015, Vienna

  4. 鈴木智之・井田秀行・小林元・高橋耕一・Nam-Jin Noh・村岡裕由・廣田充・清野達之・鈴木亮・田中健太・飯村康夫・角田智詞・丹羽慈・日浦勉 (2015): Tea Bagを用いた分解活性指標:標高・土壌温暖化・リター量処理の影響. 日本生態学会第62回全国大会. ポスター発表 PA2-203. 鹿児島大学. 鹿児島. 3月21日.

  5. 小粥隆弘・長澤亮・伊藤昇・田中健太 (2015): ナガゴミムシ属の地下進出は系統樹のどこで起きたか? 日本生態学会第62回全国大会. ポスター発表  PA2-186. 鹿児島大学. 鹿児島. 3月21日.

  6. 佐伯いく代・平尾章・田中健太・永光輝義・大谷雅人・日浦勉. (2015): サーキット理論を用いた遺伝子流動のモデル化 -希少樹種クロビイタヤを例として-. 自由集会「景観遺伝学の使い道:初歩から応用まで」.日本生態学会第62回全国大会. 口頭発表 W16-2. 鹿児島大学. 鹿児島. 3月21

  7. 鈴木亮 (2015): 温帯山地草原での温暖化実験. 第62 回日本生態学会,鹿児島市,鹿児島大学 (2015 年3 月21日).

  8. 平尾章・田中健太 (2015): 異質倍数体植物ミヤマハタザオにおいて隣接集団間のトライコーム変異をもたらす至近要因:重複する機能遺伝子GL1の多型パターン.第62 回日本生態学会,鹿児島市,鹿児島大学 (2015 年3 月21日).

  9. 鈴木智之・井田秀行・小林元・高橋耕一・村岡裕由・Nam-Jin Noh・廣田充・清野達之・鈴木亮・田中健太・飯村康夫・角田智詞・丹羽慈・日浦勉(2015):Tea Bagを用いた分解活性指標:標高・土壌温暖化・リター量処理の影響.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).

  10. 平野雅晃・高橋耕一(2015):異なる標高に分布するアキノキリンソウ(広義)の表現型の違いは環境によるか?:共通圃場実験.日本生態学会第62回大会,2015年3月,鹿児島大学(鹿児島県鹿児島市).